こんにちは。

シェリーです。

 

今回は、ZigZagというインジケーターをご紹介します。

為替相場は常に高値・安値を付けながら推移していきますが、チャートをずっと見ていると「高値・安値が確認するのが面倒だな」と思うことはありませんか?

ZigZagは、そんな悩みを解消する機能を持っていて、簡単に言うと高値・安値を線で結んでわかりやすく表示してくれるインジケーターとなっております。

その便利さから、ZigZagを愛用しているトレーダーは非常に多いので、まだ使ったことがないという方は「試す価値有り」だと思います。

 

 

それでは、ZigZagの詳しい内容や使い方を見ていきましょう。

 

 

ZigZag(ジグザグ)インジケーターとは?

冒頭でも述べた通り、ZigZagは高値・安値を線で結んで相場の推移を可視化してくれるインジケーターです。

上図の黄色の線がZIgZagによって引かれている線で、名前の通りジグザグと線が上下しているのがお分かりでしょうか。

このように、ZigZagでは一定期間における高値と安値を頂点とし、その頂点と頂点を線で結ぶことで、高値と安値のサイクルを可視化してくれるインジケーターとなっております。

 

 

上図はZigZagによる高値・安値の推移を更に見やすくしたものです。

 

高値が切り上げ、切り下げを不規則に繰り返している

安値が切り下げ、切り上げを不規則に繰り返している

 

という状況がかなり見えているので、レンジ相場なのではないかという予測が立てられます。

 

 

ダウ理論的に言うと、上昇トレンドは「高値・安値を切り上げる」、下落トレンドは「高値・安値を切り下げる」という考え方が基本です。

ZigZagでは、その高値・安値の切り上げ・切り下げが瞬時に判断出来るので、トレンド状況の分析には非常に有効的だと言えます。

 

 

ZigZag(ジグザグ)の計算式とは?

ZIgZagの計算式には、暫定最高値と暫定最安値という2種類の要素があり、これらを中心として線が描画されていきます。

 

ZigZagを描画する際の基準

暫定最高値:安値の頂点が確定してから、高値の頂点が確定するまでの期間における「最高値」

暫定最安値:高値の頂点が確定してから、安値の頂点が確定するまでの期間における「最安値」

 

各頂点を描画する条件は、

高値頂点:暫定最高値から終値がN%以上下落した時

安値頂点:暫定最安値から終値がN%以上上昇した時

※Nの値はパラメーターで変更可能

 

簡単に言うと、価格が上昇している時は「それまでの一番高いレート」を記憶し続け、「それまでの一番高いレート」から何%か下落した時に、「それまでの一番高いレート」が高値の頂点として描画されるということです。

それが上下を交互に繰り返され、ZigZagが形成されていくわけですね。

 

 

ZigZag(ジグザグ)インジケーターのFXのMT4における使い方とは?

ZigZagの具体的な使い方について解説していきます。

 

 

パラメーターについて

 

ZigZagのパラメーターの種類と内容

・Depth

ZIgZagの山の大きさを調整するパラメーターです。ZigZagには頂点を決めるまでの「最小期間」というものが存在し、この最小期間分のロウソク足を形成するまでは頂点が描画されないという特徴があります。

例えば、Depthが10であればロウソク足が10本出来上がるまで頂点が描画されないということです。

パラメーターを変更したい場合は、基本的にはこの項目を変更しましょう。

 

・Deviation

頂点(高値)と頂点(安値)の転換率のことです。ZigZagの描画にはあまり影響を与えません。

 

・Backstep

反転する判断に必要な期間のことです。ZigZagの描画にはあまり影響を与えません。

 

基本的に、パラメーターはデフォルト設定のまま使えば問題ありません。

変更する場合、高値安値を長期目線で見たい時はDepthの値を上げ、短期目線で見たい場合はDepthの値を下げてみましょう。

 

 

また、ZigZagによって引かれる線の色は自由に変更することが出来るので、ご自身のチャート・ロウソク足の色によって見やすい色に変えましょう。

 

 

トレード期間に応じて時間足を使い分ける

ZigZagには、下位の時間足ほど小刻みに線が引かれるという特徴があります。

 

 

1時間足では、高値・安値を8回付けながらジグザグと推移しているのに対し、

 

 

4時間足では、一直線に線が引かれています。

 

 

このZigZagの仕様から考えられるのは、

短期足で見るZigZigは、細かいに相場の動きを分析するのに向いている

長期足で見るZigZigは、より大きな相場の流れを分析するのに向いている

ということです。

 

 

スキャルピングで細かい価格の反転を狙うのであれば、1分〜15分足のZigZagを参考にするべきですし、デイ・スイングトレードで大きなトレンドを狙うのであれば、少なくとも1時間足以上のZigZagを見るべきです。

1時間足ではZigZagが一直線になっているところが、15分足だと2,3箇所の押し目を形成している...ということが考えられるからです。

普段、ポジションを保有する時間がどのぐらいなのかによって狙う押し目も変わってくるので、自身のトレードスタイルとZigZagの高値・安値サイクルの期間は擦り合わせながら使っていきましょう。

 

 

また、色々な時間足のZigZagを同時に見て、MTF(複数の時間足から)分析を行うことも重要となります。

 

ZigZag(ジグザグ)インジケーターの簡単設定方法とは?

既にZigZagがインストールされている方は、

MT4を起動し、左上の「表示」タブから「ナビゲーター」を表示し、「インディケータ」の中にある「ZigZag」をダブルクリックまたはドラッグ&ドロップしてチャートに表示させましょう。

 

ZigZagが見つからず新しくダウンロードし直したという方は、インジケーターをダウンロードした後、MT4に反映させる必要があります。

 

MT4を起動し、画面左上のファイルからデータフォルダを開くをクリックします。

 

 

いくつかのフォルダが表示されますので、MQL4→Indicatorsの順でフォルダを展開していきます。

 

 

インジケーターを保存しておく専用のフォルダが開かれますので、ここに先ほどダウンロードしたZigZag.mq4のファイルをドラッグ&ドロップしましょう。

 

 

MT4に戻り、画面左のナビゲーター部分で右クリック→更新を行います。

すると、インジケーター一覧の中にZigZagが追加されています。

 

 

MT4の操作方法をもっと詳しく知りたい方はこちらから

 

 

ZigZag(ジグザグ)インジケーターはFXで使うべきインジケーター?

ZigZagは初心者・上級者問わず、非常に使いやすいインジケーターです。

相場の流れを俯瞰的に見やすくなりますし、レジサポライン・トレンドラインといったライン系も引きやすくなります。

普段からラインをよく引かれる方は、ラインを引く時間が少し短縮されるでしょう。

ZigZagの頂点と頂点を結べば、それで一つのラインが完成となるので、とても楽チンですよね。

 

 

また、FXにおいて高値・安値というのは本当に重要な要素で、世界中のトレーダーはこの2要素を常に意識しています。

直近の高値・安値、前日の高値・安値、先週の高値・安値…など、高値・安値にも種類がありますが、これらは必ず意識するようにしていきましょう。

 

 

ZIgZagは表示してもあまり邪魔にならないので、僕としては使ってみることをオススメいたします。

まだ使ったことがないという方は、まずはお試しで使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ZigZag(ジグザグ)インジケーターまとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

終わりに、ZigZagの特徴を振り返ってみましょう。

 

・相場の高値・安値を線で結んでくれるインジケーター

・高値・安値がパッと見でわかるので、トレンドとレンジの分析がしやすくなる

・初心者・上級者問わず非常に使いやすいインジケーター

・レジサポライン・トレンドラインが引きやすくなる

 

といった内容のインジケーターになります。

 

 

繰り返しにはなりますが、FXにおける高値・安値は非常に重要な情報であり、世界中のトレーダーがエントリーポイントの参考にする値でもあります。

それは、高値・安値がダウ理論におけるトレンド・レンジを判断する上での主要項目とされているからです。

 

 

高値の更新、安値の更新、高値と安値を形成するサイクルなど、高値・安値を中心として考える分析は非常に多いので、是非ZIgZagを使って分析の幅を広げてみてください。

 

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事