こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、ZLCというインジケーターをご紹介します。

ZLCは、「ZigZag Low Count」の略で、ZigZagとサイクル理論を用いて、

トレンドの分析を行い、相場の流れから勝率を安定化させることが出来る僕が開発したオリジナルインジケーターです。

 

こんな方におすすめ!

勝率を安定化させたい

相場の動きをうまく読み取りたい

トレンドの方向性や転換点が把握出来ない

いつも使っているツールを強化させたい

 

サイクル理論を意識することで、相場の現在の状況を認識することが出来るので理解しておきましょう。

 

ZigZagは通常、移動平均線や波形やラインなどほかのツールと組み合わされることが多いですが、ZLCの場合は単品でも勿論使用することが可能ですし、他のツールのロジックをさらに強化することも可能です。

 

それでは、実際にZigLowCountがどんなインジケーターなのか、詳しい内容や使い方を見ていきましょう。

 

FXのZigZagインジケーターとは?

 

まず初めにZigZagの簡単なおさらいからしておきます。

ZigZagは、ローソク足の高値と安値を線で結んで相場の推移を可視化してくれるインジケーターです。

 

上図の赤い線がZigZagにより引かれている線で、名前の通りジグザグと線が上下して引かれています。

 

 

このように、一定期間における高値と安値を頂点とし、その頂点と頂点を線で結ぶことで、高値と安値のサイクルを可視化してくれているインジケーターとなっています。

 

非常にシンプルですが、ZigZagではそういった高値・安値の切り上げ・切り下げが瞬時に判断出来るので、

トレンド状況の分析には非常に有効的だと言えます。

 

 

一見簡単で単純そうに見えますが、その奥深さから、初心者から上級者まで幅広くユーザーに愛用されているツールです。

適応する数値によって表示が大きく変化するので、初めて使うという方は注意する必要があります。

 

とても有用性は高いので、まだあまり知らないという方は、覚えておいて損はないです。

 

FXのサイクル理論とは

価格の相場は上昇と下降で形成され、その周期をサイクルと言います。

 

サイクル理論とは、その名の通り上昇下降を繰り返す相場で、一定の周期で訪れる安値から安値をひとつのサイクルとした考えです。

相場は一定の周期で天井や底をつけるので、過去の周期からそのタイミングを計るのに有効な手法です。

 

 

サイクル理論は大きく分けて、

ライトトランスレーション』と『レフトトランスレーション』の二つのサイクルの形があります。

 

これは、相場が右肩上がりになっているか、右肩下りになっているかで、価格が、上昇傾向・下降傾向のどちらに偏りがあるかを判断する方法です。

それぞれの形から、「売り」か「買い」かを判断する手助けになります。

 

ライトトランスレーション

 

サイクルがスタートした安値よりも高い位置で次の安値を作ることで、ひとつのサイクルが終了する形。

上昇局面によく見られるので、ロング(買い)の優位性が高くなります。

サイクルの中で上昇期間が長く、下降期間が短いため、山が右にズレた形になります。

 

レフトトランスレーション

 

サイクルがスタートした安値よりも低い位置で次の安値を作ることで、ひとつのサイクルが終了する形。

上昇局面によく見られるので、ショート(売り)の優位性が高くなります。

サイクルの中で下降期間が長く上昇期間が短いため、山が左にズレた形になります。

 

というのが先ほど述べたように基本のエントリーとなりますが、だましに合わないように上位足でのトレンドの向きなども同時に確認しておきましょう。

この動きがわかっていれば、スキャルピングなどの手法にも有効に使用することができるので、わかりやすくオススメです。

 

サイクル理論の形

・ライトトランスレーション :山が右にできる。買いのシグナル

・レフトトランスレーション :山が左にできる。売りのシグナル

 

上記が先ほど述べたように基本のエントリーとなりますが、

だましに合わないように上位足でのトレンドの向きなども同時に確認しておきましょう。

この動きがわかっていれば、スキャルピングなどにも活用することができるので、わかりやすくオススメです。

 

またサイクルは、より大きなサイクルに支配される傾向があります。

小さいサイクルがいくつが続くことで、大きなサイクルが形成されているという見方です。

 

大きなサイクルでの向きが判断できれば、大きな相場の動きを把握することが出来るので、小さなサイクルでもレフトトランスレーションが起こった時にショートエントリーすることが出来ます。

 

 

また、周期は基本的にローソク足で数えます。

ローソク足の本数を数えて周期を、値動きの予測も可能です。

つまり、ローソク足の本数を数えることで、サイクルの分析が可能です。

 

さらにローソク足のサイクルは、短期・中期・長期ごとにある程度の本数で切り返す傾向にあるため、

ローソク足の本数で周期を覚えておくと、実際のトレードに活用しやすくなります。

 

 

このサイクル理論を取り入れることで相場の流れを予想し、トレードを円滑に進めることが出来ます。

 

FXでZigZagとサイクル理論を複合した手法とは?

何も目安のない状態でサイクルの周期を分析をしようとしてもとても難しいことは間違いないです。

 

ですが、ZigZagのように価格の上昇・下降が目視化されているとどうでしょうか?

分析をするための基準ができ、判断をしやすくすることが出来ます。

 

またサイクル理論は、安値に基づいて考えられているので、

高値と安値を結んだ線で描かれているZigZagとサイクル理論の相性はとてもいいことがわかります。

 

よって、ZigZagとサイクル理論を取り入れ、データを目視化し分析しやすくすることで、

勝率を安定化させていくことが可能です。

 

ZigZagとサイクル理論の複合インジケーターZigLowCountとは?

 

今回紹介するインジケーターはZigZagとサイクル理論を利用し、

それぞれの山と谷の位置に前の安値からのローソク足の本数を自動で表示することが出来ます。

 

 

画像の様にZigZagの頂点の位置に、それぞれ数字が表示されるようなツールになっています。

 

ローソク足の下に表示されている数字が一つ前の安値からの本数で、ローソク足の上に表示されている数字も一つ前の安値からの本数が表示されています。

 

設定次第で、上の画像よりも大きな幅のサイクルを見ることも可能です。

時間足を切り替えても時間足に対応した表示に切り替わるので、大小のサイクルをすぐに比較し確認することが出来ます。

 

より大きな時間足でサイクルをみることによって、全体のチャートの向きが判別しやすくなるので、オススメの使い方です。

 

ZigLowCountを使うメリットとは?

ZigLowCountを使うことで、具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

サイクルの把握がしやすい

ZigLowCountはとてもシンプルなツールです。

間近の安値からの本数が、次の高値、安値に表示されてだけなので、

数字を見ただけでサイクルの間隔を把握することが出来ます。

 

上記で目安がないとサイクルの分析が難しいと述べましたが、使い慣れていくことで、相場の流れを自然と読めるようになります。

そのため、慣れればインジケーターが無くてもサイクルの分析が出来るようになります。

 

利確・損切りがわかりやすい

サイクル理論では安値から安値を一つのサイクルとするため、サイクルの半分を過ぎたあたりで利確するかどうかの判断をします。

 

ライト・レフトトランスレーションの形成には起点を割るかどうかが大きく影響するので、

起点のラインをポイントにするとわかりやすいです。

 

汎用性が高い

ZigLowCountは特に他のインジケーターと組み合わせがしやすいです。

ZigLowCountはZigZagの上位互換のようなツールなので、これだけでもZigZagに比べ勝率を上げることは可能ですし、シンプルな分、他のインジケーターと組み合わせやすく、分析の密度が上がるのでより高い勝率が期待出来ます。

 

ZigLowCountの設定方法や使い方

ZigLowCountの設定方法や使い方を見ていきましょう。

シンプルなZigZagをベースにしているので、ZLCもZigZag同様、シンプルでとても使いやすいツールになっています。

 

ZigLowCountの設定方法

Zig Low Countは、ZigZagの直前の安値からのローソク足の本数を数えるインジケーターです。

ZigZagと同時に起動し、山と谷の頂点の位置に数字を置きわかりやすくすることも可能ですが、ZigZagを適用しない単体の状態で使用しても問題ありません。

 

ZigLowCountのパラメーター設定

ZigLowCountのパラメーター設定はとてもシンプルです。

 

 

上記画像にあるものが標準の使い方となりますが、下記で応用したい時の使い方も詳しく見ていきましょう。

 

ZIGZAG Depth

ZigZagのDepthと同様のパラメーターです。

この数字を小さくすることで小さい山を読み取り、数字を大きくすることで大きな山を読み取ることが出来ます。

ZigZagと併用する場合は、この数値を揃えないと動作しないので注意してください

 

数字位置調整

ローソク足の上下に表示される数字の位置を表しています。

数字を大きすればするほど、ローソク足からの位置を離すことが出来ます。

あまり離しすぎると価格が大きく動いた時に、数字が枠外に出てしまいます。

 

対象ローソク足本数

この数字は、何本分のローソク足を読み込むか決めるパラメーターです。

チャートで表示しているローソク足分読み込むことが可能ですが、

あまり膨大な数を設定すると、動作が重くなるので分析したいチャートが確認できるくらいの本数がオススメです。

 

ZigLowCountのエントリーポイント

 

表示されている下の数字を見ていくと、大体の平均サイクルの本数を把握することが出来ます。

 

さらにその平均本数と比べて、上に表示される数字が大きければ右肩上がり、逆に小さければ右肩下がりと、相場の流れに予測を立てることが出来ます。

 

画像の数字を見ていくと、山に表示されている数字が急に高くなっているのがわかります。

このように、数字の変化の幅が大きければ大きいほど、上昇の起点になる可能性が高いです。

 

逆に、山に表示されている数字が急に低くなっていることもあります。

その場合は、数字の変化が大きければ大きいほど、下降の起点になる可能性が高いです。

 

 

数字の変化により、チャートの動きを予想することが出来るので、

数字の変化を元に相場の動きを予想してエントリーするのがオススメです。

 

ZigLowCountを使う時は、全体の流れをみることが重要です。

単純にこのインジケーターを起動して、表示されている数字からサイクルの間隔をつかむだけでも、様々な考察やリズムや流れをつかむことが出来ます。

 

他のインジケーターを併用しても全く問題ないので、試していくうちに、自分だけの組み合わせが見つかるかもしれません。

 

ZigLowCountの入手方法

 

インジケーター入手の流れ

 

手順①

シェリーと秘密のトレード訓練場の「公式LINE」に登録する。

 


 

 

手順②

シェリーの公式LINEより、「ZLCインジケーター希望」というメッセージを送信する。

 

 

手順③

メッセージを確認次第、インジケーターファイルをLINEにて送信させていただきます。

 

 

ZigZagとサイクル理論の複合インジケーターZigLowCountまとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ZigLowCountの特徴を振り返って見ましょう。

 

ZigLowCount まとめ
ZigLowCount

・サイクル理論を利用できる。

・相場の流れから勝率を安定化させる。

・利確・損切りのラインがわかりやすい。

・他のインジケーターとの併用がしやすい。

 

お伝えした通り、サイクル理論は知っているととても役立つ理論です。

ZigLowCountを通して、理解を深めることが出来れば沢山の応用も可能になってくるかと思います。

 

ベースになっているZigZagがシンプルな分、ZigLowCountもシンプルで汎用性が高くなっています。

単体で利用してサイクルや流れを読めるようになったり、他のインジケーターと併用して、勝率を上げるという方法も是非試して見てください。

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事