こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、MAM口座の詐欺の特徴3パターン、についてご紹介します

 

 

FXで損失ばかり、何か上手く利益が出せる方法はないものか。

そんな思いを抱えながらFXをやっている人は大勢いることでしょう。

 

もし誰かが上手く利益を出しているなら、そのやり方をそのまま真似てみたいものですよね。

 

MAMはそんな希望を叶えるシステム。運用実績が優れたマスタートレーダーの取引が自分の資金に適応されるミラートレードです。

 

利益を出している優れたトレーダーが代わりにやってくれているようなものなので、自分自身のトレードと違ってしっかりと儲かるのではないかと期待できます。

 

 

しかし、現実はそう甘くはありません。

MAMだから確実に利益が出るということはないのです。

 

 

しかも、詐欺ではないかと思われる手口も垣間見られます

 

MAM口座に詐欺はあるのか?

もしも、まったく知らない人が「あなたの資金を私が代わりに運用してあげるから手数料をください。」と言ってきたらどうでしょう?

 

「それはありがたい!ぜひお願いします。」と答えるでしょうか。

 

むしろ「とんでもない!あなたに頼んでちゃんと利益が出るとは思えない。」と答えるのではないでしょうか。

 

 

相手が誰なのかよく知らないので、もちろん信用できるはずもない話です。

 

例えば居酒屋のカウンターで飲んでいたら、たまたま隣に座っていた知らない人に声をかけられ、「あの・・儲け話があるんですけど・・」とFXで利益が出る話を聞かされたら、まずそれは怪しい話だと思いませんか?

 

いかに上手く利益を出しているか、すばらしい運用実績を見せながら「ほら、こんなに儲かるんですよ」と、いかにも儲かりそうな話で誘ってくるなど典型的な詐欺ではないでしょうか。

 

 

MAMは他人のトレードがコピーされ、複数の人それぞれの資金に適用されるシステムです。

MAMというシステムそのものは詐欺ではありませんが、MAMを利用した詐欺は存在します

 

新たなシステムが世に広まりお金の絡む話になると、そこに詐欺師も登場するのは世の常なのです。

 

MAM口座詐欺におけるマスタートレーダーの口座が詐称されている5つのパターンとは?

MAMの典型的な詐欺の一つとして、マスタートレーダーの口座が詐称されているパターンが存在します。

それがどのようなものなのか、わかりやすく5つにパターン分けしてみました。

 

実際には実績と異なり全く儲からない

実際の取引で得た結果が自動的に表示されるシステムなら、儲かっていないものは儲かっていないと表示されます。

しかし、自身で書き加えることができる宣伝文句なら、いくらでも嘘が書けるわけです。

 

つまり、前年度の月次報告のような形で「1月:利益率55%、2月:利益率41%」と記載することは簡単。

 

しかしそもそもそれが虚偽ならば、どれほどすばらしい運用結果が記されていても意味がありません。

 

取引技術が運用実績と全く違う

マスタートレーダーが多くの人に訴えたいことの中に、“いかにうまく取引しているか”つまり取引技術の高さがあります。

優れた取引をしているとなると信頼されて、MAM口座に参加する人が増えることが期待できるからです。

 

単に取引技術が優れているというアピールだけではなく、売買の判断基準や損切の基準などを示していると「安全な取引をしている」「納得できる取引手法だ」などの安心感を与えることができます。

 

 

しかし、実際の売買履歴や運用実績をみると全く矛盾した結果になっていて、どう考えても話がおかしいと判断せざるを得ないMAM口座もあるわけです。

 

損失の言い訳ばかりが説明される

MAM口座で損失がでると、そのMAM口座を解約する人が出てきます。

そうなると運用資金が少なくなってしまうので、それを上手な言い訳で何とかつなぎとめておこうとする“つなぎとめ工作”はMAM口座詐欺でなくてもやってしまいがちなものです。

 

 

通常の取引は常に利益が出るものではなく、時にマイナスになることもあったりしながら、合算で利益が出ていたりします。

いかなる時も常に損失が出ないということはあり得ません。

 

 

例えば「今回は特殊な事態に見舞われた」「今月の相場がたまたま奇妙な値動きだった」など、FXでは誰もが経験していることです。

それだけに、その言い訳がある程度通用するともいえます。

 

そもそも儲けさせる気がないMAM口座詐欺なら、言い訳が多くなり、また巧なものであるのも当然です。

 

運用実績が偽られている

詐欺はお金をだまし取ることが目的です。

本当のことを述べる誠実さは元からありません。

 

運用実績は、MAMを選ぶうえで最も重要視されるところでしょう。

儲かっているのかどうか?という重要でストレートな疑問に答える情報なので、ここにとても魅力的な嘘を盛り込みたいのが詐欺師側の考えです。

 

簡単に偽装するなら他者の運用実績を自分の実績として公開する手口もありますが、詐欺師は主に次の2点を実態とは違うすばらしいものに偽装します。

 

運用金額

巨額の金額を示して、多くの人から信頼され売買を任されているように見せます。

“嘘から出た誠”ということわざがありますが、「多くの信頼を受け巨額の資金が集まっている」と宣伝することで、実際に騙される人が増え本当に巨額の資金が集まる場合もあります。

 

利益率・金額

運用利回りが高ければ高いほど当然のことながら魅力的です。

300%だとか400%だとか驚くべき高利回りだと主張することは簡単実際にはそんな実績はありません。

 

また、本当の実績の中で“たまたまよかった部分”だけを切り取って見せ、全体的にいつもそんな利益を出しているように錯覚させる手口もあります。

 

実際の運用が素人によって行われている

MAM口座と言えば、上手に取引できない自分に変わって、優れたトレーダーの売買をコピーして自己資金に適用するものです。

ですから、もちろんマスタートレーダーはFXにおいて優秀なトレーダーでなければなりません。

 

しかし、現実はどうでしょう?

 

MAMは契約から運用までオンラインで完結するシステムで、目の前でマスタートレーダーがトレードしている姿を見ることはありません。

 

つまり、誰が実際のトレードをしているのかわからないわけです。

 

もし、プロフィールに「世界的に有名な証言会社でトレード経験を積んで・・」などと書かれていても、実際に売買しているのは全くの素人だったということもあり得ます

 

詐欺師は人を騙すのはプロですが、FXは素人なのです。

 

MAM口座詐欺におけるMAM専用のプール口座で意図的に損失がでる3つのパターンとは?

MAMの詐欺の一つとして、MAM専用のプール口座で意図的に損失を出させられるパターンというものも存在します。

聞いたことがない方もいると思うので、一つずつ解説していきましょう。

 

トレーダーの個人口座と違いとは?

通常のFX口座なら売買やポジションに関して全て自身の決断で実行できます。

仮にEAに任せていたとしても、自分自身が思うタイミングでEAを止めることができ、いつでも自身の判断を実行できるわけです。

 

それに対してMAM口座では、ロックアップ期間の設定などから自身の判断でポジションの決済ができない場合があります。

 

よって、まずはロックアップ期間の設定があるのかどうかを、事前にMAMを提供している側に確認すると良いでしょう。

 

証券会社が海外でB Book (DD方式)

B Bookは、トレーダーの利益はFX業者の不利益、トレーダーの損失はFX業者の利益というように、相反する利益関係の経営形態です。

そのようなFX業者では、言葉巧みにMAMに誘い込んでおいて、その資金を失わせることで利益を上げる狙いも考えられます。

 

FXのMAM口座で資金運用を任せたいなら、しっかりとした大手のFX業者を選ぶことが大切です。

 

 

不当に運用報酬が抜かれることもある

マスタートレーダーに支払う報酬は、FX業者が規定しているものではなくMAM口座において取り決められているものです。

一般的には得られた利益の中から何%という形が多くみられます。

 

しかし、一般的なものと比べて高額であったり、利益とは関係なくシステム代などと称する会費のような形式で支払うものだったりと様々な運用報酬があるのも事実。

 

損していても報酬を払わなければいけない取り決めに注意が必要です。

 

MAM口座詐欺における海外口座で出金ができない4つのパターンとは?

このような悪質なMAM口座詐欺の被害に合ったらとにかく早く資金を引き揚げたいところです。

 

しかし、それがなかなかうまくいかないケースもあります。

 

海外口座の危険性

国内のFX業者はMAM口座を行っていません。

全て海外のFX業者なのですが、日本人からみると海外の業者との取引自体がわかりにくいものです。

 

中には最初から詐欺目的で設立された業者もあって、それに出くわすこともあり得ます。

 

 

・金融ライセンスを取得していない

・最近設立されたばかりだとみられる無名のFX業者

・B Bookでなおかつ評判が悪い

 

 

このようなFX業者は避けておいた方が無難です。

A BookとB Bookはどちらも一長一短あって、B BookのFX業者が全て悪いということではありません。

 

 

ポジションを保有し続けていて出金できない

MAM口座を開始する前に、LPOA(限定委任状)確認することは重要です。

出金できる条件やロックアップ期間が適切かどうかなどをしっかりと確認しておきましょう。

 

ポジションを持っている状態では出金できないので、ポジションを解消する方法はどうなのかも重要です。

それが出来ないと永久に出金できません。

 

 

MAMの詐欺口座のマスタートレーダーは、ポジションを保有し続けることで出金させないようにする可能性が高いです。

また悪質なFX業者もからんだ組織的な詐欺ならLPOAに記載されていることも無意味です。

 

出金依頼への返答がない

ポジションの解消をマスタートレーダーに申し込まなくてはいけないパターンだと、何度問い合わせても返事がこないということがありえます。

 

また、FX業者が出金せず、問い合わせても返答なしというトラブルもありました。

 

これについては海外ということで言葉の壁の問題が災いしたケースもあります。

 

FX業者については日本語でのサポートがしっかりしていて、無回答で放置するようなことがないところを選ぶべきでしょう。

 

口座が凍結される

FX業者には利用規約があって、それに反すると口座を凍結する場合があります。

口座が凍結されると出金もできなくなり、凍結を解除してもらわなければなりません。

 

しかし、利用規約に違反したために凍結された場合は解除してもらうのは難しいのが実情です。

 

まとめ

MAM口座での詐欺について、その危険性を述べてきました。

一度振り返ってまとめてみましょう。

 

MAM口座に詐欺はあるのか?

MAM自体は優れたシステムで上級者の優秀なトレードを簡単に真似ることができるシステムです。

FXで話題となり、誰でも上級者のトレードで利益がだせるようになったと期待されましたが、お金と話題の集まるところには詐欺師も集まるという状況になっています。

 

MAM口座詐欺におけるマスタートレーダーの口座が詐称されているパターンとは?

そもそも人をだましてお金を詐欺取るのが目的で、だましやすいように工夫された嘘にまみれています。

運用実績が良すぎたり、取引技術と運用実績が矛盾していたり、巧みな言い訳に満ちているわけです。

 

魅力的な利回りを謳い、いつも勝っているかのような印象を与え、高額な儲けを想像させるような嘘

MAM口座詐欺の特徴です。

 

MAM口座詐欺におけるMAM専用のプール口座で意図的に損失がでるパターンとは?

質でなおかつB BookのFX業者なら、故意に損失を生じさせるようなMAM口座詐欺を組織的に行う可能性があります。

この場合のマスタートレーダーはアフィリエイトでの報酬を得られるので利益を出す必要がないことに注意が必要です。

 

MAM口座詐欺における海外口座で出金ができないパターンとは?

MAM口座詐欺に合ってしまったらとにかく早く資金を引き揚げたいところです。

 

しかし、スムーズに出金できるとは限りません。

このような出金トラブルは海外のFX業者ではよくあることです。

 

 

 

まとめると、

MAM口座を利用するなら、まずFX業者がしっかりしていること、MAM口座のマスタートレーダーの信頼性が重要です。

 

皆さんも記事の内容をしっかりと頭に入れて、絶対に騙されないようにしてくださいね。

 

 

また、下記の項目の一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

EA(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

数多くのMAMやEA(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年はEAよりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

 

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事