こんにちは!

シェリーです。

 

今回は、FXのEA(自動売買)の知らないと損をするリスク7選について、書きました。

 

 

FXのEAを利用した自動売買は、一見すべての取引を自動で行ってくれるため、メリットばかりのような印象を受けます。

 

しかし、実際は様々なリスクの上に行われる取引であり、安心して全てをゆだねるというのが難しい面もあるのです。

 

そんなFXのEAにおけるリスクについて、今回様々な面からリスクを解説していきます。

 

 

これを読めばきっと、FXをEAで運用するリスクについて多くのことを知ることができるでしょう。

 

 

それでは、最初にFXのEAを放置した場合のリスクについて紹介していきます。

 

 

FX自動売買のリスク「放置による損失」とは?

 

FXのEAは、放置することによる損失のリスクが存在します。

 

それは、プログラムされたことしか行えないことや、季節性の流動性リスクに対応できないこと休止するタイミングが難しいことそして放置すれロスをため込む可能性があること

などが挙げられます。

 

 

これらについて項目ごとに解説を行い、どういったリスクなのかをまとめましたので、参考にしてください。

 

 

EA(自動売買)はプログラムされたことしか行えない

 

EAと言うと、とても複雑なプログラム、あるいは売買システムを連想します。

 

しかし、実際は多くのEAのストラテジー(売買を行う流れ)はシンプルなものが多いのが現実です。

 

基本的に通貨を安く買って高く売るということが原則となっており、これを自動で行うというものになります。

 

 

例えば、通貨がいくらの時、いくら間隔で買っていき、いくらくらいの利益が出るタイミングで売ると言ったものをこちらで数値指定し、そのまま忠実に行ってくれる仕組みです。

 

こういったものは、見方を変えれば感情に流されず、的確なタイミングでどんどん売買を行ってくれるというメリットもあります。

 

 

しかし、実際はプログラムされたことしか行えないという特徴から、もっと利益が出るのでは、あるいはなぜこのタイミングで決済をする、と言った違和感のある取引を始めることも少なくありません。

 

 

悪く言えば「融通がきかない」のです。

 

確かにストラテジーが複雑なものはこんな単純な取引を行うことはありません。

 

しかし、一歩間違えばとても危険な取引を始めるリスクもあり、放置せず定期的に状況を監視し、適切なタイミングでアプローチするのが重要です。

このように自動売買であってもきちんと様子を見なければいけないのに、自動だからとそのまま放置すると大変な損失を出すというリスクがあります。

 

 

季節性(クリスマスなど)の流動性リスクに対応できない

 

自動売買は、通常の取引の流れに関しては、徐々に対応しつつあります。

 

しかし、相場は生き物です。

これはFXも例外ではありません。

そのため、当然多くのトレーダーの感情や政治経済のキーパーソンの発言、そして季節性の流動性の変化があります。

 

取引は今も人間が裁量によって取引している場面が少なくありません。

例えば、最近の話題であれば、コロナウィルスなどの蔓延による不安やニュースなどで、いつも通り動いている相場が急に動き出すことがあります。

その感情に飲まれて他のトレーダーも取引をはじめだし、流動性が一気に上がるということも少なくありません。

 

 

政治経済のキーパーソンが定期的に発言する機会にも自動売買は対応できないというリスクもあります。

各国ではGDPの発表や雇用統計の発表と言ったものが定期的に行われているのは多くの方がご存知ではないでしょうか。

 

そういった時、FXは急激に流動性が上がります。

 

最後が季節性の流動性の変化です。

特にクリスマスは急激な流動性の変化によって相場が乱高下することも少なくありません。

 

これらの急激な価格変化に自動売買の多くのストラテジーは対応できないのです。

これによって大きな損失が発生したり、最悪の場合ロスカットによって取引継続が困難になったり、追加証拠金(追証)を別途請求されることが少なくありません。

 

 

休止するタイミングが初心者には判断が難しい

 

自動売買は、一度動かせばずっと運用するというわけではなく、いずれ運用を休止する必要に迫られます。

また、先ほどお話しした流動性の急激な変化に対応するために休止に迫られることも少なくありません。

 

そんな自動売買の休止のタイミングは、主に週の終わりです。

ここまでは初心者でも簡単にできますが、それ以外にも多くあります。

 

例えば、重要経済指標の発表(先ほどのGDPの発表など)、経済にかかわる事件が起こった時と言ったタイミングです。

 

こういったタイミングは初心者が把握していない、あるいは認知できないことが多く放置してしまいがちになります。

そうなると自動売買で対応できない局面になり、大きな損失を出すリスクが出てくるのです。

 

 

放置するとロスを溜め込む可能性がある

 

自動売買は、放置すると含み損と呼ばれるロスを少しずつため込んでいきます。

この含み損は、例えば、米ドルと日本円を自動売買で行っている場合、自動売買をしていると決済をせずに持ったままになる通貨が発生します。

この持ったままの通貨がどんどん価値を失っていき、価値を失った分だけ含み損(ロス)という形でたまっていくのです。

 

このロスがたまりすぎると資金が底をつき、自動売買を継続できなくなります。

単独の自動売買であれば、まだ何とか処理可能です。

 

 

しかし、利益を出そうとして両建て(片方を売り注文からスタートさせ、もう片方を買い注文からスタートさせて自動売買を2つ行うもの)や、慣れてきた方が行う3すくみや4すくみと言ったすくみ注文複数の通貨ペアを自動売買して利益を出していくテクニック)を行うとそのロスはうなぎのぼりに増えていきます。

 

こういったリスクも対処する必要があります。

 

 

FX自動売買のリスク「手数料」とは?

 

FXのEAの手数料自体もある意味リスクといえます。

 

そのリスクをざっと挙げていくと以下の2つです。

・通常売買と比較するとEAは手数料が高い
・短期売買のEAは手数料が高騰する

 

これら二つのリスクについて解説していきます。

 

 

通常売買と比較するとEAは手数料が高い

 

通常売買(自分で判断して手動で売買する裁量取引)に比べるとEAは手数料が高いというリスクがあります。

そう聞くと、一部の方は手数料無料と書いてあるという反論をするのではないでしょうか。

 

確かに「手数料」と呼んでいる手数料は無料ですが、スプレッドと言う実質的な手数料が高いのです。

 

スプレッドとは売値と買値の差額のことを意味します。

 

例えば、1ドル100円の時、売値(買い取ってくれる金額)は90円、買値(売ってくれる金額)は110円だとしたらスプレッドは20円です。

 

このスプレッドの幅が広いほど取引をするたびに手数料とも言えるような出費を強いられます

 

このスプレッドが広めに設定されているEAが多く、裁量取引では1日にかかる費用が数十円程度でも、EAを提供している業者によっては1日100円以上と言うものも少なくありません。

 

一見100円なら安いと思われがちですが、これは1年で数万円もの差になります。

 

こういったリスクを抱えながら取引を強いられるのが自動売買です。

手数料無料と言うPRをしてサービスを販売しているEAですが、実際はこういったところで利益を得ています。

長期になればなるほど取引にかかるコストもトータルで増えるのです。

 

 

短期売買のEAは手数料が高騰する

 

 

短期売買は問題ないのではと考えがちですが、短期売買の場合は、手数料が高騰するので、裁量取引よりも手数料が高いのです。

 

スプレッドは、取引する金額が増えれば増えるほど、その金額は増えます

例えば、1万円分の取引をすれば、50円程度の手数料(スプレッド)でも100万円分の取引をすれば5,000円程度に高騰するのです。

 

長期取引と異なり、短期取引は短期で大きな取引を求められます。

そのため、投資金額も大きくなりがちです。

つまり、手数料が高くなります。

 

 

それだけでなく短期取引は長期取引よりも取引回数が圧倒的に増えるので、そのたびに手数料が発生するのです。

大きな金額でたくさん取引を行えば、当然手数料は高騰します。

 

自動売買は、設定方法によっては一日に何十回も取引をするため、その分手数料が高騰するのです。

これによってせっかく得られるはずだったFXの利益も大幅に手数料で吸い取られるという結末になります。

 

 

FX自動売買のリスク「出金トラブル」とは?

 

FXのEAというと

手数料が高い、対応がしにくい、ロスが貯まるなどネガティブな印象を持つことが少なくありません。

 

そんなEAが、甘い罠として紹介されることもあります。

 

実際にそれで取引をしたら、魅力が多くて素晴らしいと感じることも多いのです。

 

しかし、いざ実際にその儲けを出金しようとしたらトラブルになるということもあります

 

典型的なトラブルかこの出金トラブルなのです。

それはどんなものなのかについて、解説していきましょう。

 

 

 

EAの利益が自分のお金として受け取れないこともある

 

説明した通り、今のところのEAのリスクは、スプレッドが広いこと、ストラテジーが単純(対応力がない)です。

 

しかし、海外のFXを利用すればスプレッドは固定ですし、ストラテジーが複雑なので季節性の相場変動にも対応できるものが少なくありません。

 

そういった理由から海外のFX業者と契約し、自分好みのEAを入れて取引をすれば解決すると考えている方が多くいます。

 

確かに海外の業者であればそれらの弱点を克服しているものもあるかもしれません。

しかし、うまく運用できたとしても、次のステップで騙されるということが多くあります。

 

それは、出金できないという詐欺案件です。

 

日本と異なり海外のEAを実施しているFX業者も確かに免許を持って営業しています。

しかし、非常に緩い基準の国で免許を取得しているため、極端なことを言えば詐欺業者が免許を取ることも可能です。

 

そのため詐欺業者が堂々と免許を持っていることを明示しEAを提供していることも少なくありません。

 

そういった背景からスプレッドは固定ですし、ストラテジーが複雑なので季節性の相場変動にも対応できるという魅力的なものを提供していることも多くあるのです。

 

そして、実際に行ってみると自分の思っていたEAが実現できると言う場合も少なくないため、取引中は高い満足度が得られることもあります。

 

しかし、出金をしようとすると独自の送金システムに登録しなければいけないということを告げられたリ、様々な意味不明なサービスを案内されることがあるのです。

 

更に出金拒否をストレートに伝えてくる場合すらあります

 

気付いたら出金分が全く入金されず、詐欺に遭ったことを知るというパターンです。

国内業者であれば、こういったことはありませんが先ほどのリスク(手数料が高い、対応できないシンプルなEA)を抱えて取引をする羽目になります。

 

また、実際に詐欺でない場合もありますが、出金先の銀行が海外送金できない所(具体例:新生銀行、みずほ銀行のネット支店、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行など)であるというケースで出金できない場合もあります。

 

さらに、海外銀行送金以外は入金額までしか出金できないというテロ対策(名目の可能性もあり)の措置を実施している業者もいるのです。

 

ボーナスの出金はできないというユニークなルールがあり、こちらではEAの利益だと認識していたものがボーナス関連のものであるというケースもあります。

 

いずれにしてもロクに下調べをせずに、EAの弱点を補完しているように見える海外業者でEAを行うと、様々なリスクが発生するのです。

 

 

 

FX自動売買のリスク「プログラムの限界」とは?

 

FXは年々EAの機能が高まってきています。

さまざま分析方法も確立されているのです。

しかし、それでも人間のトレードにはかないません。

その理由として以下のものが挙げられます。

 

 

EAは人間のトレード技術を全て実行できるわけではない

 

人間のトレード技術は、想像以上に高いものも多くあります。

分析能力はもちろんのこと、様々な情報を加味した判断、そして経験に基づく勘のような要素です。

 

情報を加味した判断と言うのは、例えばアメリカの大統領の発言の意味を理解し、それに基づいた取引を行うような場面が挙げられます。

人間であれば、ここから相場がどう動くかと言った判断ができますが、EAでは現状ニュースや経済の経済指標を分析して取引行動に移るということはできません

 

こういったものもあれば、人間には経験に基づいた勘があります。

これによって行動し、うまくいくことも少なくありません。

理論が確立されているものであればEAも忠実に再現することができるのですが、こういったものに関してはまるで再現不可能です。

 

EAはいくら優秀でも真似できないものも未だ多くあるのです。

 

 

AIには波動分析とファンダメンタルズ分析の組み合わせはまだ難しい

 

相場には様々な動きがあります。

その動きの分析はFXでも当然行われているのです。

この分析の中に、波動分析とファンダメンタルズ分析があります。

 

波動分析は、市場の群集心理によって相場が動くという前提のもとに行う分析方法です。

 

一方、ファンダメンタルズ分析は、財務状況や業績をもとにして、企業の本質的な価値を分析する方法でもともと株などで利用されている分析方法で、FXの場合は国の財務状況や経済活動の業績を元にして分析する方法に相当します。

 

 

 

これらは単独であれば、AIなどで分析できることもあります。

つまりEAによって取引に対応できるのです。

 

しかし、実際はこの二つの分析方法が混ざり合い、時にそれ以外のものも絡み混沌とした動きの元に相場が動いていきます。

 

このような実情にAIは対応できないのです。

 

この二つが現状EAの限界とも言える部分と言えます。

 

 

FX自動売買のリスク「為替変動」とは?

 

FXのEAは、対応力の低さがネックです。

特に急な為替変動には弱いと言えます。

ここでは、そういったリスクである天災などの例を挙げて紹介し、まとめました。

 

 

EAは大きな天災などの突発的な状況には対応できない

 

EAは対応力がそこまで高くありません。

そのため、突発的な状況には対応できないのです。

 

例えば、天災が典型的で、2020年4月現在猛威を振るっているコロナウィルスによる経済の急激な変化が挙げられます。

 

これによってFXの対象である為替相場の市場は大幅に乱れました。

 

しかし、EAはこれに対応できないものがほとんどで、かろうじて取引の自動停止と言う状態になったものもあります

こういった不測の事態に対する対応力がとても低いという弱点がリスクにもなっているのです。

 

 

EAの運用には基本的な世界情勢の把握が不可欠

 

EAに限らず、FXそのものが基本的な世界情勢の把握は不可欠です。

大統領の発言、中央銀行の発表だけでなく、原油価格や紛争の発生、ひいては政治家の辞任や入院なども過敏に反応することも少なくありません。

そういった情報を分析し、的確な対応をすることがEAだけでは不可能です。

 

そのため、こういったリスクに関してはきちんと手動で対応し、設定の変更や休止と言った対応、必要に応じて清算をするといった人の手による対応も組み合わせことが不可欠と言えます。

 

自動売買をしているのに人の手が必要と言うのはおかしな話ですが、実際に運用をしようと思ったら、EAにはできない部分を人の手でフォローする必要があるのです。

 

 

FX自動売買のリスク「レバレッジ」とは?

 

FXにはレバレッジがあります。

これはFX最大の魅力であり、利益を上げられる理由です。

 

そんなレバレッジですが、実はリスクでもあります。

 

特にEAの場合はより明らかなものとなっていることが少なくありません。

そういったレバレッジのリスクについて紹介していきます。

 

 

利益率の高いEAはレバレッジ倍率の高いものが多い

 

EAには様々なものがあります。

実際に海外のEAを見てみると有料や無料のものも含めて、日本国内にはない位たくさんのストラテジーに基づいたEAが公開されているのです。

 

そんな中で、利益率の高いものも当然存在します。

 

これはランキングでも簡単に見ることができるのですが、こういった利益率(収益率と記載されていることもあり)の高いものは、レバレッジが高いものが多い傾向です。

 

国内の場合EAは規制によって最大25倍(法人であっても100倍未満)ですが、海外へ目を向ければ数百倍と言うのは当たり前のようにあります。

 

この非常に高いレバレッジでEAを動かせば非常に高い利益率を出すことが可能です。

 

しかし、レバレッジが高いということはリスクも高いということを意味します。

一度損失が出れば数百倍になるのです。

 

そのため、ランキングの上位は常に同じEAではなく集計期間が変わればすぐにランキングが一新されます

つまり、ハイリスクハイリターンのEAがたまたまハイリターンの局面にあっただけなのです。

 

 

掛け金とは別に高額な証拠金が必要になることもある

 

運用しているお金とは別に、高額な証拠金が必要になることもあります

 

通常EAで運用するために掛け金を入れて行きますが、方法によっては通貨を購入するための資金が新たに必要な局面が起こってきます。

その資金は証拠金というもので、新たに必要になる証拠金は、追加証拠金と呼ばれます。

 

EAで運用していると思わぬ損失が発生し、追加で証拠金が必要になる場面があるのですが、この証拠金は多くの場合高額なものです。

 

確かに海外のFXではゼロカットシステムと呼ばれる掛け金の全額没収だけで済むシステムもあります。

しかし、そういったシステムでも継続してEAを行うためには追加の証拠金をいれる必要があるのです。

 

特にレバレッジが高い状態で取引を行うとその金額は高額になります。

このようにEAが不調で思わぬ損失を出してしまい掛け金とは別に高額な証拠金が必要になるというリスクが存在するのです。

 

 

FX自動売買のリスク「稼働条件」とは?

 

これまで直接的なFXのEAのリスクを紹介してきましたが、直接のお金のやり取りとは関係のないリスクも説明します。

 

それは、自動売買には基本的に24時間稼働のシステムが必要になることです。

これについて紹介していきます。

 

 

EA運用にはPCの24時間稼働が必要

 

EA運用には、システムの24時間稼働が必要です。

これは、24時間PCをつけっぱなしにして運用させるということを意味します。

 

しかし、企業のシステムならまだしも個人トレーダーの家庭用PCで24時間運用は困難なものがあり、急な停電や弱い部品の損傷、バックアップ体制などがない環境でFXのEAを動かすことは大きなリスクです。

また、通信も不安定になることがあります。

 

 

VPSのサーバー管理がオススメ

 

このように自宅のPCでの運用は困難です。

そんなリスクに対応できるのがVPS(Virtual Private Server)です。

 

これは、企業のサーバーと契約し、サーバー内で自分のシステムを動かしてもらうというものになります。

このサービスを利用すれば管理が簡単なので、FXのEAに最適です。

 

 

まとめ

 

FXのEA(自動売買)はとにかくリスクが多いものです。

しかし、自分で管理を行い、システムもVPSを利用することで大幅にリスクを回避することが可能になります。

これらの点を踏まえてEAに挑戦することをおすすめします。

 

 

また、どんなに最強と言われているEAであってもトレンド相場は苦手なのが共通の特徴ですが、

そんなトレンド相場への対応力と 、トレードの安定性をあわせもつ自動売買が実は存在します。

 

それは一般的にはMAMと呼ばれる自動売買システムですが、

MAMはEAとは違い急激なトレンド相場にも熟練したトレーダーの判断でリスク回避をして、EAよりも安定性が高いと考えられています。

 

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

EA(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

上記の項目の一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

数多くのEA(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年はEAよりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

 

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事