こんにちは。

シェリーです。

 

 

今回は、H&L_Lineというインジケーターをご紹介します。

H&L_Lineは、「High & Low_Line」の略で、直近3日間の高値・安値に自動でライン(水平線)を引いてくれるツールです。

僕がオリジナルで開発したインジケーターの一つで、サイトをご覧の皆さんには無料で提供させていただいております。

 

 

こんな方におすすめ!

高値、安値をあまり意識したことがない

高値、安値に毎日ラインを引いている

高値、安値を意識はしているが、他の分析をしていると忘れてしまう

 

 

FXトレードにおける高値・安値は、強く意識される情報の一つです。

ただ、夢中になっていると、意外と抜けてしまいがちな情報でもあります。

H&L_Lineは、そんなうっかりを防止してくれる便利なインジケーターとなっています。

 

 

それでは、H&L_Lineの詳しい内容や使い方を見ていきましょう。

 

 

➡︎ 早速H&L_Lineをダウンロードしたい方はこちら ⬅︎

 

 

FXで水平線(ライン)を自動で引いてくれるインジケーターとは?

H&L_LINEは、直近3日間(前日・2日前・3日前)の高値と安値、すなわち6種類の価格に自動でラインを引いてくれるインジケーターです。

上図を見ていただくと、青系のラインが3本、赤系のラインが3本の計6本のラインが引かれているのがわかるかと思います。

 

青系のラインは、前日・2日前・3日前の高値
赤系のラインは、前日・2日前・3日前の安値

 

となっており、色を見るだけで、それがいつの高値・安値なのかが瞬時に判別出来るようになっています。

 

 

1分・5分足といった短期足ではライン自体が見えないことが多いですが、30分・1時間足などで使うと、高値・安値をかなり意識しやすくなります。

 

 

FXで水平線(ライン)を自動で引いてくれるインジケーターH&L_Lineを使うメリットとは?

H&L_Lineを使うことで、具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

 

直近の高値・安値を強制的に意識することが出来る

冒頭でも書いた通り、高値・安値というのは、重要な情報でありながら意外と忘れられがちです。

それをチャートに表示しておくことで、しっかり意識付けをすることが出来ます。

 

 

また、高値・安値ラインはレジサポラインのように「ライン側での売り買い攻防戦」が繰り広げられることが多く、そういった点にも注意を向けられます。

ラインに気付かずいつも通りにエントリーしたら、攻防戦の影響による急激な値動きに一瞬で喰われる…なんてことが起こりかねません(泣)

 

 

すぐ使えて、すぐ消せる

H&L_Lineはものの3秒で直近3日間の高値・安値にラインを引けるので、必要になったらすぐ使えますし、邪魔になったら消せば良いだけです。

 

 

なので、とりあえず持っておいて、上手く使い分けていけば万事OKですね。

 

 

FXで水平線(ライン)を自動で引いてくれるインジケーターH&L_Lineの使い方とは?

H&L_Lineの具体的な使い方について解説していきます。

 

 

パラメーター設定

パラメーターで各ラインの色を自由に変更可能です。

6本の線を引くので、何の線が何色かわからなくならないよう、きちんと見分けられる色に設定しておいた方が良いですね。

 

 

画面の見方

上図はUSD/JPYの1時間足チャートで、高値・安値それぞれの線が6本全て見えています。

現在に近いものほど濃い色に設定しているので、少しわかりやすいかと思います。

高値・安値ライン共に3日連続で切り下げているという状況で、最近は下落傾向にあるということがわかります。

 

 

上図は、同じくUSD/JPYの日足チャートです。

こちらを見ると、各日付のロウソク足の高値・安値にラインが引かれていることが確認出来ますね。

 

 

インジケーター入手の流れ

手順①

「シェリーと秘密のトレード訓練場」公式LINEに登録する。

 

手順②

登録日より6日間に分けてLINE配信されるマガジン(記事)を読む。

 

手順③

各マガジン(6記事)の最後に記載されている専用URLより、インジケーターをダウンロードする。

 

 

⬇︎ 公式LINEの登録はこちらから ⬇︎


 

 

FXで水平線(ライン)を自動で引いてくれるインジケーターH&L_LineのMT4設定方法とは?

インジケーターをダウンロードした後、MT4に設定する手順を解説します。

 

MT4を起動し、画面左上のファイルからデータフォルダを開くをクリックします。

 

 

いくつかのフォルダが表示されますので、MQL4→Indicatorsの順でフォルダを展開していきます。

 

 

インジケーターを保存しておく専用のフォルダが開かれますので、ここに先ほどダウンロードしたH&L_Line.ex4のファイルをドラッグ&ドロップしましょう。

 

 

MT4に戻り、画面左のナビゲーター部分で右クリック→更新を行います。

すると、インジケーター一覧の中にH&L_Lineが追加されています。

 

 

MT4の操作方法をもっと詳しく知りたい方はこちらから

 

 

H&L_LineはFXで使うべきインジケーター?

直近数日間の高値・安値は重要な情報ですが、これは普段重点的に見ているチャートの時間足が短いほど、おざなりになりやすいです。

例えば、スキャルピングトレードをメインとしている方であれば、1分足・5分足チャートを重点的に見て、大まかな方向性として1時間足などを使うでしょう。

そうするとレジサポラインなどは引けますが、日足チャートはあまり見ない為、やはり日付毎の高値・安値ラインは見落としがちです。

 

 

スキャルピングと言えども、高値・安値ライン付近では特殊なプライスアクションを起こしやすいので、どうしても無視は出来ないんですね。

なので、毎日手動でラインを引いたり、価格をメモしたりなど、何かしらの意識付けは必要になってきます。

H&L_Lineはそれを時間短縮してやってくれるので、やはり便利です。

 

 

FXで水平線(ライン)を自動で引いてくれるインジケーター【H&L_Line】まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

おわりに、H&L_Lineの特徴を振り返ってみましょう。

 

 

☑️ 直近3日間の高値・安値に自動でラインを引いてくれる

☑️ それぞれのラインに好きな色を設定することで、高値・安値が一目瞭然となる

☑️ 短期足チャートを重点的に見ていると、高値・安値ラインを見落としがちなので注意

 

高値・安値は強く意識される情報ですが、裏を返せばトレーダー心理がモロに反映されるシチュエーションでもあります。

日頃から高値・安値付近の値動きを意識していると、「皆こういう心理でトレードしているのかな」なんてことが分かったりします。

これは高値・安値に限る話ではなく、「考えながらチャートを見る」というのはFXで成功する為の真髄です。

 

 

H&L_Lineがそのきっかけになれば幸いです。

 

 

➡︎ H&L_Lineの入手方法はこちら ⬅︎

 

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事