こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、FX自動売買の失敗で最も多い5つの失敗例について書きました。

 

 

はじめに、FXのEAは、FX取引を自動で行うソフトです。

高機能なプラットフォームであるMT4などにEAを導入することで、自動売買が可能になります。

 

そして、取引に手間のかかる裁量トレードの弱点を補うツールとして、EAは注目を集めています。

 

裁量トレードでは、冷静なトレードができるとは必ずしも言えません。

損失が発生して冷静さを失い、感情的なトレードになる場合があります。

損失を解消しようと余計なポジションを持ってしまい、さらに損失が増大することもありますね。

 

これと比較して、EAを利用した取引では感情が入らず、設定したプログラム通りに自動売買を行います。

人であれば通常は睡眠中の夜中にも、時間に関係なくEAは稼働します。

画面を逐一チェックする必要がなく、チャンスを逃さないトレードが可能です。

 

 

しかし、EAを利用してトレードに失敗する人も多くいます

失敗する人には共通した特徴があります。

 

 

FX自動売買で失敗する人に通じる3つの要素とは?

 

FXのEAで失敗するパターンには、共通する3つの要素があります。

 

EAの選択ミス」「EAの運用上のミス」「FXに対する理解不足」です。

 

 

また、それぞれの要素においても、複数の失敗要因があります。

その要因を一つずつ潰していけば、効果的なEA活用は可能です。

 

つまり、最適なEAを選択し、正しい運用方法を行い、FXに対する適切な理解があれば、失敗を避けることもできます。

 

 

FX自動売買の失敗で最も多い5つの失敗とは?

 

FXの自動運用を行う場合には、どのEAを使用するかが最も重要です。

 

選択ミスをした結果、事前に思い描いていたトレード状況とは全く違ったものになることも多いです。

そして、選択ミスの背景には様々な理由があります。

代表的なものは以下の5つです。

 

 

早く儲けたいと考え、十分にEAを比較検討していない

 

FXトレードでは、絶えず儲けたいという意識が働きます。

 

実際に裁量トレードを行ってうまくいかず、自動売買への切り替えを考える人も多いです。

また、トレードに時間を取れない人で、自動売買のEAに魅力を感じることがあります。

自動という言葉が「楽に早く儲かる」というイメージを連想させます。

 

 

早く儲けたいという意識がますます強くなり、利用するEAをよく検討することなく、慌てて購入してしまうケースも頻繁です。

 

多くの種類のEAがありますが、それぞれで売買ロジックは特徴があります

 

機能面をよく理解していないと、自分のトレードの特徴に合わないEAを使ってしまう可能性があります。

各EAを比較検討せずに購入することが、失敗の原因です。

 

 

誇大広告に騙されて運用実績を詳細まで確認していない

 

EAの広告には、利益が保証されているかのような印象を与えるものがあります。

 

誇大広告も多く、上辺の魅力的な言葉だけでは、そのEAの真の実力はわかりません。

そのEAが本当に期待できるかどうかは、必ず細かな運用実績をチェックすることが重要です。

 

 

販売ページでよくわからなければ、販売者に直接質問することや、ネット検索で調べるなど、自分で確かめることが必要です。

 

 

バックテストの結果を短期間レベルでしか確認していない

 

バックテストとは、EAのパフォーマンスを過去のデータから検証することです。

これはEAの実力を測る上で大切ですが、短期間のチェックでは、本当の力を知ることはできません。

 

たまたまその時期だけうまく機能した可能性があります。

また、EAの実力に関係なく、相場状況が良かった時のデータであることも考えられます。

 

バックテストは、長期レベルで判断することが重要です。

 

 

EAが詐欺商品でなく利益のでるものか確認していない

 

効果の乏しいEAを、あたかも結果を残しているかのように偽って販売する詐欺業者も多くいます。

「利益が出る」という言葉だけを信用し、よく確かめもせず購入するのは、詐欺に遭う危険性を高めます。

 

EAには詐欺商品も多いという前提のもとに、商品選びをする必要があります。

 

確実な利益を保障するような広告は、明らかに信頼性の乏しい商品です。

FXには損失リスクがあり、EAを利用しても、抱えるリスクの本質部分は変わらないことを知る必要があります。

 

 

自動売買のストラテジーが自分のレベルにあっていない

 

自動売買のストラテジーとは、EAが持つ売買プログラムのことです。

 

各EAは独自の売買プログラムに基づいて、相場状況の中で「売り」や「買い」を判断します。

 

この設定通りにFXトレードが行われますが、ストラテジー自体が自分のレベルに合っていなければ、当然結果が出にくくなります。

 

レンジ相場で効果的な働きをするプログラムもあれば、トレンド相場に強いプログラムもあります。

急激な相場変動に効果的なEAもあれば、波風の少ない相場で威力を発揮するEAもあります。

 

利益幅は大きくても、高いリスクを伴う取引をするEAでは、初心者のレベルには合っていません。

自分のレベルに合った売買プログラムのEAを選ぶことが大切です。

 

 

FX自動売買の失敗における6つの運用方法の失敗とは?

 

EAの運用方法を間違えているために失敗するケースも多いです。

ここでは代表的な6つの運用方法の失敗について書いてみましょう。

 

 

EA任せになっていて長期間に渡って放置

 

EAによる運用は、基本的に任せた状態になりますが、定期的なチェックは絶対に必要です。

なぜなら、現在のストラテジーが今の相場状況と合わなくなっている可能性があるからです。

 

始めた頃は合っていても、相場状況は時々によって変動します。

自動トレードでは、ファンダメンタルズの要素を加味した取引はできません。

 

長期間放置していれば、相場状況の大きな変化によって、間違った運用を続けていくリスクがあります。

 

 

EAの実績に伴ってロット数を増減(負けたら減らすなど)

 

長期トレードに向いている種類のEAでは、途中で含み損が発生しても、相場の変動を利用して最終的に利益を上げていく目的を備えています。

 

このようなEAを利用している場合は、一時的な含み損に慌ててポジションを手動で決済すると、逆に利益チャンスを潰すことにつながる可能性があります。

 

 

もちろん、余力資産とのバランスで不適切な含み損を抱えていれば別です。

但し、一般的な長期運用の場合は、持ちこたえられる範囲内の含み損は覚悟した上で行うことも大切です。

一時的な相場の変動で慌ててロット数を変えることは、逆にマイナスに作用することもあります。

 

 

短期間の運用実績に沿ってストラテジーを変更

 

短期運用に合っているEAであれば、短期成績は重要です。

 

しかし、長期の稼働がメインのEAでは、短期の運用実績でストラテジーを変更するのはトレードに統一性がなくなり、逆に損失リスクが高まります。

 

 

自分がどのようなEAを使用し、何の目的で使っているのかを意識しておくことが、短期の成績に慌てないポイントです。

 

 

運用結果によって感情が左右され休止などを繰り返す

 

リピート系のEAでは、価格が下がった時に買いポジションを積み増し、上がった時に売却して利益を出します。

レンジ相場では、この手法で最終的に利益を積み重ねていくことができます。

 

しかし、価格が下がった時に含み損を抱えていることに慌ててしまい、休止を繰り返していれば、結局利益チャンスを逃してしまうことになります。

 

EAの感情を排した運用メリットを活かすことが大切です。

 

相場が急変動するような危険な相場でもEAを稼働

 

EAの弱点は、相場の急変動に対応できないことです。

通常の相場であれば、売買プログラムが有効に作用して利益を上げることができても、相場には突発的な事態が発生することがあります。

各国の経済政策によって相場が急変動することがあります。

世界恐慌のようなことが起これば、相場環境の動揺が一定期間持続します。

 

このような相場で、平常時と同じようにEAを稼働させているのは危険です。

 

 

大きなドローダウンに直面してもEA任せにし続けている

 

ドローダウンは、最大の証拠金からどの程度下落したかの数値です。

ドローダウンの数値が大きくなっているにもかかわらず、EA任せの運用を続けていることは、極めてリスクを伴います。

 

最大ドローダウンから、さらに状況が悪化することもあります。

 

これから回復するという安易な考え方はせず、これ以上資産を減らさないことが重要です。

 

 

FX自動売買で失敗する人の5つの特徴とは?

 

EAで失敗する人は、

FXに対する間違った考え方で、安易に自動売買を利用しているケースも多いです。

 

ここでは、代表的な5つの特徴を書いてみましょう。

 

 

FXの基本的な知識がないにも関わらずEA運用をしている

 

EAの利用は、初心者でも取り組める簡単さがメリットです。

 

但し、FXに関する基本的な知識のない人が利用することは危険を伴います。

 

FXのようなレバレッジトレードでは、通常の投資に比べて、短期間で大きな損失につながりやすい面があります。

そのため、FX運用では特にリスク管理が重要です。

 

FXの知識が不足していると、適切なリスク管理の方法もわからず、適当に証拠金を入れて、適当なEA運用をしている状態になりがちです。

 

 

運用資金が少なすぎる(短期間にロスカットされる)

 

慎重な投資をするのは大切ですが、EA運用では証拠金の額が少ないと簡単にロスカットされてしまう危険性があります。

中長期運用に向いた種類のEAでは、長い期間の運用でポジションを維持しながら利益を出していきます。

 

しかし証拠金の額が少なければ、早い段階でロスカットされてしまい、その特性を活かすことができません。

 

各EAでは、推奨する証拠金の額が提示されていることが多く、その額を大幅に下回る証拠金であれば、ロスカットされる確率は高くなります。

 

 

一定期間の中での利益率が高いストラテジーのみを選択している

 

一定期間で利益率が高いストラテジーであっても、中長期運用で安定的な成績を収めるとは限りません。

一時的な利益は、ちょっとした相場の動きによって、すぐに消えてしまう可能性があるのがFXトレードの難しい部分です。

 

むしろ一定期間の中で利益率が高いということは、別の期間では一気に利益を失い、逆にマイナスを抱え込んでしまう場合もあります。

 

 

通貨ペアが少なく運用バランスが悪い

 

少ない通貨ペアで運用していると、一つの通貨ペアにかかる比重が大きくなります。

そこでの損失で、証拠金に大きなダメージが生じます。

複数の通貨ペアを運用していれば、別の通貨ペアの成績で損失の挽回ができる可能性もあります。

 

運用バランスを適切に取るためには、複数の通貨ペアを同時運用することがリスクヘッジにつながります。

 

 

EA任せになっており定期的な運用実績のレビューをしていない

 

一時的な結果に振り回されることは、EA運用で避けるべき点です。

但し、そのEAの運用成績について、定期的に客観判断をすることは大切です。

 

使用するEAが現在の相場に適しているか、含み損や含み益は想定の範囲内か、証拠金の額は適切か、ロット数は適切か、EAは十分に機能をしているかなど、様々なチェックが必要です。

 

それをせずに全てEA任せになっていると、利益が出ないばかりか、想定外の含み損を抱える危険があります。

 

 

まとめ

 

任せきりの自動運用は、メリットがある一方で、放置によるリスクが増大することもあります。

 

まとめると、

EA運用で失敗する人の特徴をよく理解することで、適切な利用方法がつかめます。

 

そのためには、簡単に稼げるという安易なイメージを持つことは絶対にしないことが大切です。

様々なEAの実力を客観的に評価し、自分のトレードスタイルと合わせて、相性の良いものを選択することが重要です。

 

 

また、どんなに最強と言われているEAであってもトレンド相場は苦手なのが共通の特徴ですが、

そんなトレンド相場への対応力と 、トレードの安定性をあわせもつ自動売買が実は存在します。

 

それは一般的にはMAMと呼ばれる自動売買システムですが、

MAMはEAとは違い急激なトレンド相場にも熟練したトレーダーの判断でリスク回避をして、EAよりも安定性が高いと考えられています。

 

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

EA(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

上記の項目の一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

数多くのEA(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年はEAよりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事