こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、FXのナンピンマーチンを使ったEAは本当に最強なのか?について書きました。

 

 

 

ナンピンのEAは最強なの?そんな話を良く耳にします。

 

数多くあるFXのEAにおいて最強という名前を安易に使うのは、ちょっとした勇気がいるものです。

 

 

しかし、そんな最強という言葉を使うユーザーが少なくありません。

 

 

 

なぜ、ナンピンのEAが最強と言われるのか、今回このナンピンEAの中でも特に実績を挙げ、ナンピンEAの代名詞となっているナンピンマーチンEAにフォーカスしました。

 

ナンピンマーチンEAがなぜ最強なのか、テスト結果が優れている理由、特徴などを紹介しナンピンマーチンEAについて様々な視点から解説していきます。

 

 

 

これを読めばきっと、ナンピンマーチンEAが最強と言われる理由や運用上で注意すべきこと、EAの選び方のポイントなどを知ることができるのではないでしょうか。

 

 

それではナンピンマーチンEAが最強と言われる理由から紹介していきましょう。

 

 

この記事の目次

ナンピンマーチンEAが最強と呼ばれることが多い理由とは?

ナンピンマーチンEAは冒頭でも言われている通り最強という呼び名があります。

この最強という理由はどんなものなのか、最初に結論をまとめると以下の通りです。

 

 

・バックテストで高い勝率

・バックテストで莫大な利益

・フォワードテストでも高い勝率

・フォワードテストでも利益が多い

 

 

このように、EAの性能を測る目安となるバックテスト(過去の相場の動きでEAを走らせて利益や勝率を計測するテスト)やフォワードテスト(現在進行形でデモトレードという形でEAを走らせて利益や勝率を計測するテスト)と言った一連のテストで高い成績を残していることがその理由です。

 

これらの理由について、どんなものなのか項目ごとに紹介していきましょう。

 

 

バックテスト結果で勝率95%以上のEAが多い

勝率とは、注文をして利益確定した時点で決済出来た確率です。

この勝率が95%ということは、EAが出した注文をほとんど決済できてしまっていることを意味します。

 

そしてバックテストで高い勝率を記録したということは過去の様々な相場の動きの中でEAを走らせて検証するということを先ほどお話ししましたが、過去の相場に対しても利益を確保して決済することがほとんどできたということなのです。

 

数多くのEAが存在するものの、ここまで高い勝率を出すEAはありません。

これが、ナンピンマーチンEAが最強と言われる理由です。

 

 

バックテスト結果で莫大な利益を出しているEAが多い

バックテストで勝率が高くともわずかな利益を繰り返し出すというスタイルではそこまで魅力的なものとは感じません(利益を出すというだけでも本来魅力的なものといえるのですが)。

 

しかし、ナンピンマーチンEAは過去の様々な事象、延々と続くトレンド相場や値幅の広い激しいレンジ相場や逆に緩やかなレンジ相場と言った状況にも対応し莫大な利益を出しているのです。

 

どんなEAであっても弱い局面、強い局面があるためバックテストでは十分な利益が出せないものが多くあるのに対し、ナンピンマーチンEAは逆に利益を出していないもの、少ないものを探すのが難しいほど多くのEAで莫大な利益を出しています。

 

 

これはどう考えても最強と言わざるを得ません。

 

 

フォワードテスト結果で勝率95%以上のEAが多い

実際のところ、バックテストは過去の事象をたどるだけのテストです。

そのため数値や設定を変えれば、ある程度の数字操作を行うことは容易と言えます。

 

そういった騙しを排除するのが、フォワードテストです。

 

 

現在進行形のテストで、先ほども紹介した通りデモトレードなどを利用した実際の運用に近いリアルなテストでもあります。
そんなフォワードテストの結果で勝率95%以上のEAが数多くあるのです。

数字が操作できないはずの限りなくリアルに近いトレードのテストにおいても驚異的な勝率を叩き出しているものが多くあり、信じられないという形容が当てはまるEAと言えます。

 

 

 

フォワードテスト結果で利益が多いEAが多い

バックテストでの利益額ほどではありませんが、ナンピンマーチンEAはフォワードテストでもきちんと利益を出しているものが多くあります。

そしてこの利益の額が、他のEAのフォワードテストよりも多いのです。

 

むしろバックテストで良い成績を出してもフォワードテストでは逆に損失を出しているというものが少なくない中、フォワードテストでも結果を出しているという時点で、ナンピンマーチンEAは最強と言えてしまうのではないでしょうか。

 

 

バックテストは操作である程度結果を変えられます。

しかし、改ざんの出来ないフォワードテストにおいても高い勝率、多くの利益を出しているナンピンマーチンEAはこういった理由で最強と言われているのです。

 

 

ナンピンマーチンEAは本当に最強?テスト結果が良いナンピンマーチンEAが多い理由とは?

先ほどの解説でナンピンマーチンEAは最強と言う印象を受けた方も少なくなかったはずです。

 

しかし、本当は最強とは言い切れません。

 

実際にナンピンマーチンEAの大半がテスト結果で優れた成績を残していますが、テストにカラクリがあることも多く、本当は最強とは言えないものも多くあるのです。

 

 

そんな最強とは言い切れない理由は以下の3つです。

 

・バックテストで結果をよくすることができる

・バックテストの改ざんが行われている可能性

・フォワードテスト結果が良い理由

 

 

最後のフォワードテストの結果については、いくつか説があり確定的なものとは言えません。

しかしすべてのテスト結果においてカラクリの可能性を秘めているのがナンピンマーチンEAなのです。

それでは最初の理由について解説していきましょう。

 

 

バックテスト結果が良いマーチンEAを作成するのは簡単

バックテスト結果がよいナンピンマーチンEAを作成するのは簡単です。

 

このナンピンマーチンという方法自体、設定を変えればポジションの取り方(売買方法)で勝率を調整することができます。

バックテストに関しては、すでに相場の流れが決まっているので、それに合わせて何度も設定を変えてバックテストで走らせれば驚異的な勝利率や巨額の利益を提示することが可能になります。

この設定を変えたうちの成績の良かったものを提示すれば、そのナンピンマーチンEAが優れたものであるとアピールが可能になるのです。

 

 

他のEAでも似たことはできますが、設定が複雑だったり、ローリターンな性格のEAだったりして十分な成績を出すことができません。

より優れた結果を提示しやすいことから、多数のナンピンマーチンEAで優秀な成績が示されているのではないでしょうか。

 

 

バックテスト結果は改ざんが行われている可能性がある

バックテストを繰り返し行って優秀なものを提示するという地道な方法以外にも、データ自体改ざんを行うという高度なものがあります。

 

画像の数字をフォトレタッチソフトなどで改ざんしたものやバックテストの期間やパターンを調整して、成績の良い期間だけを明示することも少なくありません。

 

また、ここでは説明していない未知の方法で改ざんが行われている可能性もあるのです。

いずれにしてもバックテストの結果を鵜呑みにするのは危険と言えます。

 

 

フォワードテスト結果が良い

フォワードテストの結果をよくするのは不可能なのでは?そう思う方も少なくありません。

実際に不可能です。

 

本当に実績を出している、ナンピンマーチンEAも存在しているので改ざんなどを行うのは難しいと言えます。

 

ただ、改ざんや調整と言った手段はできなくとも制作者の名義を変えたり、無数の設定のナンピンマーチンEAを走らせて、そのうちのいくつかで良い結果を出すという方法があるのです。

 

 

こうすれば、フォワードテストで優秀な結果を出すEAをアピールすることも可能になります。

 

フォワードテストで良い結果を出すものは信用できますが、そういった結果を出すために無数の捨てアカウントや捨てナンピンマーチンEAを出している可能性があるのです。

 

恐らくですが、フォワードテストの結果が思わしくないものは、さりげなく削除して存在しなかったようにしているケースもあるのではないでしょうか。

他のEAでも類似のことができますが、より簡単に多くのEAが作れるナンピンマーチンEAは、こういったことが容易に行えるのです。

 

 

ナンピンマーチンEAフォワードテスト結果が最強に見えるカラクリとは?

前の項目で少し触れましたが、ナンピンマーチンEAのEAにはフォワードテストのカラクリがいくつか存在します。

先ほどお話しした、複数のナンピンマーチンEAを作るもの以外に以下の3つがカラクリとしてよく用いられます。

 

・短いフォワードテスト

・過去に行ったフォワードテストの結果を表示

・運用開始時のテストを提示

 

 

このようにフォワードテストと言っても不十分な結果を提示しているのです。

これによってあたかもフォワードテストで優秀な成績を残しているように見せることが可能になるというのがこのカラクリと言えます。

 

 

フォワードテストのテスト期間が短い

フォワードテストを行うことは重要です。

 

しかし、見落としがちなのがそのテスト期間の長さ、このカラクリはフォワードテストのテスト期間を故意に短くし、ナンピンマーチンEAがうまく行っているところを表示させています。

 

ナンピンマーチンEAは、長期になると必ず運用に失敗する時がやってくるという特徴があるのです。

 

 

なぜならこのEA自体、負けたら更に注文を行って、買った時に損失分を一気に取り返すという仕組みを持っているからです。

 

 

長期にわたってナンピンマーチンEAを行うと、偶然が重なって一向に負けを取り返せない状況になることがあります。

そうなった時、手持ちの資金や証拠金が尽きて莫大な損失を抱え、取引が終わるという事態に陥ってしまうのです。

 

そういった局面を見せることなく、短い期間でフォワードテストをしているところを見せれば、ひたすら損失を一気に取り戻して利益を確保していく姿を見せることができます。

 

つまり、悪い部分を見せないというカラクリがこれに当たるのです。

 

 

アカウントが崩壊する直前までの結果を表示している(現在進行していない)

先ほどのフォワードテストの期間が短いといいうのに関連していますが、アカウントがナンピンマーチンの崩壊、莫大な損失を抱える直前の結果が出る前までの結果を表示しています。

 

現在進行形で表示させてしまうと多くの購入希望者の前で崩壊した瞬間を見せつけてしまうことになり、誰も導入をしてくれなくなるからです。

 

そういった意味で、崩壊を引き起こす直前で止めてしまっているものが多くあります。

 

 

運用開始時期に利益が集中している

ナンピンマーチンEAは運用開始時に利益を出しやすい傾向があります。

 

なぜなら徐々に決済が決まりにくくなり、利益を上げにくくなるものが構造上多いからです。

 

工夫がされていない純粋なナンピンマーチンEAでは運用開始時こそ利益を出してくれますが、それ以降は含み損を抱えて一気に崩壊することが少なくありません。

 

そういった場面を見せないためにもフォワードテストは初期の短期間のみを見せているということが多くあるのです。

 

 

ナンピンマーチンEAが最強と言われる8つの特徴とは?

ナンピンマーチンEA、冒頭でも触れた通り最強と言う呼び声があります。

なぜそんな呼び声があるのか、その理由としてナンピンマーチンEAの特徴が独特であるからではないでしょうか。

 

そんなナンピンマーチンEAの特徴を8つのポイントに分けてまとめました。

それらをまとめると以下の通りです。

 

 

ナンピンマーチンEAのメリット面

 

・強いレンジ相場

・利幅が大きい

・一定期間に勝ち続けやすい

 

 

ナンピンマーチンEAのデメリット面

 

・長期間で最大ドローダウンが発生しやすい

・相場の逆行で大きな含み損

・大きなトレンド相場に弱い

・多くの資金が必要

・粗悪なEAが多い

 

 

これらについてそれぞれ解説していきましょう。

 

 

メリット面の特徴①レンジ相場には強い

ナンピンマーチンEAは、(基本的な買いポジションからスタートする場合)持っている通貨の価値が下がったらどんどん買い増しを行っていくという仕組みで取引を行います。

下がりきって上がったタイミングで決済を行い、一気に利益を上げるという特徴があるのです。

 

つまり、レンジ相場のように下がったり、上がったりを小刻みに繰り返す相場になった場合、ナンピンマーチンEAは次々に決済を行って利益を積み重ねることができます。

こういった局面では利益を上げやすく、まさに最強と言う印象を与えるのです。

 

 

メリット面の特徴②他のEAと比較して利幅が大きい

ナンピンマーチンEAはひたすら損失を拡大していき、一定のレベルで相場が変わったタイミング、決済が決まるタイミングで莫大な利益を挙げます。

 

例えば、1ドル100円の時に1ドルを買い始め、95円、90円と下がっていくたびに2ドル、4ドルと買う通貨量を増やしていくのがこの仕組みです。

そしてこれが1ドル100円に戻った時、今まで買った分を全て売却すると1度に700円の収益を上げます。

 

これまで投資してきた金額が、650(100+190+360)円ですから50円の純利益を上げるのです。

 

計算は割愛しますが、650円の投資で700円に増えるので、たった1回ナンピンマーチンEAの決済が決まるだけで7.6%もの利率を叩きだすという結果をもたらします。

 

7.6%の利率という数値は一年間株式を投資してやっと出るか出ないかと言う数値ですから、いかに爆発的な利幅を生む方法か分かるのではないでしょうか。

 

 

メリット面の特徴③一定期間に渡っては勝ち続けているものが多い

ナンピンマーチンEAは基本的に勝つまでポジションを取り続ける(買いポジションからスタートするのであれば、ひたすら勝つまで買い続ける)という特徴があります。

そのため一定期間に渡って勝ち続けることが多いのです。

 

こういった特徴から詳しい仕組みが分からなければ、あたかも常勝、最強というイメージを受けます。

 

 

デメリット面の特徴①長期間では最大ドローダウンが大きくなりやすい

ナンピンマーチンEAは、ネガティブな特徴もあります。

 

長期に渡っての取引でのデメリットでは、最大ドローダウン(一時的に最大資産から落ち込んだ場合の最大下落率)がどんどん膨れ上がります。

例えば、先ほどの1ドル100円の例でたとえると、利益が出るレベルまでひたすら買い続けて手持ちの資金がどんどん減り、ドローダウンを引き起こすのです。

 

適当なタイミングで利益が出るタイミングが来れば良いのですが、来なかった場合は、資産が減り続けます。

 

 

デメリット面の特徴②相場の逆行が続いた場合には大きな含み損が発生する

前の項目に近いデメリット面ですが、ひたすら相場の逆行が続くと利益ができないためにどんどん手元の通貨の価値が下がり、含み損が発生していってしまうのです。

この含み損に耐えられるかどうかが、ナンピンマーチンEAのポイントといっても過言ではありません。

 

 

デメリット面の特徴③大きなトレンド相場では大損しやすい

大きなトレンド相場では、大損をしていく可能性があります。

 

例えば、ひたすら通貨の価格が下がっていく局面で決済ができないといつまでたっても利益を出すことができません。

それどころかどんどん価格の下がる通貨を買いあさっていくので、損失が広がります。

 

 

デメリット面の特徴④運用開始にはそれなりに資金が必要

ナンピンマーチンEAは、とにかく通貨のポジションをどんどん取っていく自動売買の行動に耐えられるだけの資金が必要です。

ぎりぎりの資金でナンピンマーチンEAを動かしても最初の数回程度のポジションを取る局面で資金が尽きてロスカット(強制的な取引停止)が発生してしまいます。

とにかく過剰ともいえるだけの資金を用意し、勝つまで耐えられる方法で辛抱するという取引をしなければいけません。

 

 

デメリット面の特徴⑤簡単にプログラミングできる為、粗悪なEAが多い

ナンピンマーチンEAは、基本的な仕組みがとても簡単です。

買いポジションからスタートすれば、価格が下がるたびにどんどん買っていき、その通貨量を倍々にしていけば良いだけというプログラミングで作ることができます。

 

そのため、EA制作をするうえで初心者でも作ることができたり自動生成できるようなものも存在するため、粗悪なEAがとても多いというデメリットもあるのです。

こういった粗悪なものを使うとひたすら資金が使われていくと言う悪循環に陥ってしまいます。

 

 

ナンピンマーチンEAを使用する前の心構えとは?

メリットやデメリットを知ってお気づきのことだと思いますが、ナンピンマーチンEAは最強な反面、損失を一気に出す最「」のEAでもあります。

そんなナンピンマーチンEAを使用するにはいくつか心構えが必要です。

それらについても触れていきましょう。

 

 

基本的にはハイリスクハイリターンの手法であることを理解する

ナンピンマーチンEAはとにかく勝つまで資金を投入するEAです。

そのため勝ったときは今までの損失をひっくり返すだけのリターンが期待できますが、そうでない場合は損失が倍々に増えていき再起不能になります。

このように、ハイリスクハイリターンの手法であると言うことを知っておくのが大切です。

 

最悪の場合には元本が0になるリスクがあることを理解する

リターンに回れば大きな利益をもたらすナンピンマーチンEAですが、最悪元本割れを通り越して手元資金が0になる危険性もあります。

 

また、国内のFXや追証を設定している海外のFXの場合は、0どころか更に損失の補填を求められるマイナスになることも少なくありません。

そういった局面にも耐えられるような体制にしておきましょう。

 

 

時には大きな含み損を抱える可能性がある仕組みである事を理解する

ナンピンマーチンEAは利益が確定するまではひたすら価値が失われている通貨を持とうとします。

そのため、時に大きな含み損を抱える可能性があるのです。

 

こういった含み損を返済できるまで、資産を投入し続けることができるようにするのが重要と言えます。

 

 

ナンピンマーチンEAの中から最強のEAを選ぶポイントとは?

デメリットでナンピンマーチンEAは粗悪なものが多いと言うことをお話しました。

では優良な、あるいな最強なEAを選ぶ方法はどんなものがあるのでしょうか、そんな選び方のポイントも紹介していきます。

 

 

バックテスト結果のみしかないものは使用しない

ナンピンマーチンEAのバックテストのみのEAは使用を避けましょう。

 

先ほども紹介したとおりいくらでも改変や調整ができるからです。

なのでフォワードテスト、特に現在進行形のフォワードテストを明示しているものを選ぶのがポイントです。

 

 

勝率100のような誇大広告されているものは使用しない

ナンピンマーチンEAはどんな優秀なものでも最後は崩壊します。

この崩壊のタイミングがいかに先になるかで優秀さが変わってくるのです。

 

まずありえない前提で広告をしているEAは、まず相手にしないようにしましょう。

 

 

現在も稼働しているフォワードテストから過去のドローダウンの傾向を確認する

稼働中のフォワードテストを明示しているEAは、比較的信用できます。

 

その中でも、ドローダウンはどの程度のレベルまで行くのかをチェックするのがポイントです。

頻繁に最大資産から見て無資産に近づくようなものは利用を控えることをお勧めします。

 

 

現在も稼働しているフォワードテストからのナンピンのLot設定を確認する

ナンピンのLot設定とは、どの程度ポジションを取ろうとするかという設定です。

例えば買いポジションであれば、価格が下がったらどの程度買い増ししていくのかをチェックします。

一気に買い増して行くのはリターンも大きいですが、リスクも大きいのでそういった点も知っておきましょう。

 

 

現在も稼働しているフォワードテストから最大ドローダウン時の取引詳細を確認する

最大ドローダウンの程度によって、ナンピンマーチンの崩壊のタイミングがイメージできます。

この最大ドローダウンとなった時の、取引詳細もチェックしておきましょう。

極端な話ですが、得意のレンジ相場で最大ドローダウンを起こしているようなEAは危険です。

 

 

EAのナンピン設定が変更可能かを確認する

ナンピン設定によってこのEAのリスクヘッジがある程度できることも少なくありません。

これが固定になっている場合は完全にEA頼みになってしまいますから、自由に設定が変更できるものかどうかをきちんとチェックしておきましょう。

 

 

ナンピンマーチンEAにおいて最強のEAは存在するのか?

最強のEAはあるのか、答えは近いものは存在すると言うこと、その点を最後に触れていきます。

 

 

勝率の高いEAが多い事は事実である

ナンピンマーチンEAは改ざんやトリックを使わなくとも高い勝率を誇るものが存在します。

そういったものを自分の目で見て見極める努力をしていきましょう。

 

 

トレンド相場をうまく乗り越えられるかが課題

どんなに最強と言われているEAであってもトレンド相場は苦手なのが共通の特徴です。

自分の資金量でこの相場状況に耐えられるEAかどうか、それがクリアできるものがある意味自分にとって最強のEAと言えます。

 

 

ナンピンマーチン法を使用しているEAの中には良いものもある

ナンピンマーチン法は、非常にアグレッシブで極端な取引方法です。

 

しかし、その極端さをうまく利用したEAに仕上がっているものも少なくありません。

そんなナンピンマーチンEAを見つけていきましょう。

とにかく苦手なトレンド相場をうまく切り抜けて、崩壊を起こすタイミングがなるべく長いものを選ぶ、これを中心に選ぶのがポイントです。

 

 

まとめ

どんどん含み損を重ねるポジションを取っていき、その量は取るたびに増えていく、そんな無謀とも思える取引方法がナンピンマーチン法です。

 

この方法をEAにしたものが数多くあり、信じられない勝率や利益を出しているものもありますが、その大半はフェイクと言われています。

 

そんなナンピンマーチンEAも、トレンド相場時の処理や豊富な資金量という準備を行い、フォワードテストで入念なチェックを行えば、文字通り最強のEAになる場合もあるということを知っておきましょう。

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事