こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、FXのナンピンマーチンゲール法を使用した自動売買の注意点や取引手法について書きました。

 

 

FXには、トレード手法が無数にあります。

名前のついていないものも多いのですが、ついているものも多く、今回紹介するナンピンマーチンゲール法もその一つです。

 

 

 

このナンピンマーチンゲール法とはどんなものか、儲かるのか、そして手法やメリット、デメリットは、そんな疑問に項目ごとに解説し、まとめました。

 

 

 

これを読めばきっとナンピンマーチンゲール法について知ることができるのではないでしょうか。

 

それでは、ナンピンマーチンゲール法とは何か、そんな疑問から解説していきましょう。

 

 

この記事の目次

FXのナンピンマーチンゲール法とは?

ナンピンマーチンゲール法は、FXの投資手法のことです。

ナンピンとマーチンゲールという二つの投資法を合わせたもので、一言で言えば負けたタイミングで更に買うという攻めの投資法になります。

今回は、ナンピンマーチンゲール法を説明する前に、ナンピンとマーチンゲールについてお話しし、ナンピンマーチンゲール法の具体的な内容は別項目でまとめました。

 

 

まずナンピンですが、保有している通貨の金額が下がったときに、さらに買い増すという方法です。

古くからある投資手法で、難平(なんぴん)という漢字まであるという伝統的な手法として知られています。

 

例えば、1ドル100円時に100ドル分買ったとしましょう。

その後1ドル90円に下がった時、更に100ドル分買い増しすると言う手法です。

 

一見攻めの姿勢で無謀とも思える方法に見えますが、実はきちんとした理論があります。

それは、利益の水準が下がるというメリットがあるという点です。

 

1ドル100円の時に100ドル買った時は、1ドル100円の相場より価値が上がらないと利益が出ません。

しかし1ドル90円の時に100ドル買い増しすれば、1ドルあたりの平均購入価格が95円になります。

つまり、1ドル95円より上に価格が上がれば利益が出るということになるのです。

 

より具体的に言えば、1ドル100円で買っただけでは、1ドル100円を超えるまでずっと含み損を抱えたままで利益を得ることができません。

 

しかし、90円で買い増しをしたナンピンを利用すれば、1ドル95円を超えた時点で利益を出すことができるのです。

ナンピンによって、より早いタイミング、より確実なタイミングで利益が出せるというメリットがあります。

 

一方マーチンゲール法は、負けたら倍額買い続けると言う、ナンピンより攻撃的な投資手法です。

もともとギャンブルの世界で行われている手法であり、ルーレットなどで負けたら、賭けた金額の倍の金額を買い、負けたら更にその倍(最初にかけた金額の4倍)を買います。

 

例えば、100円をルーレットで賭けて、負けたら200円をかけて、さらに負けたら400円をかけるという方法です。

一見、狂気とも思える買い方ですが、2倍額払い戻されるギャンブルの場合は買った場合、一気に損を取り返せる方法になります。

 

先ほどの例の場合、100円負けて、200円負けて、今400円賭けました。

 

そして、この400円で勝ったとしましょう。

すると800円のお金が入ってきます。

 

こうなると負けて失った300円を取り返し、賭けた400円を差し引いても100円の儲けが出る計算になるのです。

これは、400円で賭けて負けても800円で勝ては負けた分を取り返せるということを意味します。

 

つまり、資金が無限にあれば確率論的には負けなしになるという方法です。

 

これをFXに応用して、買いポジションからスタートした場合、最初に買った価格に戻らなければ、さらにそれよりも多い通貨量(ロット数)を購入します。

これを価格が戻るまで行い続け、戻ったタイミング、あるいはそれよりも増えたタイミングで一気に売って決済することで損失を取り戻すという方法です。

 

このナンピンとマーチンゲール法を組み合わせて、FX上でそういった取引を行うのをナンピンマーチンゲール法といいます。

それぞれ無謀とも思える投資方法ですが、取り戻すときは莫大なリターンが期待できるのです。

 

FXナンピンマーチンゲール法の自動売買は危険?儲かる?

この絶大なリターンが期待できるナンピンマーチンゲール法は儲かるのでしょうか。

 

結論を言えば儲かりますが、とても危険という方法です。

 

ナンピンもマーチンゲール法も勝つまで続けることができれば利益は出ます。

しかし、そこまでにいたる前に資金が尽きたら破綻し、すべてを失うのです。

 

また、最後まで耐えられれば儲かりますが、リターンを得るのに時間がかかり、時間の割りにその金額が少ないということも珍しくありません。

 

結論を言えば、勝つまで耐えられることができればある程度儲かりますが、耐えられなければ全財産がなくなるというハイリスクローまたはミドルリターンというのがこの方法です。

 

これを自動売買である自動売買に搭載しているのですが、結論を言えば資金に余裕があれば儲かる可能性があります。

 

FXナンピンマーチンゲール法の自動売買の取引手法とは?

ここまでやや話を伸ばしてしまいましたが、ナンピンマーチンゲール法の具体的な手法について説明していきましょう。

 

その方法はシンプルで、価格が下がっていく局面で一定の感覚ごとに通貨を買う動きをみせてナンピンのような振る舞いをみせます。

そして、マーチンゲール法のように購入する通貨量を倍々にしていくのです。

 

例えば、はじめに1lotで購入した場合は2lot、4lot、8lotと買っていきます。

人間であれば、このプレッシャーで買う手を止めてしまいますが、自動売買の場合は無感情に行っていくので、ある意味自動売買に適した方法です。

そして、延々と買う量を増やしていき、価値が上がり利益が見込めるレベルに達した時点で一気に決済を行います。

ここで今までの損失分を全て清算し、利益が出るのです。

 

ただ、この利益が思った以上に少ないものであることも多く、耐えられなかったとき(買い増しができなくなって破綻したとき)のリスクを思うと、やや少ないリターンになります。

資金量が十分であれば、利益確定を行うことができますが、この方法は10回目の負けの後に勝った(決済できたという意味)後と、2回目の負けで勝った後とでは利益の金額がほぼ一定という弱点もあるのです。

 

つまり、手法としては美味しいですが、勝ったタイミングが遅ければ遅いほど、時間当たりの儲けに換算するとやや少ない可能性もあるとも言えます。

 

少額の為替相場を例に出すと、1ドル100円で1ドル買ったとします。

 

1ドル90円になったとき2ドル買いました。

ここで1ドル100円に戻ったら、100+90×2で280円の出費から300円で売ることができるので20円の儲けです。

そして、この1ドル100円に戻らず1ドル80円になったとき3ドル買いました。

 

我慢して1ドル100円まで待てばいいのですが、購入平均金額よりやや高いレベルで決済をするとそこまで利益は出ません。

 

ただ、自動売買の設定によって1ドル100円になるまで我慢すれば単純計算で60円と3倍の利益が出るものの、ここまで戻るのに買い増しを何回か行うというのが自然な相場の動きですから、現実的ではなく結局20円の儲けかそれより若干金額が多い程度の儲けに落ちつきます。

 

こういった特徴がハイリスクでミドルあるいはローリターンという所以です(ただ、設定を変えてひたすら我慢するようにすればハイリターンにすることもできる)。

早めに勝って利益を得ての繰り返しであれば儲かりますが、延々と取引してやっと勝つということの繰り返しになってしまうと儲かりません。

しかも勝つ前に証拠金が尽きてしまった場合は、含み損を大量に抱えて追証になるリスクすらあります。

 

こういったことを自動売買で動かすことによってひたすら行われるのです。

 

FXナンピンマーチンゲール法の自動売買の3つのメリットと5つのデメリットとは?

先ほどお話したとおり、ナンピンマーチンゲール法はアグレッシブな取引方法のため、メリットとデメリットが数多くあります。

 

そしてそれを自動売買にすることで、メリットやデメリットがより明確になるのです。

そんなナンピンマーチンゲール自動売買のメリットとデメリットをまとめると以下の8つになります。

 

 

ナンピンマーチンゲール自動売買のメリット

 

・レンジ相場に強い

・利幅が大きい

・勝ち続けているものが多い

 

 

ナンピンマーチンゲール自動売買のデメリット

 

・長期間では最大ドローダウンが大きい

・相場が逆行すると巨額の含み損

・大きなトレンドに弱い

・豊富な資金が必要

・粗悪な自動売買が多い

 

これらの特徴について紹介していきましょう。

 

メリット①レンジ相場には強い

レンジ相場に強いのはナンピンマーチンゲール自動売買のメリットといえます。

 

その理由は、すぐに価格が戻って決済が決まりやすいということです。

レンジ相場は一定の価格の幅で相場ば上下する局面ですから、買い増しを盛んに行っても、すぐに決済を決めて利益を出すことができます。

 

これによって損を出さずに利益が出やすい局面といえるのです。

この相場が延々と続けばこのナンピンマーチンゲール自動売買にとっては大きく稼げるチャンスといえます。

 

メリット②他の自動売買と比較して利幅が大きい

他の自動売買は、地道にリターンを出すということを無数に行って利益を狙うというパターンが多い傾向です。

そのため、1回の利幅はとても少ないという特徴があります。

 

一方、ナンピンマーチンゲール自動売買はひたすら負けが込み弱い側の通貨を溜め込んでいきますが、一度決済のチャンスが来た場合、一気にリターンが出るのです。

 

こういった特徴があるため、他の自動売買とは比べ物にならないくらいのリターンが得られます。

つまり利幅が大きいといえるのです。

 

メリット③一定期間に渡っては勝ち続けているものが多い

ナンピンマーチンゲール自動売買は基本的に勝つまで止めない自動売買です。

負けは、巨額の含み損を意味するため、資金さえ耐えられれば一定期間に渡って勝ち続けるものが多いという特徴があります。

 

そのため、勝率だけで見ればとても高い自動売買と言えるのです。

この勝率の高さに関しては他の自動売買が追随できないレベルと言えるのではないでしょうか。

 

公開されているナンピンマーチンゲール自動売買はいずれも高い勝率を誇っています。

勝つまで止めないため、このような驚異的な運用成績をたたき出す自動売買が多数存在しているのです。

 

デメリット①長期間では最大ドローダウンが大きくなりやすい

デメリットは、決済が決まらず負け続けるのが長期間になると、最大ドローダウンが大きくなりやすい傾向にあることです。

 

ドローダウンとは、一時的に最大資産から落ち込んだ場合の下落率を言い、例えば、100ドルの資産が90ドルに目減りした場合はドローダウン10%となります。

 

ナンピンマーチンゲール自動売買ではひたすら下落が続いたり、決済ができずに長期に渡ってしまったりするとドローダウンは10%、20%、40%と倍々になってしまうことも少なくありません。

 

デメリット②相場の逆行が続いた場合には大きな含み損が発生する

大きなドローダウンに関連して、相場の逆行が続いた場合に大きな含み損が発生します。

逆行とは、持っているポジション(通貨)に対して通貨価格が逆の方向(損になる方向)に動くことです。

 

例えば、ドルを持っているポジションだったとして

 

1ドル100円だったものが90円、80円と価格が上昇することなくどんどん下落してしまう局面を言います。

こうなった場合、一向に決済できず買い増しを行うために含み損も非常に高額になっていくのです。

 

デメリット③大きなトレンド相場では大損しやすい

昨今話題の、コロナショックのような大きなトレンド相場が発生すると大損しやすくなります。

 

どんどん持っている通貨の価値が下落し、一向に価格が戻らず決済できない状態になることを意味するのです。

こういった局面ではどんどん買い増しをするだけで、決済が行われないため損失が膨らみます。

ひたすら買い増しをしてわずかに上がったタイミングで利益が確保できる状態まで耐えるか、耐え切れずに破綻するかのいずれかになってしまうのです。

 

こういった局面においてはナンピンマーチンゲール自動売買は非常に弱いと言えます。

 

デメリット④運用開始にはそれなりに資金が必要

ナンピンマーチンゲール自動売買は繰り返し触れますが、決済するタイミングが来るまで、どんどん増える出費に耐える必要があります。

 

そのため運用を開始するに当たっては十分な資金を用意しておく必要があるのです。

数回程度しか耐えられないと言う脆弱な資金量ではこのナンピンマーチンゲール自動売買を動かすことができません。

耐えて耐えて、最後に勝つ、そんなスタイルを地で行くナンピンマーチンゲール自動売買は、この耐えるという状況に対応できる潤沢な資金が必要とされるのです。

 

デメリット⑤簡単にプログラミングできる為、粗悪な自動売買が多い

買いポジションの場合ひたすら買って利益が出るタイミングで決済を行う、このようにシンプルな理論で投資を行うのがナンピンマーチンゲール自動売買です。

そしてシンプルが故に、多くの自動売買制作者が安易に開発できる仕組みとなっています。

 

そのため、レベルの低い粗悪な自動売買が数多く出回っており、導入すると致命的な損失を引き起こすものもあるのです。

こういった粗悪品をつかみやすいと言うのも、ナンピンマーチンゲール自動売買のデメリットと言えるのではないでしょうか。

 

FXナンピンマーチンゲール法の自動売買の見分け方とは?

ナンピンマーチンゲール自動売買は無数の種類があります。

その中でも、取引可能なナンピンマーチンゲール自動売買は一体どこを見て判断すれば良いのか。

見分け方も紹介していきましょう。

 

自動売買の取引ロジックの説明を確認する

自動売買の取引ロジックの説明を確認することから始めましょう。

粗悪なものは、勝利率の高さを前面に押しているだけでどういったロジック(自動売買のスペック)をなのか記載していないものも多くあります。

 

どのような流れで買い、または売りのポジションを作っていき、どういったタイミングで決済して利益を確定するのかと言ったものはもちろんのこと

純粋なナンピンマーチンゲール法なのか、それとも独自の理論を入れたナンピンマーチンゲールの類似品なのかと言ったものも調べる必要があるのです。

 

自動売買の取引履歴から判断する

自動売買の取引履歴が記載されているものを選ぶのはもちろんですが、内容も見ましょう。

 

一向に勝てずに悲惨な目になっていくのか、コンスタントに利益を出して言ってるのかと言ったものに注目します。

改ざんしているものもありますが、大手の自動売買サイトに公開されているものであれば信頼できる場合がほとんどです。

 

マーチンゲール自動売買のバックテストの特徴を確認する

バックテストは自動売買の性能を測る一つの指標です。

当然ナンピンマーチンゲール自動売買を導入する場合においても必ず確認を行っていきましょう。

 

トレンド相場に意外と強いものがあったり、逆に得意なはずのレンジ相場で決済できていないと言うものがあったりと、その自動売買に対する意外な特徴を知ることができます。

 

FXナンピンマーチンゲール法の自動売買のバックテストの特徴とは?

ナンピンマーチンゲール自動売買はバックテストを見るとその特徴が分かります。

 

綺麗な右肩上がりになっている

このバックテストの結果のラインは口座の残高のことです。

これがきれいな右肩上がりになっていれば順調に稼いでいるといえます。

 

綺麗な直線の途中にちょっとした凸凹がある

直線の途中に凸凹がある場合は途中で苦手な局面や得意な局面に入り一気に稼げたり、あるいは損失がたまったことを意味しています。

この凸凹が大きすぎるとやや不安定なナンピンマーチンゲール自動売買と言えますね。

 

Lotが固定になっている

Lotが固定になっているのは、ナンピンだけが活動していてマーチンゲールが動いていない可能性があります。

純粋なナンピン系自動売買の可能性があります。

 

FXナンピンマーチンゲール法の自動売買を使用する前の注意点とは?

ナンピンマーチンゲール自動売買を利用するのは悪いことではありません。

 

しかし、注意点を知らずに手を出すと大変な目に遭います。

その点について解説しましょう。

 

基本的にはハイリスクハイリターンの手法であることを理解する

冒頭でも触れたとおり、ナンピンマーチンゲール法は資金が投入金額に耐えられなくなった時点で終わりです。

 

この終わりと言うのは、莫大な損失を抱えたことを意味します。

耐えられば、その利幅の大きさにハイリターンを期待することができますが、投資金がなくなるとリスクも大きいと言うことをあらかじめしっかり理解しておくことが必要です。

 

負けにくくするために過剰ともいえる予備資金を用意しておきましょう。

 

最悪の場合には元本が0になるリスクがあることを理解する

どんなものもありますが、元本割れのリスクを超えて元本そのものがなくなります。

また、ロスカットも発生し、追加証拠金を抱えて立ち直れなくなることも少なくありません。

 

最悪というと確率が低いように思えますが、少しでも選択を間違えるとすぐ隣に存在する、これがナンピンマーチンゲール法の怖さです。

 

自動売買のナンピン設定が変更可能かどうかを確認する

ナンピンという手法自体、かなり攻撃的な投資方法です。

冒頭でも触れましたが、損失を出したら更に買い増しを行うと言うスタイルというのがその理由といえます。

 

このナンピンをより攻撃的なものにしたり、あるいはマイルドにしたりと言った設定変更ができるかどうかと言うのは、ナンピンマーチンゲール自動売買を選ぶ上で重要な目安になります。

そのため、導入前には事前にそういった点もしっかり確認しましょう。

 

長期間のバックテスト・フォワードテストからドローダウンの傾向を確認する

ナンピンマーチンゲール自動売買は、どんなに優秀な自動売買でも最後は致命的なドローダウンを起こして終わります。

このドローダウンの急激な下落がどんな場面で起こるのか、それを知るために長期間のバックテストやフォワードテストで検証しておく必要があるのです。

 

その上で初めてナンピンマーチンゲール自動売買を実戦投入するということが重要と言えます。

 

まとめ

ナンピンマーチンゲール法は、アグレッシブな投資方法同士であるナンピンとナンピンマーチンゲールを組み合わせた投資方法です。

どんどん投資額を増やし、さらに通常の心理では買わないような局面でガンガン注文するスタイルから感情を持たない自動売買との相性もいい投資方法と言えます。

利幅も大きく魅力的なものではありますが、利益が出るまで損失に耐え続けられる資金力が要求される手法でもあるのです。

 

そんなナンピンマーチンゲール自動売買は、ロジックをしっかり確認し、リスクなどを知った上で十分なバックテストやフォワードテストによって検証した後、実戦投入することをお勧めします。

 

また、どんなに最強と言われている自動売買であってもトレンド相場は苦手なのが共通の特徴ですが、

そんなトレンド相場への対応力と 、トレードの安定性をあわせもつ自動売買が実は存在します。

 

それは一般的にはMAMと呼ばれる自動売買システムですが、

MAMは自動売買とは違い急激なトレンド相場にも熟練したトレーダーの判断でリスク回避をして、自動売買よりも安定性が高いと考えられています。

 

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

自動売買(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

上記の項目の一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

数多くの自動売買(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年は自動売買よりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

 

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事