こんにちは!

シェリーです。

 

今回は、巷で今流行っているシステムトレードの詐欺の見分け方とは?実際に行われている詐欺の手口は一体どのような手口なのか?

について書きました。

 

 

FXは投資資金よりも大きなトレードできる投資方法で、為替差益で利益を出す手法ですが、取引には難しさもあります。

為替は常に変動があり、トレードを誤ると損失が次第に大きくなっていくことも多いです。

世界中のトレーダーがしのぎを削っており、初心者がその中で勝ち抜くには多くの勉強が必要です。

また、リスク管理を徹底するなど、損失を出した場合の備えも重要です。

 

 

このようにFXで勝つためには高いハードルがありますが、近年注目されているFXのトレード手法として「システムトレード」があります。

裁量トレードとは違って、システムトレードは自動売買で取引します

 

ツールに任せておくだけで質の高い取引ができるため、初心者にも人気を集めています。

 

しかし、「必ず儲かる」と称して詐欺のシステムトレードを売りつける事件も起こっています

利用には十分な注意が必要です。

 

システムトレードとは?

 

FXトレードには、「裁量トレード」と「システムトレード」の2種類があります。

 

裁量トレードはトレーダーによる手動の取引であり、通常の方法です。

FX業者の取引画面を使って、その時々の為替状況に応じてトレーダー自身の判断で売買を行います。

 

一方、システムトレードは、ツールを使った機械的な取引方法です

あらかじめ作成した取引規則に従って継続的に売買を行うため、放置して利用することができます。

 

裁量トレードのように取引画面に張り付く必要もなければ、難しいテクニカル分析も必要ありません。

機械任せであり、トレーダーにとっては最も楽な取引方法です。

 

 

システムトレードが人気を集める理由は、

初心者でも簡単な運用ができる点

と、

売買ルールに従った冷静な取引ができる点

です。

 

 

裁量トレードの場合は、感情的になって無駄な取引を繰り返してしまう危険性があります。

 

例えば、トレードに失敗して損失を出した場合に、早く損失を取り戻したいと思う気持ちは多くの人が持ちます。

そのため、不十分な分析のまま慌てて取引を行い、さらに損失を重ねてしまうことがあります。

結果的に証拠金の大半を失って、トレードができなくなるケースも多いです。

恐怖心や焦りが招いた事態ですが、人間が取引する以上は、どうしても感情が入る場合があります。

 

順調に利益を出しているケースでもリスクがあります。

まだ上がるのではないかと考え、含み益を決済することができず、その状態で今度は相場が逆方向に進むような事態です

せっかくの含み益が減り、今度は逆に含み損の状態になることもあります。

決済のタイミングを感情に任せていれば、このようなことになり兼ねません。

 

 

しかし、システムトレードであれば最初に決めた規則で取引をするため、感情による取引ミスを防ぐことができます

システムトレードには、「開発型タイプ」と「選択型タイプ」があります。

 

開発型タイプは、自分でプログラムする上級者向けです。

選択型タイプは、すでに用意された売買プログラムを選択して取引をする、初心者から中級者向けです。

 

システムトレードはなぜ詐欺が多いのか

システムトレードは売買判断から決済まで全てを自動で行うシステムであり、非常に魅力的なツールです。ここに目をつけて、投資詐欺を働く人が存在します。

役に立たないシステムトレードのツールを売りつけられて、多額の詐欺被害に合う事例が数多く報告されています。

 

特に初心者で、投資経験や知識があまりない人は、甘い言葉に騙される傾向があります。

 

詐欺師の誘導は巧みであり、必ず儲かるという言葉を説得力を持って信用させ、お金を出させます。

詐欺に気づいて連絡を取ろうとしても、すでに姿を消した後であり、泣き寝入りをする人が後を絶ちません。

 

投資詐欺に引っかからないためには、投資に関しての知識を自分で持つことが大切です。

 

システムトレードとはいえ、何の知識もない人が自動的に稼げるような簡単なものではありません。

投資詐欺に遭わないためにも、詐欺の手口についての知識を持っておく必要があります。

詐欺行為には特有のパターンがあり、冷静になれば事前に詐欺を見分けることも可能です。

 

システムトレードの詐欺に多い手口3選をご紹介!

システムトレードの詐欺に多いパターンとして、ここでは3つの代表的な手口について書いてみましょう。

理解しておけば、事前に被害を避けることも可能です。

サイトやSNSで必ず儲かる方法と宣伝

 

システムトレードの詐欺を行う業者などが利用するものは、サイトやSNSが中心です。

ホームページで誇大な宣伝をし、FXで稼ぎたい人の欲求を刺激します。

広告を利用して人を呼び込もうとする場合もあります。

 

また、SNSは非常に多くの人が利用しているため、詐欺師が暗躍しているケースがあります。

詐欺ツールを販売する常套文句としては、「必ず儲かる」という言葉がよく使われます。

 

FXで必ず儲かる方法はありませんが、投資に慣れていない人は、これをお得な情報として受け取ってしまう場合があります

 

実際にFX投資で損失を出した人が、逆転を狙ってこれらの言葉を鵜呑みにしてしまう場合もあります。

サイト上の宣伝文句は巧みであり、書かれていることが全て事実であるかのように印象づけられてしまうことも多いです。

 

効果的な写真や画像を多用し、動画を利用するなど、巧みなサイトのため信用してしまうことがあります。

SNSでも、システムトレードを利用していないにも関わらず儲かった個人の装い、「凄いツールがある」という投稿で人を騙すパターンもあります。

 

虚偽の実績を掲載して人を信用させる

 

通常であれば、必ず儲かるという宣伝は、どこか怪しいと感じるものです。

しかし、具体的なデータを掲載することで、見た人を信用させようとします

詐欺サイトでは虚偽のデータを掲載し、閲覧者を騙そうとします。

 

単に儲かるという言葉だけでは信じなくても、具体的なデータとして示されれば、その利回りの大きさに思わず興味を抱いてしまう場合があります

ツールを利用した結果、これだけの利益が発生したという実績を掲載していますが、全くの嘘であったり、別のツールのデータをそのまま引用するなど、悪質性が高いです。

 

実績を見る際は、フォワードテストなどの結果は偽ることが不可能なデータなので、最低限しっかりと確認すべきでしょう。

 

紹介制度を使って信用させる

 

ねずみ講のような違法行為で、販売網を広げていこうとする手口も多いです。

紹介者は多くの紹介料が入ってくるため勧誘に熱心であり、被害者の拡大につながります。

 

また、紹介制度を利用して、高額の投資セミナーに参加させるケースもあります。

 

ツールの使い方の説明と称して興味を引き、巧みに参加させます。

 

セミナー参加費用とツール購入費用で、二重の金銭的被害を受けるケースもあります。

特にセミナーは閉ざされた空間であるため、周りの雰囲気で騙されることに拍車がかかる場合があるため一層の注意が必要です。

 

無料のセミナーはどうか、というところですが、無料のセミナーではセミナー登壇者のメリットとして、高額のバックエンドが用意されていることがほとんどのため、そもそも行くべきではないです。

 

システムトレードの詐欺を見分け方を3つご紹介!

 

詐欺のパターンを知っておくことは、システムトレードの詐欺を見分ける有効な方法です。

ここでは3つのパターンを書いてみましょう。

 

ありえない高利回り

 

FXでは、レバレッジによって実際の証拠金よりも大きな取引が可能です。

日本の国内業者では、レバレッジが最大25倍であり、海外業者ではさらに高いレバレッジがかけられます。

小さな資金で大きな金額が目指せる点が、FX最大の魅力です。

 

そのため、詐欺のシステムトレードを販売する場合も、サイト上でありえないほどの高利回りを宣伝していることが多いです

他の投資では考えられない利回りでも、FXであれば事実のように感じてしまうことがあるため、注意が必要です。

 

FXが大きな利益を狙えることは事実ですが、実際のトレードでは勝ち負けを繰り返すのが通常です。

 

裁量トレードもシステムトレードも、その点は同じです。

機能性の高いシステムトレードを使って利益を出したとしても、含み損と含み益を繰り返しながら、少しずつ利益を重ねていくパターンです。

ありえない高利回りは、疑ってかかることが大切です。

 

「絶対に儲かる」「元本保証を確約」という言葉に注意

 

必ず儲かるという言葉は、投資詐欺によく使われる言葉です。

また、元本保証という言葉も頻繁に使われます。

 

言うまでもなく、FXで必ず儲かる方法などはなく、元本保証もありえません。

 

たとえシステムトレードであっても、利益が必ず出るような保証のあるものは絶対に存在しません。

このような言葉を使用している場合は、詐欺と判断し近づかないことが大切です。

リスク面も含めたFXに対する知識があれば、このような言葉が虚偽であることは一目瞭然です。

 

信頼できる業者かどうかを徹底的に調べる

 

よくわからない業者や個人から、システムトレードのツールを購入するのは非常に危険です。

誰が販売しているのかについて、よく調べることが大切です。

 

その際はネット検索を使って、その業者の情報や、販売ツールに関する口コミなどを確認することが効果的です。

詐欺ツールであれば、必ずその情報がネット上に出ています

 

 

また、販売元やツールに関する口コミがないものにも要注意です。

効果が出ているのであれば必ず話題になっているはずであり、情報がないのは不自然です

 

怪しげな販売元からは絶対に買わないという意識が、詐欺被害から身を守る方法です。

 

システムトレード詐欺の対処方とは?

 

システムトレードの中には、信頼性の高いツールも存在します

その多くは、著名な業者が提供しているものです。

 

実際に多くの人が利用し、実績も豊富であれば、システムトレードのメリットを大きく活用できる可能性があります。

 

もちろん信頼性の高いシステムトレードでも必ず儲かるというわけではありませんが、詐欺ツールではないため、正しい使い方をすれば効果の期待はできます。

そのためには、利用するシステムトレードがどのような機能を持ち、どのようなトレード方法で利益を重ねていくのかを理解しておくことが大切です。

 

機能面を理解せず、儲かりそうという理由だけで使用するのは、どんなに優秀なツールでも極めて危険です。

 

 

なぜなら為替相場は変動が激しく、たとえシステムトレードであっても、任せきりではそのうち大きな損失が発生する可能性があるからです。

信頼できる提供元のシステムトレードを利用し、ツールのメリットやデメリットもよく理解した上で利用することが大切です。

 

システムトレード詐欺まとめ

 

投資詐欺は頻繁に起こっており、自分は絶対に騙されないと思っていても、心の隙に乗じられることがあります。

大切なことは、情報に強くなることです。

 

一つの情報を鵜呑みにするのではなく、多方面から情報収集することで、客観的な判断も可能になります。

システムトレードでは高額販売をしているものも多く、騙されてしまえばそれだけ被害が大きくなります。

 

親しい人や投資に詳しい人から勧められたというような理由で購入するのも非常に危険です。

常に投資被害に遭う可能性があると考え、慎重な判断をすることが大切です。

 

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

EA(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

また、上記の項目の一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

数多くのMAMやEA(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年はEAよりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

 

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事