こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、XM TradingにMAM・PAMM口座はあるのか?について書きました。

 

 

XMとは、日本人にも大変人気がある海外FX業者の一つです。

この業者は自由度の高さやサポートの厚さなどが定評の業者でもあり、それが人気の秘密です。

 

 

今回、このXM Tradingの自動売買における仕組みについて、特にMAM・PAMM口座と言った話題に注目し、まとめました。

 

これを読めばきっと、XM Tradingの自動売買の体制について知ることができるのではないでしょうか。

 

それではXM TradingのMAM・PAM口座についてお話ししていきましょう。

 

 

この記事の目次

XMにMAM・PAMM口座はある?

結論を言うと、ありません。

 

XM Tradingはこれらの口座が存在しないというのが、質問の答えです。

そもそもこれらの口座は何なのかについて最初にお話ししていきましょう。

 

 

まずMAM(マム)口座とは、ミラートレードの一種です。

プロのトレーダーやファンドマネージャー(金融資産を運用する専門家、預かった資金の運用計画を立て、それを実行する職業)のFXにおける動きと全く同じ動きで売買をさせる口座になります。

 

これによって自分の口座内において、あたかもこれらの専門家が代わりに運用を行っているような資産運用が可能です。

 

 

次にPAMM(パム)口座とは何なのかをお話しします。

 

これは、実際に先ほどの専門家へ自分の資産を預けて代わりに運用を行ってくれる口座のことです。

なじみのある言葉を使えば、投資信託やファンドのFX版と言うものになります。

 

 

これらは仮想のプロトレードができるMAM、実際にプロトレードをしてもらうPAMMというのが特徴の違いです。

 

 

XM Tradingにはこれらの便利な投資方法が存在しません。

 

様々な理由が考えられますが、一番の理由として法律に触れるということが挙げられます。

金融や投資に関する法律は各国によって異なり、当然日本にも存在しているのです。

 

この日本の法律では、MAM口座に関しては違法性があるもののグレーPAMM口座に至っては無許可で資産運用を代わって行った場合は完全な違法になります。

 

 

 

XM Tradingは世界中で業務を運営しており、各国の法律に違法にならないようにするために様々な対応を行っているのではないでしょうか。

 

 

そのため、日本を始め各国で違法行為になり得るMAM・PAMMと言った取引方法を行っていない可能性が高いのです。

違法でない国も中には存在するかもしれませんが、様々な抜け穴を駆使して利用され、XM Trading自体がトラブルに巻き込まれる、そんなリスクを回避しているようにも見えます。

 

 

いずれにしてもこれらのトレード方法はXM Tradingで行われていないのです。

 

 

XM存在する3種類の口座とは?

XM Tradingには先ほどのように運用を代理で行ってくれる口座は存在しません。

 

しかし、それらに負けない魅力的な口座を揃えています。

それは以下の3つです。

 

 

マイクロ口座

・スタンダード口座

・XMTrading Zero口座

 

これらはそれぞれ特徴があり、使い分けることでFX取引を有利に進めることができます。

それでは、各口座の特徴についてお話ししていきましょう。

 

マイクロ口座

マイクロ口座は文字通り、小資金から始められる口座です。

 

わずか10通貨程度(10米ドル、1,100円程度)から始められるため、気軽に利用できる口座と言えます。

1ロットは1,000通貨単位、これはかなり少ないロットの換算値です。

この単位で取引が行われる仕組みになります。

 

 

おすすめしたい方は、初心者の方やフォワードテストを実戦形式でしてみたい方です。

少額から出来るので初心者の方にも敷居が低い口座ですから利用しやすいと言えます。

 

また、約定率もリアルそのもので、EA(自動売買)の挙動も本格運用時と同じです。

そのため、EAの実戦形式の動作テストや自分の理論の実践の場とするのにも適していると言えるのではないでしょうか。

 

とにかく気軽にできる、わずかな金額で実際の動きが分かるという体験のための口座と言うイメージがこのマイクロ口座です。

 

 

スタンダード口座

スタンダード口座はXM Tradingの基本となる口座です。

 

こちらは1ロット10万通貨単位と、マイクロ口座よりも取扱額が大きくなります。

レバレッジを考慮して主に10万円単位のお金を用意する必要がある口座です。

 

特徴は、スプレッド(売値と買値の価格差)の狭さ、特典の充実と言う点が挙げられます。

 

スプレッドの狭さは最低1pips(日本円の場合1銭)と非常に狭いものとなっているのが特徴です。

 

 

ただ、一番の特徴は特典と言えます。

なぜなら2020年4月現在、100%ボーナス口座と呼ばれる開設ボーナスが行われているからです。

 

 

この特典の内容は、例えば5万円をXM Tradingのスタンダード口座に入金すれば、その倍である10万円の証拠金でスタートできると言うものになります。

 

 

国内のFX業者はこういった特典を行っていないので、画期的な特典と言えるのではないでしょうか。

 

 

XMTrading Zero口座

最後に紹介するのが、XMTrading Zero口座です。

 

これは、XM Tradingの口座の中で最もスプレッドが狭い口座になります。

スキャルピングやEAなど頻繁な売買を行う場合に最適な口座です。

 

そういった運用スタイルをしたい方にとって、魅力的な口座と言えます。

本気でFXで利益を出していきたいという方におすすめと言う反面、最低の入金額が500米ドル(約5.5万円相当)と高めです。

そういったことから、玄人向けの口座と言えるのではないでしょうか。

 

 

ちなみにこちらの口座には特典はありません。

 

 

XMではMAMのような自動売買はできない?

XM Tradingでは残念ながらMAM・PAMM口座がありません。

 

それは先ほどお話ししましたが、代わりとなる方法はちゃんと存在します。

 

 

それは、MT4のシグナル機能を使うことです。

 

 

XM Tradingは取引ツールとして世界的に知られているMT4というツールを使用しています。

 

 

これには、MANやPAMMのように有名なトレーダーなど他者のトレード手法と同じ動きをしてくれるシグナル機能というものがあるのです。

この機能を利用すれば、自己責任と言う形にはなりますが、XM TradingでMAM・PAMMの代わりとなってくれます。

 

 

 

また、これ以外にも度々紹介してきたEA(自動売買)にも、人の動きをコピーするものではありませんがそれに似た動きをするものがあるのです。

 

これら2つの方法を利用することで、XM Trading自身がMAM・PAMM口座を用意していない代わりに、似たことをMT4上で展開することができます。

これら2つのパターンについて、次の項目でお話ししていきましょう。

 

 

XMでMAMの代わりに使える自動売買の2つのパターンとは?

XM Tradingで行うことができる自動売買の2つのパターンは、先ほど紹介したEAとMT4のシグナル機能(コピートレード)です。

 

これら2つはどのようなものなのか、またどういった特徴があるのかと言ったことを含めて紹介していき、まとめました。

 

 

EA(自動売買ツール)を活用する方法

EAとは文字通り自動でFXの売買を行ってくれるものです。

やや踏み込んでお話しすると、MT4に自動売買を行う機能を入れるソフトウェアのような存在で、このEAをMT4へ導入することで、人の手を介さず自動で売買を行ってくれます。

 

この機能のメリットは、自分に合ったものが選べること、そして設定の自由度が高いことです。

 

EA自体は無料のもの有料のものを含めると、非常に多くの種類があります。

この中から自分の取引スタイルに合ったものや、先ほども触れたMAM・PAMMのような動きのEAと言ったものを選んで導入することで、活用が可能です。

 

 

設定の自由度もかなり高いと言えます。

停止するタイミングも自由ですし、投入するロットの数なども調整可能です。

もちろん売買の設定も自在ですから数値の意味を理解することができれば、自分のイメージする売買を行わせることでもできます。

 

こういったメリットがあるため魅力的なものと言えるのではないでしょうか。

 

 

MT4のシグナル機能(コピートレード)を活用する方法

XM Tradingの取引ツールであるMT4には、シグナル機能というものがあります。

 

これは、一言で言うと自分の取引行動を配信している人とマッチングさせて配信者の取引の動きと配信の動きをリンクさせる機能です。

 

 

例えば、Aさんと言う人が配信しているトレード手法が良いなと思ったら、Aさんのトレードの動きをシグナル機能でマッチングさせて自分の口座でAさんと同じ売買の動きをさせます。

 

これによってAさんのトレードと同じ取引を行わせることができるのです。

 

 

この機能を使えば、この配信者と同じ動き、つまり実質的な配信者のMAM口座を作ることができます。

 

 

XMMAMのような自動売買をする為にMT4のシグナル機能を利用する方法とは?

先ほどの項目で紹介したMT4のシグナル機能を知って、限りなくMAMやPAMMの代わりになると感じた方も多いのではないでしょうか。

 

実際にこのシグナル機能は、XM Trading上でMAMやPAMMの代わりになりうるものと言っても過言ではありません。

そんなシグナル機能について本物のMAM口座と何が違うのか、特徴はどんなものなのかと言った点について紹介していきましょう。

 

 

MT4のシグナル機能とMAM口座の違い

最初に紹介したいのが、MT4のシグナル機能とMAM口座との違いです。

 

これはタイムラグの有無、FX業者と関わりがあるかどうか、この2点が最も異なる点と言えます。

 

MAM口座は専用の口座であるため、ミラートレードであってもシームレスに取引が行われるというのが特徴です。

 

例えば、トレーダーが売り注文を行った瞬間に自分のMAM口座でも売り注文が行わるというイメージになります。

 

一方で、シグナル機能は機能こそMAM口座に似ているものの、専用口座ではないため、若干の時間差が生まれるのです。

 

ある程度期間の長いトレード(デイトレードや長めのスイングトレード)であれば問題ありませんが、スキャルピングのような数秒単位で行うトレードの場合、やや不利になることもあります。

 

 

また、MAM口座はFX業者の公式サービスなのに対し、シグナル機能は非公式です。

 

そのためMAM口座はサポートを受けられたリ、FX業者が認めたトレーダーを起用したりしているという特徴があります。

 

一方シグナル機能は、非公式なのでサポートを受けられない可能性が高く、トレードをする配信者の実力や信用度を自分で見極める必要があるのです。

 

こういった違いがあるものの、シグナル機能は気軽に利用できることや細かい契約をする必要がないと言った点があり、必ずしもMAMより劣っているわけではありません。

 

 

MT4のシグナル機能(コピートレード)の特徴

MT4のシグナル機能の特徴は、設定が簡単ということに尽きます。

 

極力難しい設定を取り払ったシンプルな機能のみを用意していますから、初心者でも簡単に導入できるのです。

設定項目としては、

 

・どのくらいの投資額を投入するか

・どのくらいの損失で停止するか

 

といった2~3項目程度の設定値をこちらで設定するだけで望ましい結果を得ることができます。

通常のEAよりもシンプルで分かりやすく、MAMのような手続きもないため、配信者さえきちんと選べれば稼ぐことができるシステムと言えるのです。

 

他にも様々な特徴が存在しますが、その特徴に関しては次の項目でメリットあるいはデメリットという形でまとめました。

 

言い換えれば、MT4のシグナル機能は、それだけ豊富な特徴を持っているという見方もできます。

 

ただ、一番の特徴としては、今お話しした通り、とてもシンプルであるということです。

 

それではXM TradingにおけるMT4のシグナル機能について、次の項目で解説していきましょう。

 

 

XMMAMのような自動売買をする為にMT4のシグナル機能を利用する場合のメリット・デメリットとは?

XM Tradingでトレーダーが専用口座で行うMAMやPAMMと言ったトレードの代替となるのが、先ほどからお話しているMT4のシグナル機能です。

 

このシグナル機能はどんなメリットやデメリットがあるのかと言うと先に大まかにまとめると以下の通りです。

 

 

シグナル機能のメリット

 

・豊富な種類

・安価または無料

・虚偽がないトレード実績

・ブローカーの制約がない

 

 

シグナル機能のデメリット

 

・1つの口座に1シグナル

・見極めが難しい

・勝てないものは全く勝てない

・定期的に見直しが必要

・遅延がある

 

 

これら10の特徴を持っているのが、MT4のシグナル機能です。

この特徴についてどんなものなのかを1つずつ紹介し、解説していきましょう。

 

 

メリット①とにかくシグナルの量が豊富

メリットとして最初に挙げられるのが、シグナルがとにかく多いということです。

 

一人のトレーダーが複数のシグナルを配信していることも珍しくなく、様々なものを選ぶことができます。

これはとても魅力的であり、自分のスタイルに合ったシグナルを見つけることも不可能ではありません。

 

 

メリット②無料のものが多く、有料のものも高額ではない

シグナルは無料のものが多いのが特徴です。

 

最近は徐々に有料のものが増えてきましたが、数米ドルから30米ドル(数百円から4,000円程度)の月額料金で使用できます。

MAMだと利益の20%という高額なものも多いため、それと比較するとかなり安価なものが多いと言えるのではないでしょうか。

 

 

メリット③シグナル機能の設定が簡単

シグナル機能の設定が簡単です。

先ほども触れましたが数項目の設定だけで後は自動で売買が行われていきます。

 

繰り返しますが、トレーダー選びさえ上手くいけばとても簡単です。

 

 

メリット④それぞれのシグナルの実績は正確(虚偽不可)

シグナルの実績に関しては透明性があります。

 

そのため、よりよく運用成績を見せたいと考えて虚偽の実績を公開することは困難です。

そういった特徴があるため、データには信頼性があり、選ぶヒントとして役立ちます。

 

 

メリット⑤MT4を稼働できれば利用可能な為、Brokerを選ばない

MT4は様々なFX業者(利用Broker)で利用可能な取引ツールです。

 

そのためMT4さえ稼働できれば、どんなBrokerでもこのシグナル機能を利用することが可能と言えます。

ごくまれにシグナル機能を禁止しているBrokerがいますが、XM Tradingに関しては黙認されているため、簡単に利用できるのです。

 

 

デメリット①1つの口座は一つのシグナルのみでしか利用不可

デメリットも紹介してきましょう。

 

1つの口座には1つのシグナルのみでしか利用できません。

例えば、自分が口座開設して、いくつかのペアで取引を開始したとします。

 

しかし、ここで使えるシグナルは1つだけなのです。

そのため、複数のペアで様々なシグナルを使いたい場合は各ペアごとに口座を複数用意しましょう。

 

 

デメリット②本当に勝てるシグナルを見分けるのには時間がかかる

シグナルは一見成績の良いものを選べば問題ないように思えます。

 

しかし、これは一時的にうまく行っている、あるいは偶然成績が上がったというものも多く含まれているのです。

 

実際に有料のシグナルであっても負け続けているものがあったり、契約した瞬間に急激に調子を落とすシグナルも存在したりしています。

 

そういった意味で契約後も勝てるシグナルを見つけるというのはとても時間がかかり、見極めも難しいのです。

 

 

デメリット③勝てないシグナルを利用すると損し続ける

有名トレーダーであればある程度勝てることもありますが、シグナル配信者はアマチュアもかなり含まれています。

そのため、そういったアマチュアのシグナルを選んでしまうと全く勝てないことも珍しくありません。

そうなるとひたすら損を積み重ねていくことになります。

こういったケースも珍しくない、という点に注意しましょう。

 

 

デメリット④利用しているシグナルの実績を見直す必要がある

時期によって、利用しているシグナルの運用成績は変化します。

その変化するタイミングを見極めることも大切と言えるのです。

 

定期的にシグナルの実績を見直し配信者を変更する、そういった操作が必要になるという点もデメリットと言えます。

 

 

デメリット⑤シグナルには多少の遅延が発生する

前の項目でもお話ししましたが、シグナルはシームレスではありません。

 

そのため、若干のタイムラグ、遅延が発生します。

この遅延がときに損失の原因になることも多いため、注意して利用することが重要なのです。

 

 

XMでなくMAM口座に対応しているBrokerを利用する方法

XM Trading以外にも多くのFX業者(Broker)がいます。

 

シグナル機能だけでは不満という方は、思い切ってMAMやPAMM口座を設定しているBrokerを選ぶというもの有効な手段です。

 

ここでは、そんなMAMやPAMM口座を開設しているBrokerを紹介しましょう。

 

 

Traders Trust

 

 

透明性の高さで定評のあるBrokerです。

 

こちらは、完全A-Bookの業者といって業者の手元で相場を管理しているのではなく、きちんと資金をインターバンクと呼ばれるフェアでオープンな業者間のトレードに流しています。

 

 

 

また、MAMやコピートレードサービスも充実しているのも注目です。

 

 

FXOPEN

 

スキャルピングやEAの制限がない、自由度の高いBrokerです。

 

会員ページや口座開設ページ、ランディングページなどは日本語に対応しているもののメインページは英語なので、ある程度慣れた方が利用するというスタイルをおすすめします。

 

海外Brokerとしては珍しく、追加証拠金の制度があるので、その点には注意しましょう。

 

 

HotForex

 

欧米ではメジャーなFXのBrokerです。

 

このBrokerの特徴は、MAM口座に対応しているトレーダーの質が高いということが挙げられます。

金融の本場である欧米でも実力派のトレーダーが多数在籍しているため、高い運用成績が期待できると言うのも魅力です。

 

ただし、成果報酬形式なので利益の何割かがトレーダーに支払われるという仕組みで、やや費用が掛かるという点がデメリットと言えます。

 

 

BigBoss

 

BigBossは透明性の高い取引を行うA-BOOK方式を採用しています。

 

これは、先ほど紹介したTraders Trustと同じシステムです。

日本語のサポートもあるため、安心して利用できるというのもメリットと言えるのではないでしょうか。

 

最大555倍のレバレッジも魅力ですが、適切なトレーダーを選択しないと大変な損失を被るという点に注意が必要です。

 

 

AXIORY

 

狭いスプレッドや強力な約定力、そして透明性の高さなど、スキャルピング系のトレーダーでMAM・PAMM口座を利用したい業者におすすめです

 

証拠金をきちんと信託保全(Brokerが万が一倒産しても証拠金の全額返金が可能な体制)しているので安全な業者でもあります。

 

ボーナスや特典はありませんし、入金に手数料が発生しますが、それでも利用しやすいBrokerの一つに数えられます。

 

 

FIBOGroup

 

オーストリアの金融グループが提供しているキプロスを拠点とするFXのBrokerです。

 

FX以外にも株式などのCFD(指数を元にした取引)、貴金属の取引など様々なサービスを展開しています。

 

FXに限らず他の投資も海外業者で利用したいと考えている方にとってトータルの取引が可能な業者と言えるのではないでしょうか。

 

 

最大レバレッジも圧巻の1,000倍です。

 

 

まとめ

XM Tradingは充実した特典や、日本語サポートもしっかりしていることから日本人にも人気がある海外のFX業者です。

 

しかし、XM Tradingではトレーダーがこちらに代わってFXの運用をしてくれるミラートレードのMAM口座や、トレーダーに一任できるPAMM口座を開設することは行っていません。

 

 

そのため、取引ツールであるMT4にEAによる自動売買を導入したり、機能の一つであるシグナル機能を入れることでその代用を行う必要があります。特に、シグナル機能はミラートレードに近い機能なので、実質的なMAM口座のような取引を可能としますが、遅延があるなどの弱点や種類が多すぎて、選ぶのが難しいと言った弱点も少なからず存在するのです。

 

そんなシグナル効果の欠点が気になる方は、最後に紹介したMAMやPAMM口座を開設している海外のBrokerと契約し、取引をするという方法を取るのも良いでしょう。

MAMはEAとは違い急激なトレンド相場にも熟練したトレーダーの判断でリスク回避をして、EAよりも安定性が高いと考えられています。

 

最後に紹介したBrokerはいずれも比較的利用しやすく透明性の高い業者ですから、これらのBrokerを軸に自分で見極めたうえで選択を検討してみるというのもおすすめの方法です。

 

また、以下の項目で一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

EA(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

数多くのEA(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年はEAよりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

 

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事