こんにちは!シェリーです。

 

 

今回は、巷で流行っているポケトレというサービスについて、内容を深掘りしていきたいと思います。

 

 

FXを始めたばかりの方、忙しいけど収益が欲しいという方には、EAやコピートレードといった自動売買システムがとても重宝するでしょう。

 

 

プログラミングあるいは別のトレーダーが自分の代わりにトレードを行ってくれるので、手間がかからない、かつ自分にトレードスキルが無くとも成果を上げることができます。

 

 

しかし、これらの中には全く利益が出ない詐欺まがいの商品が存在するというのも事実です。

 

 

ポケトレは比較的利用者の多い人気のコピートレードサービスとなっていますが、

不透明な部分、悪い噂・口コミなどが多く見受けられています。

 

 

ポケトレが実際にどのようなサービスなのか、様々な角度から解説していきますので、もし利用を検討している方や既に利用している方がいらっしゃいましたら、参考にしてください。

 

 

➡︎ 「ぶっちゃけます」ポケトレの悪い情報までスキップ ⬅︎

 

ポケトレFXとは?

ポケトレは、海外に拠点を置くMARKET PROFILE LTDという会社がサービスを提供しています。

以前はインスタントレードというサービス名でしたが、現在はポケトレという名前に変更されているという経緯です。

 

 

XMなどの大手海外FX業者は日本でも名前が浸透しているので問題ありませんが、

海外業者は急に連絡が取れなくなったり、緊急時の対応が不十分だったりするので、最悪のケースを想定しながら自己責任で利用しなければいけません。

 

ポケトレの特徴

ポケトレ最大の特徴は、優秀なトレーダーのトレードをコピーできる

コピートレード(ソーシャルトレード)

であるということです。

 

 

仕組みはMAMと一緒ですね。

 

 

コピートレードとは、自分の取引口座を第三者の口座と同期することで、全く同じポジションを持てるというものです。

利益をたくさん出しているトレーダーと口座を同期すれば、自分もご相伴にあずかれるというわけですね。

 

 

しかもポケトレは口座開設が無料、かつ日本語にも対応しているため、海外業者にしてはサービス利用までのハードルが低いです。

 

 

 

ポケトレFXを使うメリットとデメリットとは?

それでは、ポケトレを利用することで具体的にどのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

 

ポケトレFXを使うメリット

ポケトレのメリット

・FX初心者でも気軽に始めることが可能 

・FXの知識がなくても運用をお任せできる

・レバレッジが500倍まで可能

・スマホでも簡単に取引を行える 

 

それぞれ解説していきます。

 

FX初心者でも気軽に始めることができる

ポケトレは、FXを始めたばかりの初心者でも気軽に始めることができます。

 

 

FXトレードを実際に行う時に必要なテクニカル指標とそのパラメーター設定などの知識が基本的には不要で、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、ポケトレを利用できるデバイスがあれば問題ありません。

 

 

また、ポケトレの登録フォームは完全日本語対応となっているのでスムーズな登録が可能です。

万が一登録が上手くいかなかったとしても、日本語での問い合わせが可能なので誰でもすんなり登録ができるでしょう

 

FXの知識がなくても運用をお任せできる

FXを始めたばかりの時は、自分のトレードスタイルなどが確立されていないため、どうしても手探りしながらのトレードになってしまいます。

その中から勝率の高いトレードや利益率の高いトレードを発見していくことで、初めて勝利への一歩となります。

 

 

ただ、それは口で言うほど簡単なことではなく、長期間勉強と検証を積み重ねて初めて土俵に立てるような世界です。

 

 

FXを初めてすぐに損失が膨らみ、

「勝てない」「面倒くさい」

というイメージ付いてしまうことで、為替市場からリタイアしてしまうケースが圧倒的に多いのです。

 

 

一方で、ポケトレはプロにトレードを任せるだけなので、FXの知識が無くとも質の高いトレードが実現します。

運用は全てプロが行い、自分はただお金を預けて結果が出るのを待つだけで良いのです。

 

レバレッジが500倍まで可能

ポケトレでは最大500倍のレバレッジをかけることができるため、証拠金が少なくても多くのポジションを持つことが可能です。

国内FX業者では最大25倍までしかレバレッジがかけられないので、より効率的に利益を出すためには多くの必要証拠金が必要になります。

 

 

例えば、USD/JPYが110円の時に10万通貨分のポジションを持つ場合の必要証拠金は、

 

 

・国内FX業者 : 440,000円(110*100,000/25)

・FXのポケトレ : 22,000円(110*100,000/500)

 

 

となり、ポケトレは国内FX業者の20分の1で済んでいることが分かります。

高いレバレッジはリスクも大きいですが、上手に使えば少ない資金で大きな利益を出すことができ、あまりお金がない人にとってはありがたい話です。

 

スマホさえあれば運用できる

ポケトレは、スマホさえあればいつどこでも運用を始めることができます。

FXといえばパソコンのモニターに張り付くイメージを抱かれるかもしれませんが、ポケトレはちょっとした隙間時間や通勤中などに活用できるのが非常に便利です。

 

 

また、国内のFX業者によくあるスマートフォン専用アプリが存在するため、それをiTunes StoreやGoogle Playストアでダウンロードして使う形になります。

専用アプリということで、使い勝手や操作性という面に関しては安心して良いでしょう。

 

ポケトレFXを使うデメリット

ポケトレには様々なメリットがありますが、当然デメリットも存在するため、しっかりと把握しておく必要があります。

 

ポケトレのデメリット

・トレーダーの実績を頻繁に確認していく必要がある 

・最低投資金額の3万円を用意する必要がある 

・出金時の手数料が高い 

・有事の際のサポート体制は不明瞭 

 

それぞれ解説していきます。

 

トレーダーの実績を頻繁に確認していく必要がある

ポケトレに限らず、全てのコピートレードではコピー元となるトレーダーの実績を逐一確認しておく必要があります。

 

 

フォロー(コピー)する基準は人によって様々だと思いますが、もしフォローした時点の成績が優秀だったとしても、今後その成績を継続できる保証は無いですよね。

短期間で大きな利益を上げることもあれば、運悪くフォローした直後に大きな損失を出してしまうこともあるでしょう。

 

 

そしてそれを防ぐためには、そのトレーダーの実績を頻繁に確認し傾向を把握しておかなければいけません。

 

 

いくら優秀なトレーダーとは言えど、長い間結果を確認しないというのはリスクが大きすぎるので、コピートレードだからこそ数値をまめにチェックするようにしましょう。

 

最低投資金額の3万円を用意する必要がある

ポケトレでは初回入金額が最低3万円となっていて、2回目以降は1万円からとなります。

この3万円という金額は国内業者で投資をしている人からすれば比較的小さな金額に感じますが、実はそんなことはありません。

 

 

例えば、海外FX業者の有名どころであるXMでは、自動売買(EA)が可能、かつ最低入金額は500円です。

 

 

ポケトレは自分でEAを探す手間が省けるという点では嬉しいのですが、お小遣いなどで取引をしたい人にとっては3万円はハードルが高いかもしれません。

いくら高レバレッジだったとしても、最低入金額が高くては意味がありません。

 

 

また、入金時には手数料がかかります。

ポケトレの入金方法は以下の3種類です。

 

ポケトレの入金方法

・銀行振込

・Pay-easy

・クレジットカード

 

例えば、銀行振込には1,000円の入金手数料がかかります。

つまり、銀行振込で初回の入金を行う場合には、最低でも31,000円が必要だということです。

 

 

正直、入金手数料で1,000円もの金額を取る業者は珍しく、これに関してはユーザーにかなり不親切な要素だと言えるでしょう。

 

出金時の手数料が高い

ポケトレは海外業者なので、口座から利益を出金する際は海外送金という形で自身の銀行口座に入金されます。

海外FX業者の利用経験がある方はお分かりかもしれませんが、海外送金は複数の銀行を経由するため手数料が高くなりがちです。

 

 

FXのポケトレを運営しているMARKET PROFILE LTDの口座とユーザーの持っている日本の銀行口座同士で直接送金を行うわけではなく、海外の通貨(ドル等)と日本円を建て替える中継銀行などが介入し、初めて日本円での出金が可能になるのです。

 

 

その分の手数料をトレーダーが負担する形となり、結果出金手数料が高くなってしまうというロジックです。

 

 

ポケトレの出金手数料は2,500円となっていますが、正直これは海外業者の中でもかなり高い部類です。

せっかく利益を出しても手数料が高すぎては本末転倒になってしまうので、出金回数をなるべく減らすなどの工夫をしないと利用価値が低くなってしまいます。

 

有事の際のサポート体制は不明瞭

投資を行うということは、その業者にお金を預けるということです。

預けるわけですから、万が一(業者が倒産する等)の時にも、信託保全先からトレーダーへお金が返還されるのが普通です。

 

 

国内FX業者の場合、三井住友銀行やみずほ銀行といったメガバンクと提携していることが多く、万が一の時どのようにお金がユーザーに返還されるかの説明が記載されています。

 

 

しかしポケトレでは、有事の際の対応や信託保全に関しての説明が無く、預けたお金が戻ってくる仕組みどころか、戻ってくるかどうかすら分かりません。

これだと、問い合わせても全く連絡が取れずお金が永遠に戻ってこないという状況になる可能性があります。

 

 

ポケトレFXの評判や口コミから見ると詐欺?怪しすぎる7つの疑惑を徹底解説!

コピートレードはFX初心者でも稼ぎやすく参入しやすい投資です。

稼げるなら一日でも早く始めたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

しかし、「美味しい話には裏がある」という言葉があるように、このポケトレにもいくつか怪しい点があるのです。

これをしっかりとした上で、利用するしないを決めるべきだと思います。

 

 

怪しい点は以下の7つです。

 

ポケトレの怪しいところ7つ

・インスタントレード(旧サービス)からポケトレ(現会社)に改名

・現会社のプロフィールに代表者名、連絡先が明記されていない

・旧サービスでは詐欺商品として集団訴訟する運動が起きた 

・フォローできる人(コピー元となるトレーダー)の実績が詐称されていた

・関東財務局によって違法業者に認定された過去がある

・高単価でステルスマーケティングを依頼している

・勝率95%以上のトレーダーがたくさんいる 

 

これだけ怪しい点があるということは、それだけのリスクを承知した上で使う必要があるということです。

 

 

それでは、各項目をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

インスタントレード(旧サービス)からポケトレ(現会社)に改名

ポケトレは、2020年3月21日にサービス名の変更を行なっています(インスタントレード→ポケトレ)。

 

 

サービス名を変えると今まで積み上げてきた認知度がリセットされてしまうというデメリットもあるので、よほどの理由がない限り行わない施策です。

 

 

よくあるケースが運営会社の変更で、これに関してはどこの業界でもあり得る話です。

一方で、ネガティブな理由でサービス名を変更する場合もあります。

 

 

それが、「過去の不祥事を隠蔽することを目的としたサービス名変更」です。

 

 

 

後者の場合、悪質なサービスである可能性が非常に高いです。

サービス名を変えることで、ユーザーは会社情報を詳しく調べない限り、全く新しいサービスだと思い込んでしまいます。

業者はそれを意図的に狙っているのです。

 

 

https://instan-trade.com/pockettrade/index.html

参照:インスタントレード

 

現会社のプロフィールには代表者名、連絡先がない

ポケトレの公式サイトには会社概要のページがありますが、そこには代表者の名前や連絡先の記載が一切ありません。

お問い合わせフォームが用意してあるのは当然として、直接電話で問い合わせたい人向けに電話番号を載せておくことが一般的です。

 

 

余談ですが、

会社概要に記載されている「MARKET PROFILE LTD」という企業名を検索にかけてみると、貿易会社のホームページがヒットします。

 

 

しかも、このMARKET PROFILE LTDのホームページに記載されている会社所在地は、ポケトレのホームページに記載されている所在地と全く同じであり、ホームページの作りも類似しています。

 

 

もし仮に、この貿易会社がポケトレの運営会社なのであれば、会社の事業内容にポケトレが記載されていないというのはおかしな話なのです。

 

旧サービスは詐欺商品として集団訴訟に向けた運動が起きた

旧サービスのインスタントレードでは、出金不備や口座残高喪失という悪意のあるトラブルが相次ぎました。

 

 

以下は、集団訴訟プラットフォームMatoMaに書かれていた一文です。

 

「2月12日 16時から16時30分の間に、私の口座残高が突然0円になりました。
口座残高は40万円を超えており、含み損は20万円程度。ポジション数が27まで膨らんでいましたが、私の計算では保証金率は200%を超えていました。
フォローしている2名の為替がそのころに大幅に変動した形跡もありません。
取引履歴を見てもロスカットはされていません。
もちろん、出金依頼もかけていません。
現在、問い合わせをしていますが、今のところ回答がありません。
同じような問題に面している方いらっしゃいませんか?」

(引用元 : https://mato.ma/project/instan-jtbridge)

 

これだけでもかなり悪質ですが、他にも多くのトラブルが報告されていました。

 

 

このことから、旧インスタントレードはネガティブな理由でポケトレにサービス名を変更したのだという背景を読み取ることができますね。

 

フォローできる人の実績が詐称されている

ポケトレはトレーダーをフォローすることでコピートレードを行うシステムとなっていますが、

実績が詐称されていたと思われても不思議じゃないくらい負ける人が続出しています。

 

 

以下は口コミサイトに実際に書かれていた一文です。

 

「インスタントレード 9/4 夜
 おっ!?珍しくプラスになってるじゃん!!と思ったらやっぱり含み損 プロの意地見せてみ~や」
(引用元 : https://mobile.twitter.com/gVeJ6dYQIb4vlI0/status/1169196333988597760)

 

『本当に稼げるのか検証のために「インスタントレード」始めてみました。初日3万円1口でトレーダーをフォロー、初日から2万6千円の損益。収益額も勝率も高く、フォロワーも多いトレーダーでしたが全然稼げない。どのトレーダーをフォローすればそんなに稼げるの?』
(引用元 : https://mobile.twitter.com/star13joker/status/1220320269702582272)

 

 

このように、実績を信じてフォローしたとしても勝てない場合が多いようです。

 

 

本当に実績を出している優秀なトレーダーが集まっているのであれば、一時的に負けることはあったとしても、負けが続出なんて状況にはなりにくいでしょう。

本当に優秀なトレーダーは、読めない相場で無茶なトレードは行いません。

 

 

こんなことでは、「ポケトレは実績を詐称している」と疑われても仕方がありません。

 

関東財務局によって違法業者に認定された過去がある

ポケトレは、インスタントレードの名前でサービスを展開していた時期に、関東財務局によって違法業者と認定されています。

その理由は、無許可で金融商品取引業を行ったからです。

 

 

FXなどの金融取引業を行う場合には必ず許可が必要であり、国内で有名なFX業者はしっかりと許可を取った上でサービスを提供しています。

今となっては名前がポケトレに変わっていますが、金融・投資業界において過去に違法業者と認定されているという事実は信用度に致命的な影響を与えます。

 

http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032000765.html

参照:関東財務局

 

高単価の報酬を与えてステマ依頼を行っている

アプリケーションストアのポケトレの評価を見てみると、明らかに良すぎる評価が付いています。

例えば、iTunes Storeでのポケトレアプリの評価は「4.1/5.0」と、非常に高評価です。

 

 

しかし、ここには不可解な点があります。

 

 

それは、高評価を付けているユーザーのコメントが、本当にアプリを使ったことがあるのか怪しいぐらい適当な内容になっているという点です。

逆に、低評価を付けているユーザーのコメントは理由がしっかりと書いてあり、こちらのコメントの方が信憑性や説得力があります。

 

 

そして、このような状況はステマ(ステルスマーケティング)と呼ばれるマーケティング手法を使っているサイトやアプリに多く見られる傾向にあり、ポケトレもステマを行っている可能性が高いと言えます。

 

 

ちなみに、サクラ・やらせなどの「企業から報酬をもらい利用者になりすまして高評価を付ける行為」というのも、ステマに含まれます。

 

勝率95%以上のトレーダーがたくさんいる

どんなに稼いでいるトレーダーでも、トレードの勝率を95%に持っていくことは非常に困難です。

ましてや、そんなトレーダーが一つのサイトに集結しているのは明らかな異常事態で、前述の通り実績の詐称が行われている可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

実際、僕の知人で億超えの利益を出している熟練トレーダーの方でさえ、勝率70%程度です。

 

 

そんなFXトレードの現実を知っている身からすると、勝率が95%以上のトレーダーだらけという状況には胡散臭さしか感じません。

 

 

また、これは断言しますが、FXで重要なのは勝率ではありません。

勝率と平均損益のバランスを表すリスクリワード(損益レシオ)こそが最も大事な要素です。

 

 

ポケトレFXを始める前に覚悟するべき3つのこと

怪しい点が多く悪い口コミも多いポケトレですが、それでも利用してみたいと考えているのであれば、以下の3つのポイントを理解した上で利用するようにしてください。

 

ポケトレを利用する前に必ず理解すること

・過去に問題があったサービスであること

・ポケトレに関するネット上の口コミは一切信用できないということ

・投資した資金がゼロになっても構わないという気持ちで始めること

 

過去に問題があったサービスであること

ポケトレは現在サービス名が変わっているといえ、過去に問題があったサービスであることは事実です。

今後、出金拒否や残高操作などのトラブルが発生しないという保証はありません。

 

 

自分の大切なお金が、明らかな悪意で騙し取られる可能性があることを覚悟しておきましょう。

 

ポケトレに関するネット上の口コミは一切信用できないということ

ネットに書かれている口コミは信用できず、自分の実体験こそが真実です。

結局のところ、実際に利用しない限り本当のことはわかりません。

 

 

とは言っても、どうせ利用するのであればある程度の事前情報は欲しいところです。

その場合は、良い口コミよりも悪い口コミの方を重点的に見ておくことをオススメします。

 

 

良い口コミに関してはステマの可能性がありますが、悪い口コミというのは実際に利用した人が書いた可能性が高いからです。

特に、ポケトレを利用する以上は最悪の事態を想定しておかなければいけないため、悪い口コミを十分把握したうえで利用するべきです。

 

投資した資金がゼロになっても構わないという気持ちで始めること

ポケトレは海外業者が運営しているサービスであり、信託保全が明確に記載されていません。

これは、トレード以外の何かしらの理由(業者の倒産など)で資金が失われた時に、そのお金が保証されないことを意味します。

 

 

つまり、ポケトレを始める場合は投資資金がゼロになっても構わないという気持ちで始める必要があるのです。

 

ポケトレFXの始め方

次に、ポケトレの始め方についてですが、これは非常に簡単な流れとなっています。

 

ポケトレを始める3つのステップ

① 口座開設 

② 入金手続き 

③ トレーダーのフォロー 

 

順番に解説していきます。

 

口座開設

ポケトレの口座を開設するには、ホームページの上部および下部にある「口座を開設する」ボタンをクリックします。

すると、会員情報入力フォームが表示されるので、メールアドレスや生年月日などの項目を入力していきましょう。

 

 

また、免許証などの本人確認書類(画像データ)をアップロードする必要があります。

の時に注意点としては、アップロードしたデータが不鮮明であったり、一部が途切れていたりすると、審査が遅れたり再提出を求められることがあります。

アップロードする本人確認書類の写真を撮影する時は、書類全体が鮮明に写るように撮影しましょう。

 

 

会員情報入力フォームの入力と本人確認書類のアップロードが完了したら、資金を入金していきます。

 

入金手続き

入金手続きは、メニューの「入金依頼」から行うことができます。

入金額と入金方法を決め、入金作業を進めていきます。

 

 

また、入金方法は以下の3種類となっています。

 

・銀行振込

・Pay-easy

・クレジットカード

 

トレーダーのフォロー

ポケトレでは、トレーダーをフォローをすることで初めてコピートレードを開始することができます。

フォローの流れは、ホーム画面に一覧表示されているトレーダーの中から気になる人をクリックし、内容が気に入ればフォローするという形になります。

 

 

その際は、そのトレーダーがこれまでにどのような数値を出しているのか(勝率など)のデータを参考にすると良いでしょう。

 

 

また、トレーダーのアイコンをクリックすると過去の取引履歴を見ることができるので、どのように利益と損失を出しているのかを必ずチェックしておきましょう。

 

ポケトレFXでトレーダーを選ぶポイントとは?

ポケトレで利益を上げるためには、優秀なトレーダーをしっかりと選ぶことが大前提です。

そして、それを見極めるポイントには以下の項目が挙げられます。

 

優秀なトレーダーを見つける際のポイント

・利益額

・勝率

・損失額

・フォロワー数

 

それぞれ解説していきます。

 

利益額

利益額とは、そのトレーダーが純粋にいくらの利益を出しているのかという数値です。

単純に考えて、この数値が高いに越したことはありません。

 

 

ただ、一点注意するべきなのは、

利益額が大きいからといって勝率が高かったり安定しているという保証は無いということです。

 

 

極端な例として、

計100回の取引を行い、内95回は1万円の損失だったが、残り5回の取引で200万円の利益を出したとしましょう。

この場合、最終的な利益は105万円(200万円-1万円×95)です。

 

 

しかし、勝率だけ見るとどうでしょう。

100回の内5回しか勝っていませんので、勝率5%となります。

最終的に利益が出ているとは言えど、5%はさすがに不安ですよね。

 

 

ただ、長期的に利益を狙っていくということであれば、期待値的にもこの利益額は重視すべき項目なので、数値の高いものを積極的に選んでいきましょう。

 

勝率

勝率は高いに越したことはありません。

しかし、ここにも罠があります。

 

 

それは、いくら高勝率で利益を上げ続けていても、一撃で大きな損失を出すとトータルでマイナスになる可能性があるということです。

 

 

高勝率は、ナンピンやマーチンゲールといった投資手法を用いることで比較的簡単に実現できるのですが、どうしても一撃の大きな損失に耐えられず破綻するケースが多いです。

 

 

勝率でトレーダーをフォローする場合は、その人がしっかりとリスクヘッジ(損切りポイントなど)を行っているかどうかに着目しましょう。

 

損失額

資金を増やしたいというよりも資金を守ることを重視したいと考えている方は、損失額からトレーダーを選ぶと良いでしょう。

損失額が少ないトレーダーは、常にリスクを意識して注文・決済&損切りを行っている傾向にあります。

 

 

つまり、負けにくく堅実ということです。

 

 

FXで長期的に利益を上げるためには、損切りなどのネガティブな部分を計画的に行うことが絶対条件です。

まずは運用を初めてみたいという初心者の方は、損失額が少なくそこそこ利益が出ているトレーダーをフォローするのがオススメです。

 

フォロワー数

フォロワー数が多いということは、何かしらの理由で人気があるということです。

例えば、利益額と勝率のバランスが取れていたり、長いスパンで利益を上げ続けている...などです。

 

 

しかし、これだけを見てフォローするというのはあまりにもリスキーです。

もちろん一つの大事なバロメーターではありますが、いわゆるミーハーな方々が集まって高い数字になっているだけの可能性もあるので、同時に利益額や勝率などの項目もチェックするようにしましょう。

 

 

フォローを分散させることも重要

分散は投資において基本的なリスク管理方法で、資金が一気に無くなることを防げます。

 

 

例えば、利益額が高いトレーダーを3人をフォローしていた場合、

 

Aさん:+10,000円

Bさん:-5,000円

Cさん:+2,000円

 

という日もあれば、

 

Aさん:+25,000円

Bさん:+30,000円

Cさん:-40,000円

 

という日もあります。

 

 

このようにフォロー分散しておくことで、誰かがマイナスでもトータルでプラスに持っていくことができます。

 

 

もちろん、トータルでマイナスになってしまう日も出てくるとは思いますが、一週間・一ヶ月というスパンで見ると収支は間違いなく安定します。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

ポケトレは怪しい点が多すぎますし、実際の口コミにも悪い評価が目立ちます。

そして、一番懸念されるのは旧サービスであるインスタントレードの不祥事です。

 

 

正直、僕個人としてはポケトレは一切オススメできません。

どうしてもお金を運用したいということであれば、しっかりとしたライセンスを持っている透明性の高いFX業者の自動売買を利用する方が絶対に良いです。

 

 

仮にそこが大した実績を出していなかったとしても、本当に大事なのは実際の取引データを包み隠さず公開しているかどうかです。

そこさえ徹底されていれば、ユーザーとしてはどうとでも立ち回ることができると思いませんか?

 

 

皆さんが健全な投資ライフを送れることを願っています。