こんにちは!

シェリーです。

 

 

今回は、

MT4の自動売買は儲からないのか?詐欺なの?と考えている人の「なぜ」を解決しようと思い記事にしました。

 

 

自動売買をやっても儲からない、そんな感情を抱く人は少なくありません。

実際に自動売買を動かしても儲からないという事実を突きつけられれば、そう思うのも自然と言えるでしょう。

 

しかし、

実はそもそもの自動売買の運用を誤っているという可能性があります。

 

 

今回、自動売買を使っても儲からない人は何が原因で、どういった選択を行い、そしてどういったような間違った運用方法を行っているのかと言ったことを紹介し、まとめました。

 

 

これを読めばきっと、ご自身の運用方法の誤りに気付き、修正することができるのではないでしょうか。

 

それでは儲からない人に共通する自動売買の考え方から紹介していきましょう。

 

この記事の目次

MT4自動売買を使っても儲からない人に共通する6つの考え方とは?

MT4の自動売買を使って儲からない人には6つの共通する考え方があります。

それは以下の6つです。

 

 

・100%儲かる商品が存在する

・含み損は発生しない

・放置しても儲け続けられる

・知識ゼロでも問題ない

・FXの自動売買は短期間で爆発的に儲かる

・証拠金は少なくてもいい

 

 

これらは、端的に言えば楽観的、あるいは自動売買の仕組み自体を知らないために起こる考えです。

この考えについてどんなものかを紹介し、まとめました。

 

100%儲かる商品が存在するという考え

自動売買は、機械的に儲かるタイミングで決済していくから100%儲かると考えている方が少なくありません。

 

しかし、機械だからこそ負けるタイミングというものも存在するのです。

 

自動売買などのサービスを提供する側もユーザー獲得のためにあたかも絶対に儲かるようなグラフを提示したリ、動画で儲かる仕組みを説明し信じ込ませようとします。

 

それにつられて100%儲かると思い勘違いをしてしまうことから儲からない人の仲間入りをしてしまうのです。

 

どんなに優秀な自動売買であっても100%儲かるということはあり得ませんし、一時的にそうだったとしても市場の局面が変われば、勝率0%の商品になることも少なくありません。

 

 

そういった前提を知っておくことが大切です。

 

含み損は発生しないだろうという考え

MT4の自動売買は含み損が必ず発生します。

 

なぜなら、決済されない注文はすべて含み損になるからです。

 

高く売って資産価値を挙げていくというのが自動売買や裁量取引全ての利益の上げ方になります。

 

しかし、この高く売るタイミングが来るまでは、資産価値が現在のレートよりも低い状態、つまり含み損になっているのです。

このように含み損が常に付きまとっているのに、発生しないという誤解を生んでいることがすでに損をしています。

 

完全に放置しても儲け続けられるという考え

自動売買といえども完全に放置したら、ロスカットで大変なダメージを受けます。

 

儲け続けられるという考えは、完全な誤解です。

 

自動売買は時にどんな状況でも一定の動きをしていきます。

これは言い換えれば、相場が急変した時もその動きを続けることを意味するのです。

この相場の急変に多くの自動売買は対応できず、含み損が膨らんでロスカットを引き起こします。

そうなると、証拠金は全て没収され、超過した分は追加証拠金という形で請求されるのです。

 

 

こういった局面を察知し、手動で休止したり、損切りを行うことが重要と言えます。

完全に放置したら、むしろ損をし続けるのです。

 

自動売買であれば知識ゼロでも問題ないという考え

僕は自動売買こそ知識が必要と考えます。

 

なぜなら、自動売買で利益を挙げる仕組みを理解しないと、訳も分からずFXの運用をすることになるからです。

 

多くの自動売買では、初心者でも、あるいは知識がなくてもできるというPRを行っています。

実際に知識がなくとも自動売買は可能です。

 

しかし、儲かるかどうかの話は別になります。

 

 

どうやって利益を出すかということが分からなければ、どうなったら損が出るのかということも分からないからです。

この損が出る仕組みを知らないと、損を最小限にして止める方法や最大の利益(最後は利益分から含み損を差し引いた実質的な利益を決済するというゴールがある)を確保する方法も分からなくなります。

 

危険な考えなので、どうやって儲ける自動売買なのかをきちんと知ることが重要です。

 

短期間で爆発的に儲けようという考え

FXの自動売買は短期間で儲けることができません。

 

なぜなら、多くの自動売買はスキャルピングという短時間で少ない利益を稼いでいく仕組みのものがほとんどだからです。

そしてそういったスキャルピングの自動売買は、トレンド相場に対応出来ないものが多いため、大体半年も勝ち続けられないことがほとんどです。

 

その上、仕組み上最初に含み損を抱えた状態で決済を行って利益を積んでいくという形から、マイナスのスタートを切って進むというスタイルなので、短期的な儲けは困難です。

 

この短期間で爆発的に儲けようという考えは、むしろ自動売買を行う上で最初に捨てるべき考えと言えます。

 

 

勝てるから証拠金は少なくてもいいという考え

自動売買は常に含み損を抱えているので、証拠金は余裕をもって用意すべきです。

 

少ない証拠金では、寝ている間にロスカットが起こっているということも少なくありません。

自動売買の決済を行う条件から外れたら、場合によってはひたすら含み損が積み上がっていくためそれに耐えるだけの証拠金を用意しておく必要があります。

 

 

そういった意味で少ない証拠金で自動売買を行うのは非常に危険ですし、儲かりません。

 

MT4自動売買を使っても儲からない人に共通する6つの自動売買の選択方法とは?

ここまでの考え方は、実際に自動売買を運用されたことのある方、そして多くの自動売買で損をしている方はすでに知っていることではないでしょうか。

 

次は本題とも言える、自動売買の選び方で儲からない人が行いがちな選択方法についても紹介していきましょう。

それは以下の6つです。

 

 

・MT4の基本的な知識がない

・複数の商品を比較、検討しない

・バックテスト結果を短期間で終わらせる

・詐欺商品を選ぶ

・自動売買には様々な種類があることを理解していない

・自分のトレードスタイルに合っていない

 

 

これらは、意外と陥りがちな選択方法です。

この6つについて紹介していきましょう。

 

MT4の基本的な知識がない状態で選択

MT4 (メタトレーダー4)は多くの方が利用している自動売買取引ツール(プラットフォーム)です。

みんなが使っているから、あるいは人気があるからという理由で選ぶと実は儲からないことも少なくありません。

 

なぜなら、MT4は自由度が高く、カスタマイズも自在にできることが魅力であり、儲からない人はこのカスタマイズを知らずにデフォルトの設定だけで何とかしようとしてしまいがちです。

 

 

FXで利益を出している方は、独自のカスタマイズを行ったり、自動売買の動作に最適な設定にしてあることも少なくありません。

 

そういったカスタマイズをすることが重要なMT4を、何も知らずに手を出してしまうというのはとても危険なのです。

つまり、自動売買を組みこむ取引ツールのMT4とはどんなものなのかをあらかじめ知っておくことで適切な自動売買を知ることができるようになるとも言えます。

 

複数の商品を比較、検討せずに選択

自動売買は非常に多くの種類があります。

 

しかし、単純に利益のランキングで上位にあるという理由だけでそれを選び、何の検証もなしに運用してしまう方も少なくありません。

 

これはとても危険なことです。

自動売買は種類が多い分、様々なものがあります。

 

例えば、ある局面では非常に利益を叩き出し、爆発的に儲けることができるものの局面が変われば途端に儲けが出せなくなる、あるいは巨額の損失を出すというものです。

 

これはとても深刻な問題であり、そういったことを知らずにランキングだけで単独の自動売買を選ぶのは危険と言えます。

逆に複数の自動売買を比較すれば、それぞれの弱点を知ることもできますし、有利なものは何なのかを知ることができるとも言えます。

 

バックテスト結果を短期間のみの検証で終える

バックテストとは、過去のレートで自動売買を動かしてみてどういった特徴があるのかを知るというものです。

これが不十分だと、その自動売買の特徴を知ることができません。

 

しかし、多くの場合面倒だからという理由でバックテストを行わない、あるいは短期間のレートだけで終わらせてしまうということが少なくないのです。

 

今回のコロナウィルスのショックやリーマンショックなど様々な局面を検証して、自分の証拠金がそれに耐えられるかと言った検証も重要と言えます。

 

 

そういった意味でバックテストを十分に行い自動売買の特徴を検証する必要がありますし、

余裕があればフォワードテスト(現在進行形で自動売買を稼働させる)で最終チェックを入れるという方法も必須です。

 

こういった検証を十分に行ったうえで、自動売買を選択するのをおすすめします。

 

詐欺商品と分からずに選択

自動売買は無数に種類があることは先ほどもお話ししました。

実際に多くの種類がありますが、中には詐欺商品とも言えるような自動売買もあります。

というか詐欺商品が99%を占めています。

 

自動売買の有料無料を問わず、聞いたことがないような理論やノーベル経済学賞の理論を応用など、何となくすごそうな印象だけで選んでしまうと実際は全く儲けることができません。

 

さらには、後継の自動売買と称して売り込んでくる場合もあります。

 

こういったトラブルがあるのを分からずに選んでしまううと、儲けるどころか損ばかりしてしまうのです。

 

現在、MyFxBookの公開URLを公開しており、二段階認証の認証が正確におりている自動売買では詐称が効きませんが、それ以外の全ての方法で実績公開!を称しているものは本当の実績かどうか定かではありませんし、いくらでも詐称が可能です。

 

十分に様々な観点から検証したうえで選択することをおすすめします。

 

自動売買には様々な種類があることを理解せずに選択

自動売買は種類が多い分、様々なものがあります。

 

例えば、順調な相場の時に淡々と利益を積み上げてくれるものや逆に相場が荒れている時に一気に稼いでくれるものというものもあるのです。

更にローリスクローリターンな自動売買、ハイリスクハイリターンな自動売買、加えてそれらのリスクやリターンがどんどん変化する自動売買など分類すればキリがありません。

 

そういったことを理解せずに人気やランキングだけを頼りに選んでしまうと、儲けることが難しくなる場合があります。

 

自分のトレードスタイルに合っていない自動売買を選択

自分のトレードスタイルに合っていない自動売買を選択することも儲からない選択法です。

 

自分はスイングトレード(数日から数週間で売買を決済するスタイル)で利益を狙いたいのに、自動売買では珍しい長期トレード(数か月で決済)を選んでしまったり、スキャルピングトレード(数秒や数分で決済)を選んでしまうと、思いもよらない損失を起こすことも多くあります。

 

これではいつまで経っても儲からないですね。

 

MT4自動売買を使っても儲からない人に共通する10の自動売買の運用方法とは?

MT4の自動売買で儲からない人に共通する運用方法というものも存在します。

 

これはとても多岐にわたりますが、主なものとして10の運用方法を挙げることができ、それらを以下にまとめました。

 

とても多いので、自分も当てはまるというものもあるのではないでしょうか。

それでは紹介していきましょう。

 

自動売買の種類ごとの基本的な運用方法を知らずに運用

自動売買にはそれぞれ基本的な運用方法があります。

 

例えば、リピート系の自動売買などはその運用方法によって注文を設置するタイミングや決済金額というものがある程度型になっている場合があるのですが、そういったものを知らずに運用するとなかなか利益が積み上がりません。

こういったものがほとんどの自動売買に存在するので、どんな自動売買なのかを知ったうえで基本的な運用方法を理解することが重要です。

 

マニュアルに従わずに自己流で運用

自己流で自動売買を運用するのは自殺行為です。

 

特に初心者に限ってそういった運用をしてしまいがちなのに注意しましょう。

 

確かに上級者の中には自己流で独自の運用を行う場合があります。

 

しかし、多くの場合は基本的な仕組みや運用方法を熟知しているのです。

その上で自分の経験や理論などからカスタムをした運用を行っている場合が少なくありません。

 

 

とりあえず触ってみるということはとても大切なことです。

しかし、分からないあるいは自分の知識や直感だけの自己流運用では、せっかく利益を狙って作り上げた自動売買が十分に機能しません。

 

そのため自動売買を十分に機能させるという意味でもまず触ってみて、運用を本格的に始める前にデモトレードなどでマニュアル通りの運用を行ってみるというのもおすすめです。

 

長期間に渡り放置して運用

先ほども触れましたが、自動売買であっても定期的にチェックをして設定を変更するなどのメンテナンスが必要です。

この長期間に渡って放置して運用するというのはとても危険な行為と言えます。

平気で運用を行うと悲惨な結果になることも多く、長期間に渡って放置して運用するということは儲からないどころか危険です。

 

そういった意味で週末や時間があるときに自動売買の調子を確認し、状況に応じて設定変更や休止などを行う必要があります。

 

ストラテジーの変更を頻繁に実施して運用

自動売買にはストラテジーと呼ばれる売買のためのパターンがあります。

これは時に瞬間的な運用ではなく、時間に応じて徐々に利益を重ねていくものも少なくありません。

時間が経過してやっと利益が出始めた時に、ストラテジーを変更してしまったり、一時的な含み損の増大に驚いて設定を大きく変えてしまうと、稼ぎ出す前に止まってしまうのです。

 

これを繰り返すと損をするだけでいつまでたっても儲かりません。

多くのストラテジーは長期運用を前提に設計しています。

 

そのため、長期運用で結果を出す前に安易なストラテジーの変更をせず、思い切ってもう一つ別の注文を作りましょう。

 

そこで変更したいと考えているストラテジーを別で稼働させるのが良いでしょう。

また、注文を新規に作るのに抵抗があれば、デモトレードでチェックするということも重要です。

 

損切りすべきタイミングで損切りせずに運用

自動売買であっても当然負けることはあります。

むしろ負けるのが自然と考えて運用する方が良い場合も多くあるのです。

 

そういった意味で損切りすべきタイミングをしっかり把握しておくことが重要と言えます。

これを把握せずに、漫然と自動売買を運用しても損失が広がるだけです。

 

短期間の実績に合わせてロット数を増減して運用

ストラテジーの変更と並んで頻繁に変えてしまいがちなのがロット数(FX運用に投入する通貨量)の増減です。

短期間の実績をみて短絡的にそういった行為を行ってしまうと、いつまでたっても利益が出ないどころか損失が積み重なってしまいます。

 

こういったことから、長い目でロット数をコントロールして運用を行うのが重要と言えます。

すぐにどんどんロット数を変えてしまっていては、儲からないどころから、そもそも損しているのか利益が出ているのかを把握することすら難しくなってしまいます。

 

トレンド相場を見極めずに運用

トレンド相場と言うのは、どんどん通貨の価格が上がって行ったり、あるいは下がっていくような局面です。

 

この相場の状態は多くの自動売買でそこまで得意ではないことが少なくありません。

そんなトレンド相場を見極めずに運用を行うと、自動売買がどんどん含み損だけを積み重ねてしまい儲かりません。

むしろロスカットのリスクすらあります。

 

そういった意味で自分の運用している自動売買がトレンド相場を苦手としているのであれば、チャートでトレンド相場かどうかを確認することも重要です。

 

通貨ペアが極端に少なくバランスが悪い状態で運用

自動売買は通貨ペアを増やすことができます。

 

しかし、裁量取引の初心者のように単独の通貨ペアだけで運用を行っていても儲からないことが少なくありません。

 

また、複数の通貨ペアを運用していてもハイリスクハイリターンな途上国通貨、例えば南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソばかりのペアで運用するのは危険です。

こういったアンバランスな運用を行うのは避けましょう。

 

リターンの時は良いでしょうが、一転してリスクに回った時は、再起不能の損失を自動売買で築き上げてしまいます。

 

定期的な実績レビューを行わずに運用

自動売買はどんな局面でも稼ぎ出してくれる万能なものは存在しません。

あるとすれば超がつくほどローリターンの運用と言えます。

 

そんな自動売買がきちんと運用できるのか定期的な実績のレビュー(自動売買の運用能力を検証すること)を行うことが重要です。

 

しかし、それを行わずに同じストラテジーや同じ設定で運用し続けるのは危険と言えます。

 

頻繁に設定を変えたり、ストラテジーを変えるのはおすすめしませんが、全く変えないのも問題です。

そういった問題を回避するという意味でも実績レビューを行い、定期的に見直しを行っていきましょう。

 

大きなドローダウンに直面しても自動売買任せにして運用

ドローダウンとは、一時的に損失額が膨らみ上がる状態です。

 

大きなドローダウンは資産から大きな損失が出るという場面のことを意味します。

こういったピンチとも言える局面においても自動売買に任せっきりにしてしまうと大きなダメージを受けることも少なくありません。

 

こういった状況の場合は手動で休止、または決済を行い回避することが重要です。

 

MT4自動売買を使っても儲からない人に共通する5つの自動売買に対するマインドセットとは?

最後に紹介するのは、MT4の自動売買で儲からない人に共通するマインドセットです。

 

マインドセットとは、簡単に言えば考え方のクセのことを意味します。

 

FX取引において、自動売買であっても設定変更や休止、決済のタイミングなどで自分自身のマインドセットの持ち方が重要になるのです。

そんな儲からない人に共通する5つのマインドセットを紹介していきましょう。

 

他の投資に対するFX自動売買の立ち位置を理解する気がない

他の投資に対するFXの自動売買の立ち位置を理解しないというマインドセットが、自動売買で問題になることも少なくありません。

 

このマインドセットによって相場の流れが読めず、適切な自動売買を選択できなくなると言ったことも多くあります。

そういったことを回避するためには、他の投資にも注目し運用を行っていくことが重要です。

 

ブログなどを読めば、意外と多くのトレーダーがFXの自動売買を行いつつ、他の投資を行っているという事実もありますから、他の投資に対しても注目した上でFXの自動売買を行っていくというのもオススメの方法と言えます。

 

 

世界情勢や社会のトレンドを追う気がない

FXに限らず、株式や資源と言った価格において、世界情勢や社会のトレンドが強い影響を与えます。

 

これは、株式や資源の価格がそれらによって変化しFXなどの為替相場の世界にも影響を与えるということを意味しているのです。

 

そういった意味を知らずにただ目の前の通貨価格を見るというだけでは、自動売買の設定変更や休止などのタイミングを適切に行うことができません。

世界情勢や社会のトレンドを吸収するマインドセットをしっかり身につけることをおすすめします。

 

自動売買の最新情報の収集をする気がない

どんな世界にも技術の進歩や思想の革新と言った変化が日夜起こっています。

当然、自動売買の世界においても様々な理論や技術が誕生しているのです。

 

そんな最新情報を収集しないマインドセットでは、先ほどの社会のトレンドから遅れるだけでなく、徐々にその利益を失っていきます。

自動売買における最新情報の収集を行う習慣や、マインドセットを手に入れることで儲けるための力を手にすることが可能です。

 

 

今からでも遅くはありませんから、自動売買を行っている、あるいは興味があるという方は、僕のサイトの自動売買に関する記事を隈なく読んで、本質的な部分をインプットしていきましょう。

 

きっと新しい発見や、儲けるためのテクニックを手にすることができるでしょう。

 

先行者の失敗談などを把握する気がない

ネットを見ると、FXの自動売買の失敗やFX自体の失敗を赤裸々に語っているサイトが多くあります。

 

また、自信満々で自分の運用実績を披露しているサイトが急に損失を出して更新が止まっているというものもあるのです。

 

こういったものから学ぶことで、自分の運用はどのように行っていけばいいのか、自分に当てはまるものは何なのかと言ったことを知ります。

 

先行者の失敗談などを把握して、儲ける道を理解することができるのにそういったことを行わないのです。

 

これはとてももったいないことですから、失敗している人の話を聞くことで学んでいきましょう。

そうすることで自分にはない新しい自動売買に関する考え方と言うのも手に入れることができるのです。

 

自動売買ロジックを把握する気がない

自動売買には自動売買ロジックがあります。

これは自動売買のストラテジーにおける設定、スペックのことです。

 

例えば、売買を行うシグナルの基準やどういったペアで運用を行うのかと言ったものや作成した人物が誰であるのかと言ったことも含まれます。

そういったものに興味を示さず、儲かる、儲からないの噂や短期的な運用結果だけに注視してしまうと、いつまでたっても儲けることができません。

 

また、自動売買のロジックを把握していれば回避できた大きな損失も回避することができずに大きな損失を被ることすらあります。

そういった目に遭わないためにも自分が検討している、あるいは運用している自動売買のロジックをきちんと把握しましょう。

 

自分の運用しているロジックを知らずにFXの運用をするということは自分はどんな乗り物に乗って目的地を目指しているのか分からないという状態に近いのです。

 

まとめ

自動売買はFXを行う上でとても有効な手段です。

実際にブログなどを見れば、実に多くのユーザーがFXの自動売買に挑戦して、利益を上げたという報告を行っています。

 

しかしわざわざ手間をかけて自動売買を導入したのに、全く儲からないという人も少なくありません。

そんなケースに対して、今回その考え方、自動売買の選択方法、そして運用方法やマインドセットについても解説し、まとめました。

 

 

どんな方であっても該当するものが一つはあったのではないでしょうか。

 

こういった項目を一つずつクリアしていき、当たり前の自動売買運用ができるようになればFXの自動売買で効果的に稼ぐことができます。

失敗を自分自身以外にも、他の方や、先行者の方からも十分に学びつつ、より高いレベルでの自動売買運用を目指していきましょう。

 

 

また、どんなに最強と言われている自動売買であってもトレンド相場は苦手なのが共通の特徴ですが、

そんなトレンド相場への対応力と 、トレードの安定性をあわせもつ自動売買が実は存在します。

 

それは一般的にはMAMと呼ばれる自動売買システムですが、

MAMは自動売買とは違い急激なトレンド相場にも熟練したトレーダーの判断でリスク回避をして、自動売買よりも安定性が高いと考えられています。

 

 

・投資経験がなく、これからお金でお金を稼ぐ投資にチャレンジしたい

 

・余らせてる資産があるので有効活用したい

 

・細かい勉強をする時間がないので全自動で運用したい

 

過去に投資で負けたけど、またチャレンジしたい

 

裁量トレードで精神を消耗しているので運用を任せたい

 

自動売買(自動売買)よりも柔軟・優秀なシステムを探している

 

 

上記の項目の一つでも当てはまる方にはオススメのMAMがあります。

 

数多くの自動売買(自動売買)がコロナショックによる以下のトレンド相場の波を乗り越える事ができなかった中で、こちらのMAMは難なく乗り越えるどころか大幅にプラスの収益を残すことに成功しています。

 

 

また、コロナや年末のアメリカの大統領選挙によって2020年はトレンド相場が発生する可能性が高いと思われます。

そういったことを加味すると、やはり今年は自動売買よりもMAMを選択する方が賢いといえるでしょう。

 

もちろん、根拠となるデータがなければ説得力はありませんから、それらのデータも全て余すことなく揃えており、ご自身の目で判断出来るものとなっております。

 

期間限定の公開なので、

すでに終わってしまっている場合は大変申し訳御座いませんが、興味がある方はぜひご覧ください。

 

 

➡︎ MAMの詳細ページはこちら ⬅︎

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事