こんにちは!

シェリーです。

 

今回は、ボリンジャーバンドの設定期間方法をトレードスタイル別にご紹介していきます。

 

 

FXの基礎的なテクニカル分析にボリンジャーバンドがあります。

チャートで頻繁に使われるため、むしろない方に違和感を覚える方も少なくありません。

 

しかし、このボリンジャーバンドも適切な設定期間を行わないと意味がなく、時に手痛いミスを引き起こす原因にもなります。

 

 

今回、このボリンジャーバンドの設定期間について、その重要性やそもそも設定期間とは何なのかということ、そして注意点や特徴を紹介し、最後に最適な設定期間をまとめました。

 

ボリンジャーバンドは何となくわかるけど設定期間はよくわからない、そんな方は是非本記事を参考にしてください。

 

 

FXボリンジャーバンドの設定期間の重要性とは?

ボリンジャーバンドは設定期間することが重要です。

 

その理由は、一言で言えば正確な予測を立てやすいということや判断に惑わされないということが挙げられます。

 

 

ボリンジャーバンドは、分かりやすい指標です。

しかし、その設定期間によってバンドの形状が大きく異なってきます。

そのためデフォルトの設定期間をそのままに設定してしまうと、ボリンジャーバンドの予測があまりに不自然で、今後の相場予測が立てにくいということも少なくありません。

 

 

反対に最適な設定期間を行うことでその予測はとても自然で今後の相場予測が立てやすくなるのです。

 

 

こういった違いが出てくるため、当然取引の判断のしやすさも変化してきます。

比較的精度が高くなった最適な設定期間であれば、どのタイミングでアクションを起こせばいいか分かりますし、不適切な設定期間であればそのタイミングが分かりません。

 

 

仮にボリンジャーバンドのルールに従って、その不適切な設定期間でのボリンジャーバンド上で判断をすると損失を出すことも多いのです。

 

このようにボリンジャーバンドを生かすも殺すも、この設定期間一つにかかっているといっても過言ではありません。

 

 

FXボリンジャーバンドの設定期間とは?

ボリンジャーバンドの設定期間の重要性についてお話ししてきました。

しかし、そもそもボリンジャーバンドの設定期間とは一体何でしょうか。

 

一言で言えば、移動平均線(単純移動平均線=SMA)で使う計算対象の期間を設定することです。

 

そもそも移動平均線とは、「一定期間」の平均価格を日々計算して出した結果を線でつないだものになります。

この一定期間と言うところをどのように設定するか、と言うのがボリンジャーバンドの設定期間です。

 

 

そんなボリンジャーバンドの設定期間は、基本的に日数で設定します。

 

例えば、期間20日と言う設定をしたら、過去20日間の平均価格をつないだ線が表示されます。

同様に50日であれば50日の平均、逆に1日と言う極端な設定をすれば、昨日の1日のFXにおける通貨の価格相場が表示される仕組みです。

 

 

このように期間の日数を指定してSMAの形を表示させることでボリンジャーバンドの設定期間ができます。

そして、この設定から表示されたSMAを元にσ(標準偏差ライン)のボリンジャーバンドが作られるのです。

 

 

ちなみにこのボリンジャーバンドの期日設定を変えるとSMAや標準偏差ラインの形状は変化します。

 

全体的な傾向として期日を短くすると、より鋭いSMAの線グラフを描き、長くするとなだらかなものになります(また、移動平均線の期間を大きくすれば、描くライン幅も大きくなります。)。

こういったグラフとして雰囲気も変わるため、設定期間は重要と言えるのではないでしょうか。

 

 

そして、ここで重要なのは、期日設定を変えることでボリンジャーバンドは容易に形を変えます。

 

例えば、σに振れることでアクションを起こすというスタンダードな戦略を取った場合、様々な変化が起きるのです。

 

 

この重要さについて次の項目でお話ししていきましょう。

 

 

FXボリンジャーバンドの設定期間を決める上で重要なこと

ボリンジャーバンドの設定期間を決める上で重要なことは、短期設定・長期設定の性格を知っているか、自分が行うFXのスタイルと設定期間がマッチしているかと言ったものが挙げられます。

 

 

そのボリンジャーバンドの設定期間ですが、どういった設定が優れていて、どういった設定が役に立たないという絶対的なものはありません。

 

なぜならば、短期の設定(例えば5日)や長期の設定(75日など)、あるいは中期(25日など)によってそれぞれメリットやデメリットがあり、特徴も異なります。

 

しかし、これらの違いを知っておくことは非常に重要です。

 

この特徴を知ることで、自分が今行っているFXの取引スタイルと設定期間がマッチしているかと言った検証ができるからです。

 

 

ボリンジャーバンドを開発したジョン・A・ボリンジャー氏は、多くの取引プラットフォームでデフォルト(初期設定)になっている20日が最適と述べているので、一見20日にしておけば、どんな取引でも問題ないと思われがちです。

 

 

しかし、設定期間によって自分の取引スタイルの向き不向きがあるため、実際は20日を軸に自分の取引と設定期間がマッチしているかと言ったことを知っておくことも重要と言えるのではないでしょうか。

 

 

FXボリンジャーバンドの設定期間の注意点とは?

ボリンジャーバンドの設定期間について、先ほどもお話しした通り設定期間によって、その特徴は変わります。

これは言い換えれば、ボリンジャーバンドの設定期間によって注意点が異なるということも意味するのではないでしょうか。

 

そんな設定期間ごとの注意点として、特に分かりやすい短期設定時の注意点、長期設定の注意点を軸に紹介し、まとめました。

 

 

短期設定の注意点

5日の設定期間と言った短期設定の注意点は、ノイズが多いと言う点が挙げられます。

このノイズと言うのは、誤ったシグナルが出やすいということです。

 

ボリンジャーバンドは、売り注文、買い注文、あるいは取引自体の休止と言ったタイミングを測るために使用します。

このタイミングを教えてくれるのがシグナルなのですが、短期設定にすると、このシグナルにノイズが多くなるのです。

 

 

例えば、売るタイミングだと思ってアクション(この場合売り注文)を起こしたのに、相場は自分の予想外に進み、ボリンジャーバンドのシグナルが誤ったもの(ダマシと言います)だったというケースです。

短期設定にすると、このダマシが発生しやすくなります。

 

 

仕組みを考えてみても5日分と言う少ない価格相場のデータから割り出したSMAで表示されていますから、当然正確性もやや劣るのです。

そのため、こういったダマシも織り込んで取引を行うという注意が必要と言えます。

 

 

長期設定の注意点

短期設定の注意点を紹介しましたが、50日あるいは75日と言ったような長期設定にも注意点はあります。

それは、直近の価格変動の反映が少ない、細かい値動きが表示されないという注意点です。

 

50日や75日と言った設定は、2か月前後の価格相場の平均相場が表示されます。

 

確かにテクニカルによっては、最近のデータを重視した平均を出すものも少なくありません。

しかし、ボリンジャーバンドで利用するSMAは、50日前の相場も昨日の相場も等しく扱って計算するので直近の価格変動の反映が少ないのです。

 

言い換えれば、あまり役に立たない古い相場のデータまで含んでいるという見方もできます。

そう考えると長期設定が今行っている取り引きで利用しにくいということもあるという点に注意です。

 

 

また、先ほども触れましたが、長期設定にするとSMAのラインがなだらかなものになっていきます。

そのため、細かい金額で取引をしている場合、情報が大まかすぎて利用できない場合があるのです。

 

こういった弱点があるため、細かい価格の値動きで利益を上げる方にとって、長期設定の利用は注意が必要と言えます。

 

 

なお、20日などの中期設定の場合は、これらの注意点が比較的緩やかなものになっています。

しかし、見方を変えると長期設定や短期設定のメリットなどが中期設定にはほとんどないという点も挙げられるのです。

 

 

こういった短期、長期の注意点に気をつけることでボリンジャーバンドの有効活用が期待できます。

 

 

FXボリンジャーバンドの各設定期間毎の特徴とは?

前の項目で短期、長期の各設定の注意点について紹介してきました。

ここでは、ややそれらの設定を踏み込んでお話ししていきます。

 

短期、中期、長期、それぞれの具体的な設定値として10程度、21程度、そして50以上の3つの項目でそれぞれの特徴を紹介していきましょう。

 

 

設定期間が10程度の場合の特徴

設定期間が10程度の場合は、短期設定と言えます。

この設定の特徴は、FXボリンジャーバンドの範囲が狭いこと、小さな値動きが反映されていることです。

 

10日程度の直近のデータ、言い換えれば新鮮なデータのみを利用したSMAなので、標準偏差ラインも非常に狭い範囲で表示されます。

そのため、シグナルとなるポイントが多く出るという特徴があります。

 

頻繁に売買を行う、アクションを起こすと言ったケースにとって、これはとても便利な特徴と言えます。もちろん小さな値動きも反映されます。

 

 

短期間のデータで作られたSMAのため、そのラインや周囲の標準偏差ラインが非常に細かく、激しいLINEを描いているのが特徴です。

 

そのため、小さな値動きの傾向についてもきちんととらえられているため、今の時間帯はどういった動きになりやすいのかと言ったことを把握しやすいという特徴があります。

 

主に、この二つの特徴を生かして取引を行うのがポイントです。

 

 

設定期間が21程度の場合の特徴

設定期間が21日程度と言うのは、ボリンジャーバンドで言う所の中期設定に相当します。

先ほどもお話しした通り、ジョン・A・ボリンジャー氏が推奨する期間に近くスタンダードな設定期間です。

 

この設定期間の特徴は、バランスの良さ、メリットデメリットが比較的少ないというものが挙げられます。

バランスの良さは、長期設定にありがちな大まかなものではなく、かといって詳細でノイズも多い短期設定でもないという比較的バランスの取れたボリンジャーバンドの表示を行ってくれる設定です。

 

 

このバランスの良さによって目安としても利用しやすいことから、創始者であるジョン・A・ボリンジャー氏も推奨していた設定と言えます。

 

また、そういった特徴からメリットやデメリットが少ない設定でもあると言え、無難と言う言葉がフィットする設定期間でもあるのです。

 

ただ、特徴もないため一気に稼ぐと言ったことやポイントを絞って集中的に注文などのアクションを起こしたい時には、やや不向きとも言えます。

 

 

 

設定期間が50以上の場合の特徴

設定期間が50以上の場合は、長期設定に分類されます。

こちらの特徴は、ノイズが発生しにくいことです。

 

データの母数が50以上などで、より精度の高いデータを表示してくれます。

そのため、タイミングもうまく合いやすく、たまに大きな注文をして利益を狙うと言ったスタイルに最適な方法でもあるのです。

 

ただ、SMAのラインがとてもなだらかなので、タイミングを見つけにくく小さな利益を重ねるようなスタイルには向いていません。

 

 

FXボリンジャーバンドのトレードスタイル別の適切な設定期間とは?

ここまでFXボリンジャーバンドの設定期間について、各設定値の特徴や注意点を紹介してきました。

 

では、自分のトレードスタイルとボリンジャーバンドの設定期間を最適に照らし合わせるには、どのような設定値が良いのか?

 

そんな疑問に対して、FXの代表的なトレードスタイルであるスキャルピングトレード、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードと言った4つのスタイルを紹介し、それぞれの最適な設定期間を紹介していきます。

 

 

スキャルピングトレード

最初に紹介するトレードスタイルは、スキャルピングトレードです

これは、数秒間あるいは数分、数時間程度の通貨の短期保有で繰り返し決済を行って行くものになります。

 

超短期でのトレードで、この設定期間は「9」前後の設定値で利用されることが多く、適切な設定期間です。

 

このトレードスタイルは短期間で少ない利益をたくさん重ねていくというものになります。

そのため、より細かく、より最近のトレンドが表示されたデータが必要です。

そういった意味でこの9前後と言う設定値は、要求されるデータがボリンジャーバンドとして表示されやすく、指標とするのに最適と言えます。

 

 

デイトレード

デイトレードはスキャルピングトレードよりは、若干長期になりますが分類上は短期トレードです。

その期間は数分から1日の保有になります。

 

そんなデイトレードは設定期間は、「9」か「10」の設定で運用されることが多く、これが最適な設定期間です。

 

こちらもスキャルピングトレードほどではありませんが、より多くの取引(エントリー)が要求されます。

そのため、小さな値動きもチャート上に反映されやすくなる短期設定のボリンジャーバンドはとても有効なのです。

 

ただ、短期設定にありがちなダマシも多いので、そう言った損失を十分に織り込んで積極的にトレードしていくスタイルが必要と言えます。

 

 

スイングトレード

スイングトレードは、数日~数週間通貨を保有し、様子を見て決済を行うというスタイルです。

 

こちらの設定値は、「20」、「21」、「25」が多く利用されており、これが最適な設定値と言えます。

 

これまで紹介してきたものよりも長期の取引になるため、エントリーのタイミングを見極めるという意味でも、1ヶ月近い期間であるこれらの設定値が理想です。

 

エントリー回数がそこまで多くないので、ダマシが起こるとダメージもそれなりにあります。

そういった意味で、ダマシが比較的少なく、最近の相場も反映されやすいこの設定値でボリンジャーバンドを利用するというのがおすすめです。

 

また、このスパンでのトレードを行う場合、この指標を利用して休止や取引の手じまいと言ったことを行う場合もあります。

 

 

ポジジョントレード

ポジショントレードは、数週間~数年という長期にわたって通貨を保有し、一気に決済を行ってまとまった利益を狙うものです。

のポジショントレード時の設定値としては長期設定である「50」や「75」が最適な設定値と言えます。

 

長期取引を行うため、まとまったデータでより精度の高いボリンジャーバンドを表示させる必要があり、まとまった利益を一気に出すために直近の細かな価格だけでなく長期的な価格を反映した設定値が要求されるのです。

 

そういった意味で、かなり長いスパンを反映させた長期設定のFXボリンジャーバンドが必要になります。

 

一度失敗すると大きな損失を抱えてしまうスタイルなのでダマシを極力減らすという意味で長期設定をして、精度を高めるということは必須なのです。

 

 

FXボリンジャーバンドを用いてトレードする際の注意点とは?

ボリンジャーバンドはテクニカル分析の中で分かりやすく、初心者でも導入しやすい身近な指標です。

そんなボリンジャーバンドですが、これを用いてトレードする際に注意点をしっかり知っておく必要があります。

 

この注意点とは、単体利用ではシグナルが明確でない場合がある、エクスパンションが発生するとダマシが多い、頼り過ぎないと言ったものです。

 

もともとボリンジャーバンドは、相場の方向性や変動幅の統計を表示しただけのものです。

そのため、実は明らかな売買指標とならない場合もあります。

 

こういった弱点も持っているので、より指標となりやすいMACD(直近の価格を重視した平均線などを表示するもの)を併用したりすると言ったことも必要です。

 

 

また、エクスパンションが発生するとダマシが多発する点にも注意しましょう。

このエクスパンションとは、ボリンジャーバンドのバンド幅が大きく広がっている状態で強い上昇/下降トレンドが続くことを示唆しています。

 

バンドが開いた状態では様々な値動きが発生する可能性もあるため、ダマシが発生しやすく、この状態でアクションを起こすとダメージを受けることも少なくありません。

そういった意味でバンドの幅にも注視する必要があります。

 

 

最後が頼り過ぎないということです。

どんな分析でもそうですが、その分析方法に頼りきりになってしまうと、相場に流されて損失を重ねていくことも珍しくありません。

そういったものを回避するために他の分析方法も早急に学び、併用を行い、ボリンジャーバンドの連用に陥らないという点に気をつけましょう。

 

 

FXボリンジャーバンドのMT4設定方法とは?

ボリンジャーバンドのMT4におけるパラメーター設定方法に関しては、こちらの記事で詳しく解説しておりますので、早速設定したいという方はこちらの記事も合わせてお読みください。

 

 

まとめ

ボリンジャーバンドには設定期間と言う項目があります。

これを操作することで自分に合ったトレードスタイルに合わせることが可能です。

 

基本は20あるいは21と言った中期設定ですが、短期取引であれば短期設定、逆に年単位の長期取引をする場合は長期設定にすることで有益な取引が可能になります。

 

ただ、頼り過ぎると思いもよらない損失を被ることがあるため、他のテクニカルとも併用して、より精度を上げることがおすすめです。

そういった面もありますが、テクニカル分析としてとてもシンプルで分かりやすく、そして何より利用しやすいため、テクニカル分析に興味がある方は、一度利用をしてみることを強くオススメします^^

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事