【シェリーLINE限定公開】21ヶ月間で+578.03%の成長率!新規MAMの驚異的実績を初公開!!

 

 

こんにちは、シェリーです!

 

 

 

大変お待たせしました。

新規MAMの公開準備が整いましたので、その緊急報告を行います!

 

 

 

結論から言うと、以前のMAMよりも全ての数字が"圧倒的"に改善されています。

 

 

 

”圧倒的”です。

 

 

 

そのため、現在他のMAMを利用されている方は、MAMの切り替えを強く推奨します。

また、MAMの使用を心待ちにしてきた方は、いよいよ手に入れる機会が巡ってきたのです。

 

 

 

トレーダー兼プログラマーのシェリーですら、こんな実績を出しているMAMは見たことがないです。

ぜひ楽しみにしていただければと思います!

 

 

21ヶ月間で成長率+578.03%の全貌をチャートと統計情報で解明!

 

まずは、21ヶ月間で成長率+578.03%を生み出した新規MAMの全体像をお届けします。

下記の画像をクリックすると、二段階認証されたMyfxbookが開きます。

 

 

 

図1.新規MAMの概要

 

 

上記画像から次の情報が読み取れます。

 

 

  1. ブローカー:FXOpen
  2. Track Record Verified:認証クリア
  3. Trading Privileges Verified:認証クリア
  4. Gain(総損益率):+578.03%
  5. Balance:$13,560.60
  6. Deposits:$2,000.00

 

 

上記のデータを元に、次の情報について深掘りします。

 

 

  • ブローカーが信用できる会社かどうか
  • Total Gain(総損益)とMonthly Gain(月次利益)
  • Growth(成長率)の推移
  • Live Accountの資産状況
  • ロングとショートの勝率情報
  • 二段階認証がクリアされているか

 

 

FXOpen Markets Limited(FXOpen)は2005年創業の老舗ブローカー

 

FXOpen Markets Limited(略してFXOpen)は2005年創業の老舗ブローカーです。

The Financial Commissionに加入しており、海外では非常に有名なブローカーです。

 

 

図2.FXOpenが加盟しているThe Financial Commision
(出典:https://financialcommission.org/participating-members-of-the-financial-commission/)

 

 

このような実績を保持しているFXOpenで取引しているので、信頼性は非常に高いです。

 

 

Total Gain(損益):+578.03%, Monthly Gain(月次利益):+9.55%

 

2020年1月~2021年10月までの21ヶ月で、Total Gain(総損益)+578.03%です。

また、平均月利益約10%となっており、最近巷で有名な積立NISA(月利2.5%程度)を遥かに上回ります。

 

 

 

さて、下の図は成長率(=Total Gain)の推移を表しています。

 

 

図3.2020年1月~2021年10月までの成長率推移

 

 

成長率とは即ち利益率を指します。

つまり、21ヶ月間で+578.03%の利回りを記録したということですね。

 

 

 

次の図は新規MAMの統計情報(Stats)です。

全運用期間のTotal Gain(総損益)、Average monthly Gain(平均月次利益)など、重要な情報が全て表示されています。

 

図4.2020年1月~2021年10月までの統計情報

 

 

上記の統計情報から下記の数値が分かります。

 

 

  1. Gain(総損益):+578.03%
  2. Monthly Gain(平均月次利益):+9.55%
  3. Balance(資産):$13560.60(約150万円)
  4. Profit(総利益):$11560.60(約130万円)
  5. Deposits(入金):$2,000(約20万円)

 

 

上記の統計情報で特筆すべきポイントがwithdrawals(出金)です。

withdrawalsが0なので、初期資本$2,000(約20万円)が複利運用されている事が分かります。

 

 

単利運用ではないということですね。

 

 

資産運用で効果的にお金を増やすコツは、無為に出金しないことです。

みんなで気をつけていきたいポイントですね。

 

 

毎月10%のGrowth(成長率)推移を紐解く

 

毎月10%のGrowth(成長率)を確認しましょう。

 

 

図5.2020年1月からの現在までの月次利益

 

 

このマガジンを執筆している2021年10月を除き、ほぼ安定して5%~20%の利益を上げ続けています。

コロナウイルスが世界中で猛威をふるい始めた2020年3月の利益率が18.71%となっており、

世界中の経済・金融を危機に陥れたコロナショックに動じず常に右肩上がりの成長を続けてきた事が分かります。

 

 

 

ちなみに、2020年5月の月次利益は次の通りです。

 

 

図6.2020年5月の月次利益

 

 

単月ですが利益率25.00%を叩き出しています。

21ヵ月間で最も利益率を出したのがコロナショックの最中だというところに、

新規MAMの対応力の高さが伺えます。

 

 

初期投資20万円が150万円まで成長!Balance(資産状況)の推移

 

2020年1月の初期投資20万円が、2021年10月時点で約150万円まで増えました。

MyfxbookのBalance(資産状況)を見れば、Live Accountの残高推移が分かります。

 

 

図7.2020年1月~2021年10月までの資産状況

 

 

ドローダウンがほとんど無いままLive Accountの残高(つまり資産)が右肩上がりに成長(増加)しています。

また複利運用のため、資産残高の増加が少しずつ指数関数的な挙動を示しています。

 

 

長期運用するほど、資産は加速度的に増えるという複利効果が出ていることが分かりますね。

 

 

Advanced Statistics(詳細統計情報)の分析結果

 

新規MAMのAdvanced Statistics(詳細統計情報)を分析します。

 

 

図8.2020年1月~2021年10月までの詳細統計情報

 

 

上記画像から次のデータが読み取れます。

 

 

  1. Trades(試行回数):412回
  2. 総獲得Pips数:+2567.2pips
  3. 平均勝利Pips数:+45.89pips
  4. 平均損失Pips数:-46.95pips
  5. ロング勝率:55%(112/202)
  6. ショート勝率:59%(124/210)
  7. Profit Factor(総利益/総損失):1.94

 

 

上記のデータから分かるとおり、21ヶ月間で試行回数412回なので、エントリー回数はかなり絞られていますね。

裏を返せば、勝てるところで勝つということです。

 

 

トレードの原理原則である『負け相場は無視、勝つべきところで勝つ』という鉄の掟を遵守している事が分かります。

 

 

Myfxbookの二段階認証を全てクリアした、圧倒的透明性の新規MAM

 

新規MAMがMyfxbookの二段階認証をクリアしているか確認しましょう。

 

 

 

 

結論から言うと、新規MAMはMyfxbookの二段階認証をクリアしています。

Myfxbookの二段階認証とは次の情報を指します。

 

 

  • Track Record Verified:取引履歴に改ざんがない
  • Trading Privileges Verified:口座保有者が本人である

 

 

新規MAMは二段階認証をクリアしており、Myfxbookデータは改ざんされていない事が分かります。

以前のMAM同様、圧倒的な透明性を保持している事が分かります。

 

 

新規MAMの全データはReal口座での実戦的な運用によるもの

 

Myfxbookのデータは大きく以下の二種類に分けられます。

 

 

  • Real口座での運用結果(実際のお金での運用)
  • Demo口座での運用結果(仮想のお金での運用)

 

 

 

 

このRealとDemoの部分に関しては、

言うまでもなくReal口座で運用したデータの方が信憑性は高いです。

 

 

なぜなら、Demo口座は仮想のお金を使うためリスクゼロで好き放題にトレードでき、

検証の意味合いが強く現実味に欠けるからです。

 

 

一方でReal口座は負ければ実際にお金が減るので、

より実戦的な金額・手法で取引されます。

 

 

新規MAMは当然ながらReal口座での運用結果を公開しているので、

『非常に実戦的、かつ優秀なデータ』を残していると言えます。

 

 

新規MAMのまとめ

 

以上のレポートより、新規MAMに関する下記の情報が判明しました。

 

 

  1. ブローカー:FXOpen(2005年設立の老舗)
  2. Myfxbook二段階認証クリア
  3. Gain(総損益):+578.03%
  4. Monthly Gain(平均月次利益):+9.55%
  5. Balance(資産):$13560.60(約150万円)
  6. Profit(総利益):$11560.60(約130万円)
  7. Deposits(入金):$2,000(約20万円)
  8. Trades(試行回数):412回
  9. 総獲得Pips数:+2567.2pips
  10. 平均勝利Pips数:+45.89pips
  11. 平均損失Pips数:-46.95pips
  12. ロング勝率:55%(112/202)
  13. ショート勝率:59%(124/210)
  14. Profit Factor(総利益/総損失):1.94

 

 

これらの数値は全て、以前のMAMを圧倒的に上回っております。

 

 

 

"圧倒的"です。

 

 

 

トレーダー兼プログラマーのシェリーから見ても、この新規MAMほど成績の良いものは他にありません。

 

 

ただ、1点問題があります。

これは新規MAM固有の問題ではなく、MAM自体の構造的問題です。

 

 

 

詳しくは次回のマガジンでお伝えしますが、海外投資ファンドや外資系投資銀行の流れから時代のトレンドが見え隠れしています。

 

 

 

世界中を席巻する新時代のトレンドに対して、MAMという仕組みは時代遅れになりつつあります。

そのため新規MAMの使用権公開を控えてきたのです。

 

 

 

しかし、一年間ある改定を施した結果新規MAMの新時代トレンド適合に成功し、新たな次元のFXトレードシステムを構築しました。

 

 

 

次回のマガジンでは、

 

 

1. 世界中を席巻する新時代のトレンド
2. MAMの抱える構造的問題
3. 新たな次元のFXトレードシステム

 

 

をお届けします。

 

 

 

次世代型FXトレードシステムの使用権に関するご案内も次回のマガジンで行います。

必ず最後まで見てくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^