この記事では、現在FX業界で注目度の高いコピートレード/ミラートレード、通称コピトレ/ミラトレのおすすめ業者とランキングを紹介します。

コピトレ/ミラトレはFX初心者から中級者まで幅広く活用できる「自動資産運用ツール」であり、優秀なコピトレ/ミラトレを見つけることができれば、それは間違いなくあなたの資産を増やす助けになります。

 

しかし、

投資を始めたばかりで右も左もわからない

コピトレ/ミラトレを試したことはあるが上手くいかなかった

という方々もいらっしゃると思います。

 

なので、今回は日本を含む世界のコピトレ/ミラトレを忖度一切なしに評価&ランキング付けし、読者の皆様に本当におすすめのサービスを紹介したいと思っています。

かくいう私自身も、ひと昔は様々な資産運用でこっぴどくやられてきた身ですので、成果の出ないコピトレ/ミラトレなんてこの世から消えて欲しいと願っているんです。

 

それでは、少々ボリューミーな内容ではありますがどうか最後までお付き合いください。

FX経験者が教える稼げる(儲かる)コピトレ/ミラトレの選び方

さて、早速コピトレ/ミラトレを紹介していく...と言いたいところですが、その前に絶対知っておかなければならないことが一つあります。

 

それは、

FX系の資産運用はあまりにも儲からないものが多い

ということです。

 

冷静に考えるとそれは当たり前で、

誰でも名前ぐらいは聞いたことがあるFXという世界規模の投資商品において、ちょっと調べて見つけたサイトにサクッと登録してすぐ勝てるようになりました...というのはあまりにも都合が良すぎると思いませんか?

本当に何年も結果を出し続けている商品なのであれば話は変わってきますが、FXは長年の研究と勉強を積み重ねたプロのトレーダーでも負けることがあるような世界なので、そんな簡単に勝てるものではないとだけ知っておいてください。

 

ただ、そうなるとじゃあコピトレ/ミラトレで稼ぐことは不可能なの?と思われてしまうかもしれませんが、全くそんなことはありません。

正しいコピトレ/ミラトレの選び方を知り、それを徹底すれば間違いなく稼げるようになります。

以下にその選び方のポイントを大きく3つに分けましたので、早速見ていきましょう。

これまでの実績(フォワードテスト)

フォワードテストとは、その商品を実際のお金で運用しどのような結果になるかを検証するテストのことです。

このフォワードテストを行った結果を「 フォワードテストデータ 」「 フォワードテスト結果 」と呼びます。

そして、フォワードテストはコピトレ/ミラトレを選ぶ際の " 最重要情報 " です。

 

その理由は、

実際のお金で、実際の為替相場で、ズルが一切できない状況で運用した結果

だからです。

 

例えば、フォワードテストの他にバックテストという検証方法がありますが、これは過去の相場で検証するもので " とあるズルできてしまう " ために、信用できるデータとはなりづらいんです。

後述の「 おすすめ人気ランキングTOP5 」にランクインしている業者では、基本的にこのフォワードテストデータ(実際に運用した結果)を見ることができるので、必ず目を通すようにしましょう。

ただ、一概にフォワードテストデータと言っても様々な項目があるので、ここでは中でも重要度の高い項目を一部紹介したいと思います。

フォワードテストデータの重要項目

  • 利益(収益)
  • 利益率(収益率)
  • 勝率
  • プロフィットファクター(PF)
  • リスクリワード(損益レシオ)
  • 最大ドローダウン

それぞれ解説していきます。

◆利益

そのままで意味で、一定期間で黒字となった金額のこと。もちろん高ければ高いほど良い(異常に高すぎる場合を除く)

◆利益率(収益率)

利益率とは、月間または年間スパンにおいて、利益が元手となる資金から何%の割合であったかを示す数値。

(例)2021年4月に100万円の資金でスタート→4月終了時点で110万円だった場合

110万円(資金+利益)/100万円(資金)=1.1(110%)

元の状態から10%増加していることになるので、利益率は10%ということになります。

利益率も高いに越したことはありませんが、あまりに高すぎるとリスクの大きい取引を行なっている可能性が出てくるので、盲信は危険です。

◆勝率

そのままの意味で、取引一回あたりの黒字確率のことを指します。

(例)100回の取引中70回が黒字だった場合

70(黒字回数)/100(取引回数)=0.7(70%)

くどいですが、これも高いに越したことはありません。

ただ、FXではポジションを決済(クローズ)するまで勝敗の判定が行われないので、黒字になるまで永遠に放置し続けるという手法を取るケースもあります。

それだと勝率の項目が意味をなさなくなってしまうので、その場合は同じくフォワードテストデータの項目である「最大ドローダウン」を見ます。

これが「20%以上」の数値となっていた場合は、上記の手法を取っている可能性が高まるので、なるべく避けた方が賢明です。

◆PF(プロフィットファクター)

プロフィットファクターとは、いかに効率良く利益を出せているかを示す数値で、計算式は「全利益/全損失」となります。

(例)一年間の黒字取引の総額が100万円、赤字取引の総額が50万円の純利益が50万円だった場合

100万円(黒字総額)/50万円(赤字総額)=2.0(PF)

大前提として、1.0を超えている場合は収支が黒字、下回っている場合は赤字となり、これが2.0や3.0と上がるにつれて大きなマイナスを出さずに利益を積み重ねていることになるので、安定感があると判断することができます。

◆リスクリワード(損益レシオ)

リスクリワードとは、取引一回あたりの利益額と損失額の比率のことで、計算式は「平均利益額/平均損失額」となります。

(例)年間で150回の取引を行い100勝50敗、全利益が200万円全損益が50万円、総収支は150万円の黒字だった場合

  1. 200万円(全利益)/100(黒字取引)=2万円
  2. 50万円(全損失)/50(赤字取引)=1万円
  3. 2/1=2.0(リスクリワード)

要は、リスクリワードが1.0を上回るほど負けを抑えながら大きく勝てているということになります。

このリスクリワードが1.0を下回っていると、いわゆる「コツコツドカン(コツコツ利益を積み重ねた後にそれを帳消しにするほど大きく負けてしまう)」という破産パターンを辿りやすいです。

◆最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、一定期間におけるもっとも資金を減らした区間とその割合のことです。

例えば、一年間(1月〜12月)取引を行い最終的な利益が100万円なのに対し、最大ドローダウンが30%だったとしましょう。

この場合、最終的には100万円の利益となっていますが、途中で資金を30%減らす(50万円→35万円、70万円→49万円等)という危険な状況に陥っていたことを表します。

つまり、この最大ドローダウンが高いほど資金を失うリスクが高いので、とにかく危険です。

FXは資金があってこその投資であり、資金を全損することが最大の悪なので、この最大ドローダウンが15-20%を超える場合は一旦検討し直すことをおすすめします。

プラットフォーム

プラットフォームとは、要はどこのFX会社で提供されているコピトレ/ミラトレなのかということです。

例えば、日本で有名なGem Forexであれば、Gem Forex専用のシステムを用いて運用を行うことになります。

他には、Tradeviewであれば自身のMT4口座とコピトレ/ミラトレのシステムをリンクさせ、MT4内で取引が行われる形になります。

このプラットフォーム選びについては、この記事の本題である「おすすめのコピトレ/ミラトレ」そのものの部分になるので、後述のおすすめランキングを参考に選んでいくと良いでしょう。

システム利用料・手数料

大前提として、コピトレ/ミラトレは慈善事業ではありません。

ユーザーがシステムを利用し、その対価として利用料や手数料を取っています。

ただ、その金額やパーセンテージは業者によって異なってくるため、事前に必ず確認しておく必要があります。

基本的には、

  • 月額利用料として毎月一定の料金を支払うタイプ
  • その月に発生した利益の数パーセントを手数料として毎月支払うタイプ(マイナスだった場合手数料ゼロ)

この2パターンが多いです。

どちらが優れているというわけではありませんが、その金額やパーセンテージは自身の利益に直接関わってくる部分ですので、見合う数字かどうかを必ず確認するようにしましょう。

【最強決定!】コピトレ/ミラトレおすすめ人気ランキングTOP5

それではお待ちかね、最強のコピトレ/ミラトレランキングを発表します!

また、これらは全て僕が個人的に利用したことのある業者であり、経験者目線で評価していますのでご安心ください。

第1位 Tradeview(トレードビュー)

会社(業者)名 Tradeview Ltd
設立年 2004年
ライセンス国 CIMA:ケイマン諸島金融庁(登録番号:585163)
最大レバレッジ 400倍
日本語サポート 有り
対応通貨ペア(外貨) 36種類
スプレッド(USD/JPY) 平均1.0pips
おすすめ度(5段階)
メリット
  • 取引手数料が非常に安い
  • 完全なNDD方式を採用したA-Book業者
  • 35,000ドルの信託保全あり
  • VPS契約やMT4常時起動の必要なし
  • 良心的な手数料のストラテジーが揃っている(月額制もしくは成果報酬)
デメリット
  • 日本語サポートがイマイチ

Tradeviewの口コミ/評判

Tradeviewの評価

Tradeviewでは、簡単手順で初心者でも迷うことなくコピトレ/ミラトレを始めることができ、何よりも優秀なストラテジー(※1)が多く見受けられることが大きいです。

また、Tradeviewのコピトレ/ミラトレはEAではなくプロトレーダーの取引をコピーできるMAM(※2)であること、安いスプレッド、良心的な手数料(コピトレ/ミラトレの利用料金、成果報酬)など、利益を得るために必要な条件が揃っています。

結局のところ、投資を始める理由は万人共通で「 お金を稼ぐこと 」だと思いますので、サービス面よりもいかに精度の高い取引が行えるかが大事であり、Tradeviewはそれを満たしやすい業者だと考えています。

(※1) ストラテジーとは?
コピー可能なトレーダーのこと。トレーダー一人一人のことを一つの商品と見て、ストラテジーと呼ぶ。
(※2) MAMとは?
マルチアカウントマネージャー(Multi Account Manager)の略称。一つのアカウント(マスターアカウント)が行う操作を子供のアカウント(ユーザーアカウント)に反映させるシステムのこと。

第2位 Hot Forex

HotForex

会社(業者)名 HF Markets (SV) Ltd
設立年 2010年
ライセンス国 セントビンセント及びグレナディーン諸島
最大レバレッジ 400倍(コピトレ/ミラトレ口座の場合)
日本語サポート 有り
対応通貨ペア(外貨) 53種類
スプレッド(USD/JPY) 平均1.7pips
おすすめ度(5段階)
メリット
  • コピトレ/ミラトレの種類が非常に豊富
  • VPS契約やMT4常時起動の必要なし
  • HotForexのコピトレ/ミラトレはMAMなので臨機応変な取引に期待できる
デメリット
  • 日本語サポートがイマイチ
  • スプレッドが高い
  • ストラテジー(コピトレ/ミラトレの種類)を選び間違えると悲惨(ろくでもないのが混じっている)

今なら50%ウェルカムボーナス実施中!
(50ドル以上の入金で入金額実質1.5倍)

Hot Forexの口コミ/評判

Hot Forexの評価

Hot Forexでは、1位のTradeviewと同じくMAMを基本としたコピトレ/ミラトレサービスを提供しています。

しかもそのストラテジーの種類は業界随一で、800種類を超えています。

数が多ければ良いというわけではありませんが、探しがいがあるという意味では可能性のある業者です。

スプレッド(取引時の手数料)が高め、コピトレ/ミラトレの利用手数料が高め...という点では少々不利ですが、それを差し置いても認知度と実績のある業者ですので、初めて投資を始めるという方でも利用する価値があると思います。

第3位 Gem Forex

会社(業者)名 GEM GROUP NZ LIMITED
設立年 2010年
ライセンス国 ニュージーランド
最大レバレッジ 1000倍
日本語サポート 有り
対応通貨ペア(外貨) 31種類
スプレッド(USD/JPY) 平均1.2pips
おすすめ度(5段階)
メリット
  • 日本(語)への対応が手厚い(日本人スタッフ有)
  • コピトレ/ミラトレの種類が豊富
  • スプレッド(取引手数料)が小さい
デメリット
  • コピトレ/ミラトレを選び間違えると悲惨(ろくでもないのが混じっている)
  • ストラテジーの内容が基本的にEAが多いので、臨機応変な取引には期待できない

新規口座開設で20,000円キャッシュバック実施中!

Gem Forexの口コミ/評判

Gem Forexの評価

Gem Forexは、公式サイトの日本語表記や日本語サポートがかなり充実しており、日本人がトップクラスに使いやすい海外FX業者となっています。

コピトレ/ミラトレの種類も豊富で、初めて利用する時には「あれもこれも気になる」なんて状況になったりもするでしょう。

ただ、1,2位のTradeviewやHot Forexと大きく異なるのが、Gem Forexで提供されているコピトレ/ミラトレは基本的にEA(Expert Advisor)によるものだということです。

きちんとした審美眼を持って利用するストラテジーを選択しないと、一瞬で資金を溶かされて終了なんて事態にもなりかねないので、使いやすいけど慎重に使って欲しいという気持ちも込めて3位としました。

第4位 Traders Trust (TTCM)

会社(業者)名 新:TTCM TRADERS CAPITAL LIMITED (2018.10-)
旧:TTCM CAPITAL MARKETS LTD (-2018.9)
設立年 2018年10月
ライセンス国 なし
最大レバレッジ 500倍
日本語サポート 有り(ライブチャット対応可)
対応通貨ペア(外貨) 43種類
スプレッド(USD/JPY) 平均1.7pips(クラシック口座)
おすすめ度(5段階)
メリット
  • 上位口座である「プロ」「VIP」であれば取引手数料(スプレッド)が安い
  • 日本語完全対応のライブチャット機能(LINEみたいな感じでオペレーターとチャットできる)が優秀
デメリット
  • 2018年に運営会社の変更が行われてから信託保全と金融ライセンスがなくなり、資金管理面に不安が残る
  • コピトレ/ミラトレを始めるまでの手順が少々複雑
  • ストラテジーの種類が比較的少なめ

今なら100%入金ボーナスがもらえる!
(1,000ドル以上の入金で入金額実質2倍)

Traders Trust (TTCM)の口コミ/評判

Traders Trust (TTCM)の評価

Traders Trustのコピトレ/ミラトレは、他のコピトレ/ミラトレ業者に比べてストラテジーの種類が少ないです。

また、取引を始めるためには、通常のライブ口座とは別にコピトレ/ミラトレ専用の口座を開設し、資金の移動などの諸操作を行う必要があるため、少し手間がかかります。

個人的な意見としては、Traders Trustは知り合いのトレーダーの取引をコピーする際に利用されるイメージがあり、自分で新しく優秀な野良ストラテジーを発掘するのは難易度が高いように感じます。

また、2018年10月に運営会社の変更が行われ、信託保全と金融ライセンスがなくなりました。

金融ライセンスに関しては、実際にサービスを利用している分には何ら支障はありませんが、やはり海外のサービスを利用するからには少しでも社会的に認められている方が安心です。

信託保全とは、万が一の状況(業者の倒産等により顧客の資産が失われた場合)に「 最低でもこの金額は保証します 」というもので、これもあるに越したことはありません。

とは言っても、これは超超レアケースなのと、資金はこまめに出金しておくのが海外業者の鉄則なので、あまり気にしなくても良いでしょう。

色々言いましたが、全ての要素を均しても海外業者の中では日本人が使いやすい部類のため、この順位にランクインとしました。

第5位 FBS

会社(業者)名 Finance Brokerage Services
設立年 2009年
ライセンス国 IFSC/Berrys,CRFIN/Russia
最大レバレッジ 3,000倍
日本語サポート 有り
対応通貨ペア(外貨) 35種類
スプレッド(USD/JPY) 平均2.0pips(スタンダード口座)
おすすめ度(5段階)
メリット
  • 業界随一のハイレバレッジ
  • 専用アプリがあり、スマホでコピトレ/ミラトレの操作が行える
デメリット
  • コピーする取引の詳細が見れない(PAMM形式)
  • スプレッドが高い
  • 日本語サポートがイマイチ

今なら100%入金ボーナスがもらえる!
(入金額が実質2倍)

FBSの口コミ/評判

FBSの評価

FBSの注目ポイントは、何と言っても3,000倍という超ハイレバレッジです。

ただ、このハイレバレッジは諸刃の剣であり、それを生かすも殺すもコピーするトレーダーの手腕にかかっているので、慎重に利用しなければいけません。

他には、FBSはコピトレ/ミラトレを行うための専用アプリ「 FBS Copy Trade 」をリリースしており、このアプリ内でコピーするトレーダーを選んで取引を始めることになります。

スマホアプリで手軽に操作を行えることは強みですが、このFBS Copy Tradeの最大の欠点は、コピーしている取引の詳細を見ることができないPAMM(※1)の形式が採用されていることです。

MAMであろうがPAMMであろうが最終的な結果に変わりはありませんが、どのような取引を行っているかを確認することはそのコピトレ/ミラトレを継続するか否かを判断する超重要な材料となるので、絶対に確認できる方が良いです。

ただ、実績のあるトレーダーがいることも確かなのと、FBS自体が海外でかなり知名度の高い業者でもあるので、試しに利用してみるのも悪くないという意味も込めてランクインとしました。

【2021年版】コピトレ/ミラトレのおすすめ比較表

項目/順位 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
会社(業者)名 TradeviewTradeview Hot ForexHot Forex Gem ForexGem Forex Traders TrustTraders Trust FBSFBS
最大レバレッジ
400倍

400倍

1,000倍

500倍

3,000倍
日本語サポート
有り

有り

有り

有り

有り
対応通貨ペア
(外貨)

36種類

53種類

31種類

43種類

35種類
スプレッド
(USD/JPY)

平均1.0pips

平均1.7pips

平均1.2pips

平均1.7pips

平均2.0pips
おすすめ度
(5段階)
キャンペーン - 50%ウェルカムボーナス 口座開設で20,000円キャッシュバック 100%入金ボーナス 100%入金ボーナス
キャンペーン補足 (50ドル以上の入金で入金額実質1.5倍) (1,000ドル以上の入金で入金額実質2倍) (入金額が実質2倍)
 

【まとめ】コピトレ/ミラトレおすすめ人気ランキングTOP5!

世界中にコピトレ/ミラトレのサービスはごまんと存在し、その中から唯一無二を独力で探し出すのは正直かなり難しいです。

なので、とにかく情報を収拾して少しでも良いものを探し続けることが重要だと思います。

そのためには、本記事で触れたフォワードテストデータや手数料といった項目を念頭に置き、様々なコピトレ/ミラトレを見て回るのが良いでしょう。

そうすれば、おのずと良いものと悪いものの違いがわかってくると思います。

シェリーと直接やり取りできる公式ラインはコチラ

投資全般の気になるご質問等は、こちらのLINEから!

気楽にどうぞ^^

Twitterでフォローしよう!

おすすめの関連記事